ニュース
» 2006年12月04日 19時28分 UPDATE

中国の検索エンジンBaidu、日本進出へ

「中国のGoogle」とも言われ、中国市場でトップを走るBaiduが日本市場に参入する意向だ。

[ITmedia]

 中国の大手検索エンジンBaidu.com(百度)は12月4日、2007年に日本の検索市場に参入する意向を発表した。

 Baiduは「中国のGoogle」とも言われ、中国市場で首位を走っている検索エンジン。6月の中国調査会社Analysys Internationalの調査では、同国で43.9%のシェアを握っていた。2位はYahoo! Chinaで21.1%、Googleは3位でシェア13.2%だった(6月23日の記事参照)

 同社は2005年8月にNASDAQ市場に上場、上場初日には株価が4倍に急騰した。

 「当社は非英語検索における自らの強さを証明したと確信している。日本はインターネットの浸透度が高く、中国語と日本語には類似点があるため、この市場はBaiduの次のステップとして理想的だ」とBaiduの会長兼CEO、ロビン・リー氏は発表文で述べている。

 リー氏は、同社は日本語検索技術の開発について、6カ月以上に及ぶ研究を行ったとしている。

 「日本の検索エンジンユーザーは、既存のものに代わるユーザーフレンドリーな検索エンジンを提供するBaiduの強力な日本語検索技術を高く評価するだろう」(同氏)

ah_baidu.jpgbaidu.jpg Baiduのロゴ(左)と画面(右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -