ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年03月10日 07時00分 UPDATE

ソニー、「BRAVIA」用半導体プラットフォームの自社開発を検討

一部報道に対し、ソニーは「BRAVIA用半導体プラットフォームを開発したいという方向性は事実」とコメント。

[ITmedia]

 ソニーが液晶テレビ「BRAVIA」用半導体プラットフォームを自社開発するという一部報道について、同社は3月9日、「半導体事業本部として、BRAVIA向けのシステムLSIのプラットフォームを作っていきたいという方向性は事実」とコメントした。ただ商品化時期や投資額など、詳細については「コメントを控える」としている。

 同日付けの日刊工業新聞によると、同社は半導体用プラットフォームを自社開発し、設計やソフトの仕様を共通化することで、開発期間の短縮とコスト削減を図るという。現在はシステムLSIを外部調達しているが、今後は内製品を競わせる方針という。

関連キーワード

ソニー | 半導体 | BRAVIA | システムLSI


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.