ニュース
» 2009年03月26日 17時50分 UPDATE

FEDの量産断念、技術譲渡へ ソニー系のエフ・イー・テクノロジーズ

ソニー系のエフ・イー・テクノロジーズは、FEDの量産を断念したことを明らかにした。技術を他社に譲渡し、会社は清算する方針だ。

[ITmedia]

 ソニーと投資ファンドなどが共同出資するエフ・イー・テクノロジーズは3月26日、FED(Field Emission Display:電界放出ディスプレイ)の量産を断念したことを明らかにした。技術を他社に譲渡し、会社は清算する方針だ。

 量産に必要な資金が調達できなかったため。同社は昨年、量産に向け、パイオニアのプラズマパネル工場を買収する計画だったが、資金難で断念していた。

 今後は国内外の電機メーカーや投資家などにFED技術を譲渡し、量産の可能性を探るとしている。

 FEDは、ブラウン管に近い原理で動作する表示装置で、電子放出源(エミッター)から放出した電子を蛍光体にぶつけて発光させる。薄型ながら動画視認性やフォーカス感に優れ、高画質な次世代ディスプレイとして期待されている。

 FEDの開発を進めていたソニーは2006年、FED技術を切り出し、投資ファンドと合弁でエフ・イー・テクノロジーズを設立。新会社で事業化の可否を判断した上で、買い取り・吸収や他社との合弁設立、事業売却などを検討するとしていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -