ニュース
» 2009年03月12日 08時02分 UPDATE

Google、行動ターゲティング広告に参入

懸念されるユーザーのプライバシー保護については、ユーザーが自分で管理できる「Ads Preferences Manager」や、cookieを無効にするなどの方法で解決できるとしている。

[ITmedia]

 米Googleは3月11日、「ユーザーの興味に基づく」広告のβテストを、AdSenseのGoogleコンテンツネットワークとYouTubeで開始したと発表した。ユーザーが過去に訪問したWebサイトなどの情報を基に、ユーザーが関心を持つ商品やサービスの広告を掲載する、いわゆる行動ターゲティング広告になる。

 β段階のため、広告スポンサーの数を限定し、年末までその数を徐々に増やしていく計画。

 これまで同社のAdSense広告は、ユーザーが現在閲覧しているページのコンテンツに関連する商品やサービスを掲載するものだった。例えば新聞サイトのスポーツのページには、ランニングシューズの広告が掲載される。

 一方「interest-based」広告は、ユーザーが過去に訪問したサイトや閲覧したページの情報をもとに、Googleがそのユーザーが関心を持つと思われるカテゴリーを作成。そのカテゴリーに関連する商品やサービスの広告を、ユーザーが現在閲覧しているページに表示する方法だ。

 ただしこの方法ではプライバシーの侵害が懸念されることから、Googleは次のような方針および対策を明言している。

 1つは透明性で、Googleが提供する広告についてはその旨を示すラベルを添付する。ユーザーはラベルをクリックすれば、Googleがどのような方法で、どんな情報を用いて広告を表示しているか、詳細を知ることができる。

 2つ目はユーザーの選択。「Ads Preferences Manager」ツールによって、ユーザーは自分の「好み」として作成されたカテゴリーを閲覧できるだけでなく、編集でき、より自分が興味のある広告を表示させることができる。

 3つ目はユーザーの管理権。ユーザーは広告主のcookieを無効にすることで、ターゲティング広告を遮断することができる。Ads Preferences Managerからもcookieの無効化が可能。

 さらに4つ目として、プライバシー保護に関する情報ページPrivacy Centerの広告セクションを刷新し、同社の広告掲載方針について詳しく説明するとともに、ユーザーからのフィードバックを受け付けるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -