ニュース
» 2017年02月01日 11時00分 UPDATE

PCいらずのCDリッピングをもっと便利に――Lightning接続に対応した初めての「CDレコ」登場

アイ・オー・データ機器は、スマートフォンでCDのリッピングが行える外付けCDドライブ「CDレコ」の新製品2機種を発表した。Lightning接続に対応したモデルが初登場。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は、スマートフォンでCDのリッピングが行える外付けCDドライブ「CDレコ」の新製品2機種を発表した。初めてLightning接続に対応した「CDRI-L24I」およびWi-Fi接続の「CDRI-W24AIW」をラインアップした。両機種とも2月下旬に発売予定で、価格はオープン。店頭ではCDRI-L24Iが1万1800円前後、CDRI-W24A1Wは1万800円前後(いずれも税別)になる見込みだ。

「CDRI-L24I」

 添付のLightningケーブルでiPhoneなどに接続し、専用アプリ「CDレコアプリ」を起動するだけで準備は完了。PCやMacを立ち上げる必要はなく、直接iPhoneなどにCDを取り込める。取り込み時のファイルフォーマットはALAC(Apple Lossless)あるいはAAC(320k〜96kbps)を選択可能。高速なドライブを採用しており、取り込みにかかる時間は60分のCDの場合で約4分間という。アルバムのジャケット画像や曲情報はgracenoteからインターネット経由で自動取得するため手間がかからない。また楽曲をCD-Rなどにバックアップする際も書き込みは約6分で終了する。

メニューはシンプル
薄型ドライブを採用

 本体サイズは約145(幅)×174(奥行き)×16(高さ)mm。重量は約300g。ACアダプターとLightningケーブルが付属する。

 一方、Wi-FiおよびUSBケーブル接続のCDRI-W24AIWは、Android/iOS端末で共用できるのがメリットだ。どちらの端末もWi-Fi(IEEE 802.11n/g/b)で接続できるほか、AndroidならUSBケーブル接続にも対応する(iOS端末は非対応)。本体サイズは約127(幅)152(奥行き)×22(高さ)mm、重量は約310g。ACアダプターとAndroid端末用のUSBケーブルが付属する。

Android/iOS端末両対応の「CDRI-W24AIW」

CD発売当時の解説記事が読める「CDブックレット」機能

 いずれのモデルもプレイリストや楽曲再生中の歌詞表示といった機能を従来機から継承しているほか、新機能として、「CDブックレット」が利用できる。CDブックレットは、アルバム発売時に「CDジャーナル」誌に掲載された解説記事や関連するニュースなどを表示するというもの。アルバムのアーティストのプロフィール/ディスコグラフィーなども参照できる。

アーティスト情報やディスコグラフィーなどを読むことができる

 このほか、自分と同年代のユーザーが聞いている曲のランキング表示も可能だ。CDレコアプリ導入時に入力する性別、年代、エリア(県単位)といった情報を元に集計する仕組みで、「同世代の異性が好きな曲も分かる」(同社)という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.