ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「上場廃止」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「上場廃止」に関する情報が集まったページです。

書店ビジネスが苦しい 債務超過の文教堂HD、私的整理を申請 上場廃止回避へ「事業再生ADR」
老舗書店チェーンも苦しんでいます。(2019/7/1)

ジョリーパスタ、ゼンショーが完全子会社化で上場廃止へ
最終売買日は7月29日。(2019/5/14)

ビットコインキャッシュ混乱 SBIが取扱停止、BSVは上場廃止が相次ぐ
1年半前にビットコインからハードフォークして生まれたビットコインキャッシュが混乱している。半年前にはさらに2種類に分裂し、存在感が低下。取り扱いを廃止する取引所も現れた。(2019/4/18)

小僧寿し株価が大幅下落 「上場廃止の猶与期間入り」で
債務超過は痛い。(2019/3/28)

小僧寿し、債務超過に転落して上場廃止の猶与期間入り
立て直せるか。(2019/3/27)

パイオニア、上場廃止 経営不振でアジア系ファンド傘下に
名門が株式市場から退場。(2019/3/26)

パイオニアが投資ファンドに身売り、上場廃止へ
パイオニアが投資ファンドのプライベート・エクイティ・アジア(BPEA)の支援を受け、子会社になると発表した。パイオニアは上場廃止となる見通し。(2018/12/7)

上場廃止へ:
化粧品「ドクターシーラボ」、ジョンソン・エンド・ジョンソンが買収
ドクターシーラボが、米Johnson&Johnsonが実施するTOBに賛同。約52%の株式を取得する予定で、上場廃止(東証1部)になる見通し。今後は顧客管理データベースなどを共有し、海外事業やネット通販を強化する。(2018/10/23)

エキサイト、上場廃止へ 新興ネット企業・XTechが買収
老舗ネット企業・エキサイトがネットベンチャーのXTechの傘下に。XTech子会社がエキサイトの全株式取得を目指し、10日から株式公開買い付け(TOB)を実施する。(2018/9/10)

キタムラの上場廃止、東証が決定 8月6日付で
東京証券取引所が、キタムラ(東証2部)を8月6日付で上場廃止する。(2018/7/3)

提携強化:
キタムラ、「TSUTAYA」のCCCが買収 上場廃止へ
キタムラは、「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が実施する株式公開買い付け(TOB)に賛同すると発表した。(2018/5/15)

米国におけるADRプログラムは今後も継続:
「上場継続する意義が薄れた」 ドコモ、NY上場廃止
NTTドコモは3月19日、同日付でニューヨーク証券取引所(NYSE)における米国預託証券(ADR)の上場廃止を通知したと発表した。4月13日には上場廃止が完了する予定。(2018/3/19)

フェイスが完全子会社化:
日本コロムビアが上場廃止 1949年上場の老舗
日本コロムビアが7月27日付で上場廃止に。音楽配信などを展開するフェイスが完全子会社化するため。(2017/7/26)

USEN上場廃止、東証が決定 8月10日付で
東京証券取引所が、USENの8月10日付での上場廃止を決定。(2017/7/11)

きょうから整理銘柄に:
タカタ、上場廃止が決定 社債は債務不履行に
東証が、東京地裁に民事再生法の適用を申請したタカタの株式を7月27日付で上場廃止にすると発表。(2017/6/26)

USEN、上場廃止へ U-NEXTと経営統合
USENが8月に上場廃止。今年3月末にU-NEXTがUSEN株に対するTOBを実施し、経営統合を目指していた。(2017/6/20)

記者から「上場廃止」「法的整理」を問われた東芝 それって何?
2016年度通期の決算短信の公表を見送った東芝。代わりに発表した決算「見通し」の説明会で、同社の綱川智社長は「上場廃止」「法的整理」の選択肢について記者から問われ、これらを否定した。そもそも「上場廃止」「法的整理」とは何なのだろうか。(2017/5/22)

監査法人の変更は「当面なし」:
東芝、また異例の「決算見通し」発表 上場廃止に現実味
東芝が2016年度の通期業績の「見通し」を発表。監査手続きは終えられておらず、正式な決算発表は延期する。概算での最終損益は9500億円に達したが、1年での黒字転換を見込む。(2017/5/15)

債務超過は2257億円:
東芝に迫る「上場廃止」 監査意見なしの決算発表
東芝が2度の延期の末、2016年4〜12月期の連結決算を発表。最終損益は5325億円、債務超過は2257億円に上った。(2017/4/12)

製造マネジメントニュース:
東芝、監査の意見なしで2度延期の第3四半期決算発表
経営危機の東芝は、既に2度延期していた2016年度第3四半期決算を、監査人が結論を出していない段階で発表した。既に同社は、東京証券取引所と名古屋証券取引所から監理銘柄(審査中)に指定され、上場廃止の可能性が示されており、3度目の延期は許されない状況だった。(2017/4/12)

メモリ事業直近利益率は23%超:
東芝、上場廃止危機もメモリ事業は好調
東芝は2017年4月11日、2017年3月期第3四半期(2016年4〜12月期)決算を発表した。(2017/4/11)

1949年上場の老舗:
日本コロムビア、上場廃止へ フェイスが完全子会社化
フェイスが連結子会社の日本コロムビアを8月1日付で完全子会社化する。(2017/3/28)

「新生東芝」うたうも……:
「二部降格は覚悟している」東芝の危機的状況
東芝が危機的状況にある。東証一部から二部への降格はほぼ確実で、上場廃止の可能性も十分にある。原発事業の巨額損失を抱え、主力のメモリ事業を手放す必要に迫られている同社は、今後どのような生き残りの道を選ぶのか。(2017/3/15)

製造マネジメントニュース:
東芝二部落ちへ、決算発表を再延期し監理銘柄に指定
経営危機の東芝は、「不適切なプレッシャーの影響範囲」の再審査が必要との判断から2016年度第3四半期の決算発表を再延期することを発表した。同時に東京証券取引所と名古屋証券取引所から監理銘柄(審査中)に指定され、上場廃止の可能性を示されている。(2017/3/15)

東芝・綱川社長「東証2部降格を覚悟」 「核となる事業」なく……どう立て直すのか
上場廃止の危険と隣り合わせの東芝。「東証2部降格は覚悟している」――半導体事業など「核となる事業」がなくなる東芝を、綱川社長はどう立て直すつもりなのか。(2017/3/14)

ソフトバンク、ARMの買収を完了 ARMは上場廃止
ソフトバンクグループは9月5日、7月に発表した約3.3兆円でのARM Holdingsの買収を完了したと発表した。ARMは6日付で上場廃止し、ソフトバンクグループの完全子会社になる。(2016/9/6)

ニフティ、富士通がTOBで再び完全子会社化へ 上場廃止 ISP事業は「抜本的施策」検討
富士通がTOBでニフティを完全子会社化へ。ISP事業は「抜本的施策」を検討する。(2016/4/28)

楽天、ケンコーコムを完全子会社化
楽天がケンコーコムの株式をTOBで取得し、完全子会社化すると発表した。ケンコーコムは上場廃止となる見込み。(2015/11/26)

安川電機、ワイ・イー・データを完全子会社化
安川電機はワイ・イー・データを株式交換で完全子会社化する。ワイ・イー・データは東証2部上場廃止となる見通し。(2015/3/17)

スカイマークが民事再生法申請、上場廃止に 運航は継続
支援を受けながら事業再生に取り組んでいく。(2015/1/29)

FAニュース:
オリックス、経営再建中の金型大手アークを株式公開買付で買収へ
地域経済活性化支援機構の保有するアークの株式を取得することで、総議決権の過半数を取得、アークを連結子会社とする。今回の公開買付は、アークの株式の上場廃止を目的とするものではなく、企業価値向上を目指すとしている。(2014/7/3)

