ニュース
» 2009年03月24日 19時17分 UPDATE

ビックカメラ、監理ポスト指定解除 上場を維持

東証がビックカメラの監理ポスト指定を解除。過去の決算の訂正について「その影響が重大であるとまでは認められない」として上場維持を認めた。

[ITmedia]

 東京証券取引所は3月24日、上場廃止の是非を検討してたビックカメラ(1部)の監理ポスト指定を解除したと発表した。

 同社の不動産流動化に関する会計処理をめぐり、上場廃止基準(有価証券報告書の虚偽記載)に該当する可能性があるとして、東証は1月16日に監理ポストに指定。その後同社は訂正を発表、適切な会計処理が行われていなかったことを認めた。

 東証は、訂正報告や関係者へのヒアリングを踏まえた上で、「訂正内容は重要ではあるものの、その影響が重大であるとまでは認められない」として監理ポスト指定の解除を決めた。

 ただ、適時開示体制に重大な不備があったとして、不適切な開示に至った経緯と改善について、報告書の提出を求めた。

 同社は「再発防止策を誠実に実行し、コーポレートガバナンスとコンプライアンス体制の充実、強化を図るとともに、全役職員が一丸となって皆様からの信頼回復に取組む所存です」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -