ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年03月26日 09時35分 UPDATE

Microsoft、Windows 7のマルチタッチ機能を紹介

Windows TouchはシェルやサブセットではなくOSのコアに組み込んだため、スムーズなユーザー体験を提供できるとしている。

[ITmedia]

 米Microsoftは3月25日、次期OSのWindows 7に搭載するマルチタッチ機能「Windows Touch」についての説明を公式ブログに投稿した。開発チームがマルチタッチ機能を実現するために行ったWindows UIの改善および最適化、ハードウェアメーカー、アプリケーションメーカーとの協力について説明している。

 スムーズなユーザー体験を提供するために、Windows Touchはシェルやサブセットとしてではなく、OSのコアに組み込んだという。既存のアプリケーションで機能する基本ジェスチャセットを用意したほか、タスクバー、Internet Explorer 8(IE 8)、Windows Media Player、スクリーンキーボードなどを最適化した。アプリケーション開発者のためには上記のジェスチャセットを含むUI開発向けプラットフォームを提供している。

 タッチジェスチャは「Predictable + Reliable = Habits(予測可能で信頼性が高い操作は習慣になるという意味)」を念頭に開発されたという。予測可能にするために、例えば画像を回転させるには2本指でタッチして1本の指を回転させたい方向にドラッグするといった自然なUIにした。ブログにはドラッグ、右クリック、回転など基本操作のデモビデオ(Soapbox)が掲載されている。

click 右クリックは2本指でタッチして右側の指でタップ

 信頼性を高めるため、開発チームは数百人の協力者から数千のジェスチャのサンプルを集め、機能調整の参考とした。また既存のアプリケーションでもすぐにタッチ機能に対応できるよう、マウスでの操作を真似るデフォルトのハンドラーを作成した。

 またマルチタッチ互換ハードウェアを支援する目的で、ハードウェアメーカー向け「Windows Touch」ロゴプログラムを提供している。Windows Touch対応の認定を受けるには、43ものテストをクリアする必要がある。

 Windows 7はまだRCリリース前の段階ではあるが、現在販売している幾つかのマルチタッチ対応PCでWindows Touchを体験できる。ロゴプログラムでの認定はまだ受けていないが、Hewlett-Packard(HP)のTouchSmart All-in-One、TouchSmart tx2、DellのLatitude XTおよびXT2で体験できるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.