マクロミルを米投資会社が買収 上場廃止へ
マクロミルをBain Capital系ファンドが買収。ネットリサーチ市場は競争が激化しており、非公開化で短期の業績に左右されずに投資などを進められる体制を構築する。(2013/12/11)

デザインエクスチェンジ、5月1日付けで上場廃止
素材集「具満タン」などを販売するデザインエクスチェンジがマザーズ上場廃止に。時価総額が基準を上回れなかった。(2011/3/31)

テレビ東京、TXBBなど経営統合 認定持ち株会社体制に
テレビ東京が認定持ち株会社体制に。経営統合するテレビ東京ブロードバンドはマザーズ上場廃止となる予定。(2010/3/29)

ゴンゾの上場廃止が正式決定
東証は、ゴンゾのマザーズ上場廃止を正式に決定した。上場廃止日は7月30日。(2009/6/29)

ネクステックの上場廃止が決定
製造業に特化したソリューション事業を展開するネクステックだが、債務超過を解消できず、東証マザーズ上場廃止が決まった。(2009/6/22)

ゴンゾ、マザーズ上場廃止の見通し 債務超過解消できず
GDHから社名変更したゴンゾが債務超過を解消できず、東証マザーズの上場廃止基準に抵触。6月提出予定の有報で確認後、上場廃止が決まる見通し。(2009/4/1)

旧リキッドオーディオ、上場廃止 マザーズ1号企業、2社とも姿消す
東証マザーズ上場1号企業として知られた「ニューディール」(旧リキッドオーディオ・ジャパン)が上場廃止。(2009/3/27)

ビックカメラ、監理ポスト指定解除 上場を維持
東証がビックカメラの監理ポスト指定を解除。過去の決算の訂正について「その影響が重大であるとまでは認められない」として上場維持を認めた。(2009/3/24)

ビックカメラが監理ポストに 前期21億円の最終赤字に訂正
ビックカメラが決算数値の訂正を発表。前期の最終損益は41億円の利益から21億円の損失に訂正した。東証はビックを監理ポストに割り当てた。(2009/1/16)

トランスデジタルが2回目不渡り JASDAQ上場廃止
トランスデジタルが2回目不渡りを出して事実上倒産し、JASDAQは上場廃止を決めた。(2008/9/1)

YOZAN、上場廃止 有報未提出で
JASDAQはYOZANの株式を9月1日付けで上場廃止にする。有価証券報告書が、JASDAQの上場廃止基準の期限までに提出されなかったため。(2008/8/1)

旧アスキーソリューションズ、民事再生申し立て
有価証券虚偽記載でヘラクレス上場廃止になっていた旧アスキーソリューションズが民事再生法の適用を申し立てた。(2008/7/14)

アスキーソリューションズ、上場廃止に
過去に架空売り上げを計上するなどしていたアスキーソリューションズのヘラクレス上場廃止が決まった。(2008/4/22)

SBI、イー・トレを完全子会社化 イー・トレは上場廃止
SBIホールディングスは、SBIイー・トレード証券を8月に完全子会社化する。SBIイー・トレード証券は7月末でJASDAQ上場が廃止される予定。(2008/1/15)

SCOが上場廃止に
9月の破産保護申請を受け、NASDAQはSCOの上場廃止を決定した。(2007/12/27)

三洋電機が監理ポストに 三洋、過去決算を訂正
三洋電機が6年間にわたる過去の単独決算を訂正。関係会社株式の減損に適用していた「三洋ルール」を見直した。東証は同社株式を監理ポストに割り当てた。(2007/12/25)

サイバードがMBO JASDAQ上場廃止に
サイバードホールディングスがMBOを実施し、JASDAQ上場は廃止となる見通し。「短期的な業績に左右されない先行投資が必要」と説明している。(2007/10/31)

クインランドが民事再生申し立て 負債203億円
ヘラクレス上場でWebサイト構築コンサルティングなどを手掛けていたクインランドが民事再生手続きを申し立て、経営破たんした。ヘラクレス上場廃止も決まった。(2007/10/18)

NEC、NASDAQ上場廃止へ
(2007/9/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。