ニュース
» 2009年02月26日 07時33分 UPDATE

電源コンセントにつないで使うLinux搭載「Plug Computing」が登場

家庭用コンセントにつなぐだけで使え、消費電力も少ないホームサーバ向け小型Linux PCが発表された。

[ITmedia]

 米Marvell Technology Groupは2月24日、コンセントに直接つないで使用できる小型Linux PC「Plug Computing」構想を発表した。わずかな消費電力で、PCと同等の高性能の提供を目指す。

 Plug Computingの基本となる「SheevaPlug」開発プラットフォームは、Marvellの「Kirkwood」プロセッサ(1.2GHzのSheeva CPU内蔵)、512Mバイトのフラッシュメモリ、512MバイトのDRAMを装備。

Sheeva SheevaPlug

 Linuxカーネル2.6の複数のディストリビューションに対応する。家庭の壁に設置されている標準コンセントに直接つないで使用でき、消費電力はホームサーバとして使用されているPCの約10分の1という。

yu_sheeva2.jpg

 USB 2.0ポートでストレージなどの周辺機器に直接つなぐことができ、ギガビットイーサネット経由で家庭用ネットワークに接続すれば省電力なホームサーバとして利用できる。

 SheevaPlug開発キットは、同社サイトから99ドルで購入できる。またアプリケーションの開発に必要なソフトや詳細情報もサイトで入手可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -