ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「家庭」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「家庭」に関する情報が集まったページです。

「皆パパが大好き」「本当にありがとう」 辻希美、夫・杉浦太陽への“父の日サプライズ”が幸せいっぱい
温かすぎる家庭。(2019/6/16)

ITはみ出しコラム:
ゲームの世界も“Netflix化”していくのか
家庭の据え置きゲーム機やPC、携帯ゲーム機にスマホ……そういった区分は、世界的なストリーミングゲームサービスの台頭で大きく変わっていくかもしれません。(2019/6/16)

太陽光:
卒FIT後の自家消費をサポート、NTTスマイルが「ちくでんエコめがね」を発表
NTTスマイルエナジーが住宅太陽光発電の卒FITに向けた新サービス「ちくでんエコめがね」を発表。住宅オーナーはスマートフォンやタブレットから、太陽光の発電量、蓄電池への充放電量、売電量と家庭内電力消費量データを基に、太陽光発電の自家利用状況を確認することができる。(2019/6/13)

あなたのスマホにも発火リスク? 「水」「使用過多」などで危ないリチウムイオン電池
スマホやモバイルバッテリー、パソコン、電気自動車など、多種多様な製品に利用されるリチウムイオン電池。いまや大半の人が持ち歩いたり家庭で使ったりしている状態だが、突然発火するなど重大な事故につながりかねない例もある。使用上のNG行為や、処分方法など、今一度注意しておきたい。(2019/6/12)

「幸せな家庭を築くことも夢でした」 黒川芽以、一般男性との結婚を発表
おめでとうございます!(2019/6/3)

口下手な夫と“デレ”下手な妻 一見「冷たい」夫婦の漫画が甘酸っぱくてもだえる
家庭内でも甘酸っぱい。(2019/6/3)

エネルギー管理:
給湯器の「沸き上げシフト」で太陽光を有効活用、電力網の安定化にも貢献
四国電力が太陽光発電の有効活用や電力網の安定化に向け、家庭用給湯器を利用した電力需要調整を行う実証実験に取り組む。出力が変動する太陽光発電などの導入拡大において課題となる電力網の安定化や、太陽光発電の有効活用に役立てる狙いだ。(2019/5/29)

家庭用浄水器をIoT化でカートリッジ交換時期をお知らせ――オージス総研がクリンスイの事例を公開
オージス総研はIoTの応用事例として、三菱ケミカル・クリンスイの事例を公開した。家庭用浄水器をIoT化し、浄水器の稼働状況をIoTで監視することで、カートリッジの適切な交換時期を知らせる。(2019/5/16)

ドコモが「あんしんパック」をリニューアル 「ケータイ補償サービス」拡充も
NTTドコモが「あんしんパック」を2019年7月からリニューアルする。モバイル機器だけでなく、家庭で使っているデジタル機器のサポートパックも提供する。ケータイ補償サービスも拡充し、「エクスプレス配送」と「店頭交換」を新たに提供する。(2019/5/16)

ロボット開発ニュース:
家族を見守る家庭向けコミュニケーションロボットを共同開発
ユカイ工学は、コミュニケーションロボット「TELLBO」をハウステンボスと共同開発した。離れている家族とのコミュニケーションを容易にし、優しく見守りながら癒やしも与えられる。(2019/5/14)

小学1年生が父親から豆代を借り入れ家庭内でコーヒー店を起業 「ビジネスの仕組みを教える教育」と話題に
もともとはおこづかいを稼ぐつもりが、いつの間にか商売自体に楽しみを見つけることに。(2019/5/8)

まだまだ現役:
「赤チン」は生産終了するけれど、昭和の元気な「家庭薬」のいま
昭和の市販薬として活躍してきた「赤チン」が生産を終了する。規制や時代の流れで消えゆく市販薬もあれば、何世代にもわたって親しまれている薬もある。学校の保健室にあったあの薬から、救急箱の中に入っていたその薬まで…。「超ロングセラー家庭薬」のいまを徹底取材した。(2019/5/7)

「心根の優しい彼となら、温かい家庭を築けると思い」 徳永えり、一般男性と結婚発表
おめでとうございます!(2019/5/1)

新たな手口「DNS Changer」:
iOS端末向けに偽の構成プロファイルを用意する手口も――進化を続ける「Roaming Mantis」に警鐘
家庭用ルーターのDNS設定を変更し、それと知らぬうちにユーザーをフィッシングサイトや悪意あるサイトに誘導するサイバー攻撃キャンペーン「Roaming Mantis」は継続的に「進化」を続けている。iOSデバイス向けに偽の構成プロファイルをインストールさせる手法も登場しており、引き続き注意が必要だ。(2019/4/25)

人型ロボット「Pepper」に家庭向け新モデル 「ハイ、ペッパー」で呼び掛け、“りんな”で会話力向上
人型ロボット「Pepper」の家庭向け新モデルが発売する。(2019/4/16)

ハウステンボス、家庭用ロボット発売 変なホテル宿泊客の“不満”受けて開発
ハウステンボスが、ぬいぐるみの姿をしたコミュニケーションロボット「TELLBO」(テルボ)を5月31日に発売する。(2019/4/16)

え? 「VRゴーグル」標準装備!? アウディが自動運転の未来カー「Audi AI:ME」を世界初披露
クルマが家庭と職場に次ぐ「第3の生活の場」になる。(2019/4/15)

新技術実証制度を活用:
パナソニック、HD-PLC搭載製品の実証を開始
パナソニックは、高速電力線通信技術「HD-PLC」を家庭内機器に搭載するための実証実験を開始した。政府の新技術実証制度(レギュラトリー・サンドボックス制度)を活用して行う。(2019/4/8)

「作れなかったものが作れる」 中国企業傘下に入った東芝ライフスタイルの今
およそ4年振りに開催した家庭用エアコンの新製品発表会。中国企業傘下となった東芝ライフスタイルが現在の状況と今後の展望について語った。(2019/4/4)

子どもにおすすめのケータイとスマートフォン+覚えておきたい設定まとめ
そろそろ子どもにスマートフォンを持たせるべきか――。季節の変わり目を迎え、悩む家庭も多いはず。子どもに安心してスマートフォンを持たせるには、どうしたらよいのだろうか。(2019/4/4)

蓄電・発電機器:
太陽光の「卒FIT」で需要拡大か、家庭用蓄電池市場は1000億円規模へ
日本能率協会総合研究所が、日本国内の家庭用蓄電池市場に関する調査結果を公表。2020年度に市場規模は1000億円、2023年度には1200億円に達すると予測した。(2019/4/4)

PR:自宅をWi-Fiで塗りつぶせ! TP-Linkのメッシュルーター最上位モデル「Deco M9 Plus」
Deco M9 Plusはコンパクトで洗練されたデザイン、スマートホームハブ機能、家族の安全と生活を守るHomeCare™など、家庭での利用を強く意識した最上位モデルだ。(2019/4/1)

政官学とメディアを覆っている?:
増税「空気」を吹き飛ばせ 消費税10%で自滅の恐れ
家庭でも職場でも「空気を読めない」と俗世間は渡り難いが、国家は別だ。政策が「空気」で決まるようなら、その国は自滅しかねない。消費税増税はどうだろうか。10月に税率を10%に引き上げるべきという「空気」が政官学とメディアを覆っている。(2019/3/25)

スマートエネルギーWeek2019:
太陽光の“卒FIT”53万件をめぐる争奪戦! 電力買い取りと家庭用蓄電システムに商機
卒FIT案件の出現が目前に迫り、新たなビジネスモデルを模索する動きが加速している。10年間の買い取り期間が満了する住宅用太陽光発電設備は、今年だけでも約53万件。そこに生まれるニーズを、どう取り込んでいくのか。「スマートエネルギーWeek2019」に、各社のアプローチをみた。(2019/3/22)

契約・クレカ・家計管理をやさしく解説した家庭科教材『おとなドリル』発行 「大人も欲しい」の要望集まる
ぼくにも、学校で教えて欲しかった。(2019/3/13)

LINEの「Clova Desk」は3月19日発売で税込2万7540円 家庭のハブとなる画面付きスマートスピーカー
3月12日、LINEが画面付きスマートスピーカー「LINE Desk」を3月19日にLINE公式サイトを通じて発売すると発表、価格は税込2万7540円でホワイトとブラックの2色が用意される。(2019/3/12)

古田雄介のアキバPickUp!:
家庭の環境がボトルネック? 定格1800Wの力を持つ電源ユニットが話題に
AC入力電圧220〜240V環境下で定格1800W(ピーク1900W)出力が可能なATX電源ユニットが登場し、「国内でフル性能を引き出すのは至難」と評判になっている。他にも先週はハイエンドな新製品が目立っていた。(2019/3/12)

児童虐待とDVの関係は?:
なぜ心愛さんを救えなかったのか? 家庭問題・DVの研究者に聞いた
家族の問題やドメスティックバイオレンスの研究者からみて今回の事件の問題点は……(2019/3/11)

医療技術ニュース:
ナノワイヤで微生物を簡単に破砕、家庭でも病原性微生物の判定が可能に
名古屋大学は、微生物を簡単に破砕して、微生物の種類を特定する新技術を開発した。同技術を活用することで、今後、O-157のような菌の有無を家庭などで容易に検査できるようになり、感染症の予防につながることが期待される。(2019/3/11)

PS4のリモートプレイがiOS機器に対応 画面上のコントローラーで操作
利用にあたっては高速なネットワーク(家庭のWi-Fiなど)やPlayStation Networkのアカウントなどが必要。(2019/3/7)

家庭用ソーシャルロボット「Jibo」、「もうすぐサーバが停止します。一緒にいられて楽しかった」と突然のお別れ
2014年に華々しくデビューしたソーシャルロボット「Jibo」が、ユーザーに自らお別れを告げた。最新アップデート後、「僕のサーバがオフになったので、もう何も分からない。これまでそばに置いてくれてありがとう」と語ると複数のユーザーが報告している。(2019/3/6)

家庭に省エネレポートを送付するだけ、世界累計230億kWhの節電量に
日本オラクルはエネルギー使用量などに関するレポートを送付し、家庭の省エネを図るプロジェクトで、全世界で累計節電量約230億kWhを達成したと発表。これは、大阪府の全世帯に必要な1年分の電力に相当するという。(2019/3/4)

妹が居て温かな家庭があって胸があって可愛くて性格も良いのに、強欲な! 「かぐや様は告らせたい」8話
藤原書記の出番が減るとシリアス度が跳ね上がります。(2019/3/3)

約23万回線のホームネットワークから明らかに:
日本の家庭では多くのスマート機器が脆弱なまま放置、Avastが調査
Avastの調査によると、日本の家庭にあるスマート機器は、認証に関して世界で最も脆弱な状態にあった。また、全世界にある約1100万台のルーターの内、57%に脆弱な認証情報またはソフトウェアの脆弱性が見つかった。(2019/2/28)

“パパのためのママの気持ち翻訳”に批判続出の「おしえて!こぺ!」公開終了 グリコ「ご意見を真摯に受け止めた」
「仕事と家庭どっちが大事なの?」→「あなたは仕事ばかりなのが寂しいわ……」?(2019/2/27)

逆風の新電力も:
電力の小売り全面自由化から3年…… 切り替えに地域差
家庭で使う電気をどの会社から買うのか消費者が選べるようになった電力の小売り全面自由化が始まってから4月で丸3年。大手電力が自社の供給区域外への進出を図り、ガス会社など異業種の参入も加速し、販売競争は激化。電気料金やサービスをめぐる工夫を促した半面、新規参入した事業者の「新電力」の中には厳しい経営環境に置かれている企業も出ている。(森田晶宏)(2019/2/27)

蓄電・発電機器:
蓄電池に直流給電できる新型「エネファーム」、最大8日間の給電が可能
パナソニックが家庭用燃料電池「エネファーム」の新製品を発表。停電時に蓄電池に対して直流給電できる機能などレジリエンス機能を強化した他、小型・軽量化も図ったのが特徴だ。(2019/2/25)

シャープがモバイルロボ「RoBoHoN」の新製品発表 着座タイプも登場
家庭を見守るRoBoHoN。(2019/2/21)

SB C&S、micro:bitに家庭学習用オリジナル教材を付属したセットパッケージを発売
SB C&Sは、プログラミング学習用ボード「micro:bit」にオリジナル教材などを付属したセットパッケージ2製品を発表した。(2019/2/18)

「Flower」がPCに舞う 花びらとなって思うがままに高解像度の世界を飛び回ろう
家庭用ゲーム機やスマートフォンアプリで提供されたthatgamecompanyの「Flower」(日本名はFlowery)が、ついにPCへ移植。配信プラットフォームはSteamの他、GOG.com、Epic Games Storeだ。(2019/2/16)

“日本が知らない”海外のIT:
食材の鮮度、スマホで管理 Alexa搭載の真空保存システム「Silo」
家庭内における“食品ロス”はどうすれば減らせるか。Alexa搭載の真空保存システム「Silo」を紹介する。(2019/2/14)

制度よりも環境が重要:
約9割の女性が「結婚・出産後も働きたい」 その理由は……?
女性の87%が「結婚・出産後も働きたい」と考えていることがエン・ジャパンの調査で判明。「家庭に入る」は7%にとどまった。女性が「働き続けたい」と考える理由は……?(2019/2/13)

ビジネスインフラを狙う攻撃にどう対応するか(3):
DHCPが止まる日、頭の片隅に置きたい原因と対策
ネットワークの根幹を支える仕組みといえば、IPアドレスを配布する「DHCP」が挙がるだろう。DHCPは家庭用ルーターでも実装されており、その存在を知らないユーザーでも、DHCPを活用してインターネットを利用しているはずだ。もちろん、企業組織においてもDHCPは広く普及している。しかし、DHCPの正常な動作を妨げるような問題が生じることがある。なぜそのような問題が生じるのか、対策はあるのか、@ITの記事を引きながら解説しよう。(2019/2/6)

ハウステンボスが「変なエネ」開始 再生可能エネルギー中心 テーマパークで発電した電力も
ハウステンボスが電力ベンチャーのみんな電力と提携し、「変なエネ」ブランドで家庭向け電力販売(取り次ぎ)を開始する。テーマパーク内の太陽光発電所で発電した電力を含む再生可能エネルギーが中心になるという。(2019/1/29)

電力供給サービス:
初期費用ゼロの太陽光発電サービス、中部電力が家庭向けに提供
中部電力が「第三者所有モデル」の住宅太陽光発電プランを発表。ユーザーは設備に関する初期費用ゼロ円で住宅に太陽光発電を導入できる。(2019/1/29)

電力供給サービス:
再エネを生かす「変なエネ」、ハウステンボスが家庭向けに販売
ハウステンボスは再エネ比率が高い家庭向け電気料金プラン「変なエネ」を発表。エネルギーベンチャーのみんな電力と提携し、2019年2月から販売を開始する。(2019/1/29)

会社、家庭で集団感染しないために インフルエンザにかかった後の“正しい対応”
例年、“ブラック企業のダメ対応”が話題になりますが、厚労省が勧める対応は?(2019/1/28)

あの会社のこの商品:
ちょっとした工夫で“ホクホク”! 家庭用「焼き芋メーカー」の開発秘話
特定の料理づくりに特化した調理家電は便利な半面、汎用性に乏しく、買っても次第に使われなくなる恐れがある。しかし、工夫すれば日常使いできる汎用性を持たせることができ、ヒットにつなげることが可能だ。そのことを示したのがドウシシャの「焼き芋メーカー Bake Free」である。(2019/1/25)

ロゴ入りヘッドレスト採用:
ANA機のファーストクラスシート生地を使った「座椅子」登場 「心地良さを身近に感じて」
ANAのファーストクラスシートと同じ生地を使った座椅子が登場。フレームは家庭用に設計しており、ファーストクラスシートと座り心地とは異なるが、快適性は高いという。税込価格は2万5000円で、通販サイト「ANAショッピング A-style」でのみ展開。(2019/1/22)

レトロでおしゃれ:
消えゆく「黒電話」マーク……時代とともに変化 若者世代の大半は「実際に使ったことない」
多くの印刷物から電話番号を表す記号としてつけられてきた「黒電話」のマークが消えつつある。産経新聞でも昨年秋から黒電話マークを掲載しない方針が示された。デザインのモデルになっている受話器のついたダイヤル式の電話は家庭からすっかり姿を消したからだ。現在では個人で手軽に使えるスマートフォンが主流で、10〜20代の若者世代は「マークは知っていても、実際に黒電話を使ったことはない」という声が大半を占めた。このまま黒電話マークは消えてしまうのだろうか。(中井美樹)(2019/1/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。