ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FED」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Field Emission Display:電界放出ディスプレイ

いまさら聞けないCBDC 日銀がPayPayの競合になる?
世界各国で急速に動き出したCBDCだが、いったいどういうものなのかが分かりにくい。デジタル通貨といっても、銀行預金はいってみればデジタルだし、クレジットカードや電子マネーもある。CBDCとは一体何なのか。(2020/11/4)

PR:サーバ障害から企業を救う”最後の砦”――IT企業の大型サーバ復旧の裏側に迫る
大切な企業データの入ったサーバが障害でアクセスできない――そんな一大事に、サーバの管理担当者はどのような行動を取るべきなのか。データ復旧において、累積で18万件超の相談を受け、最高復旧率95.2%(いずれも自社調べ)の実績を持つ「デジタルデータリカバリー」のエンジニアにサーバ復旧に関する意見を聞いてみた。(2020/3/23)

お手本選びが重要:
フェイクニュースの言語パターンを特定、MIT研究チームがAIモデルを開発
MITの研究チームはフェイクニュースを自動検出するシステムを研究。これにより、機械学習モデルが本物の記事と偽の記事の言語パターンを捉えられることが分かった。ただし、「正しい」記事の特徴をつかむ際に課題が残っているという。(2019/2/14)

仮想通貨だけじゃなかった:
18年は投資家にとって不遇の年だった…… ほとんどの資産が運用実績不振、19年はどうなる? 
2018年は投資家にとっては不遇の年だったかもしれない。米CNBCがまとめたところによると、今年はほとんどのアセットクラスがマイナス収益か足し引きゼロの年次実績となったようだ。(2018/12/27)

朝ドラコンビ最高! 広瀬すず&永野芽郁、「なつぞら」撮影現場での“なつ&鈴愛”2ショットにファン歓喜
「なつぞら」楽しみ。(2018/11/8)

各社の違いはココだ! 麻倉怜士の有機ELテレビ画質比較教室
2017年はLGエレクトロニクスに加え、ソニー、東芝、パナソニックから有機ELテレビが発売された。各製品の画質はどう違うのか。OLEDの勃興から現在に至る汗と涙の進化を見つめ続けた“OLEDエヴァンジェリスト”麻倉怜士氏がズバッと回答。(2017/8/22)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(17):
厚き量産の壁、リソースの不足で花が開かなかった技術
さまざまな技術がしのぎを削ってきたディスプレイ業界。初期は酷評されたLCD(液晶ディスプレイ)は、世界中の何千人というエンジニアが開発に関わり、不良をつぶしていったことで大きく花開いた。だがその陰で、十分なリソースをかけられず、量産化の壁を乗り越えられなかった技術も存在する。(2017/8/10)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第35回 Open vSwitchで作るDockerのネットワーク(OVSで構築する編)
Dockerでは、OpenStackなどクラウド基盤ソフトウェアでも広く採用されている「Open vSwitch」(OVS)を利用してネットワークを構築することができます。今回は、実際にOVSを利用したネットワークを構築してみましょう。(2017/2/8)

福田昭のデバイス通信(93):
「SEMICON West 2016」、Synopsysが予測する5nm世代のトランジスタ技術
Synopsysの講演では、5nm世代のトランジスタのシミュレーション評価結果が報告された。この結果からはFinFETの限界が明確に見えてくる。5nm世代に限らず、プロセスの微細化が進むと特に深刻になってくるのが、トランジスタ性能のばらつきだ。(2016/10/14)

SEMICON Japan 2014:
THK、長期メンテナンスフリーのボールリテーナ入りLMガイドなど新製品を出展
THKは、「SEMICON Japan 2014」(2014年12月3〜5日)で、長期メンテナンスフリーのボールリテーナ入りLMガイドなどの新製品や、日本初公開となるリニアモータアクチュエータロングストロークデモ機など高付加価値製品群を披露した。(2014/12/8)

教えて! 絵師さん:
独学の日本画で描く妖怪の世界――アマヤギ堂さん
妖怪や動物の妖しげな世界を描いた日本画で、独特の存在感を放つアマヤギ堂さん。お気に入りの作品は「特にないです」と話す理由は……?(2014/10/6)

いまさら聞けないDocker入門(2):
ついに1.0がリリース! Dockerのインストールと主なコマンドの使い方
1.0がリリースされたDockerは「Docker Engine」となり、「Docker」は新たなWebサービス「Docker Hub」などを加えたプラットフォームの総称となった。今回はDocker Engineのインストール方法とdocker runなど主なコマンドの使い方を紹介。(2014/6/10)

ロボット開発:
川崎重工、衛生面に優れた医薬・医療向けアーム型ロボット2機種を発売
川崎重工業は、医薬・医療向けロボット「MC004N」と「MS005N」の2機種を2013年11月1日より発売すると発表した。(2013/10/29)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
年に一度の総決算! 2011年「麻倉怜士のデジタルトップ10」(前編)
今年最後の「デジタル閻魔帳」は、2011年に麻倉怜士氏の印象に残ったモノをランキング形式でお届けする毎年恒例の「麻倉怜士のデジタルトップ10」。ハードからソフトまでワイドレンジにカバーする麻倉氏がピックアップするデジタルトピックスは?(2011/12/16)

auスマホ向けカバーのオーダーメイドサービス「デザインカバー」
ファッション通販サイト「au one Brand Garden」で、人気ブランドとコラボしたスマートフォンカバーを発売する。機種とデザインを自分で選べるオーダーメイドスタイルとなっている。(2011/11/24)

せかにゅ:
Android 3.0のリーク情報出回る――タブレットにも適したOSに?
Android 3.0は第4四半期にリリースされるとうわさされている。最小ハードウェア要件やサポートするディスプレイ解像度が高くなるなど、タブレットに採用される可能性も高まりそうだ。(2010/7/1)

-コデラ的-Slow-Life-:
軽快な撮影が楽しめる「Minolta-35」
革を張り替え、新品同様となった「Minolta-35」に、FEDの52ミリ/F2.8レンズを装着して、さっそく撮影してみよう。手に馴染むサイズのMinolta-35は、いい相棒になりそうである。(2010/6/29)

-コデラ的-Slow-Life-:
予想外に難航した「Minolta-35」の革の張り替え
Minolta-35の革の張り替えは、一筋縄ではいかなった。長い年月の末に完全に乾燥しきっており、まるでパリパリに乾燥した海苔のように粉々に割れていく。(2010/6/18)

-コデラ的-Slow-Life-:
日本が誇る? ライカコピー「Minolta-35」
Minolta-35は、Lマウントのレンズが使えるライカコピーである。正面にMODEL IIの刻印があることから、おそらくII型だと思われる。1953年から1957年ぐらいまでに作られた、古いカメラである。(2010/6/9)

-コデラ的-Slow-Life-:
予想外に手堅い描写、FED F3.5/50ミリ
旧ソ連製のカメラZORKI-4にFED F3.5/50ミリをつけて撮影してみると、そのシャープな描写力に驚いた。(2010/1/25)

-コデラ的-Slow-Life-:
旧ソ連製カメラの掘り出しもの、ZORKI-4&FED F3.5/50ミリ
ドイツカメラの正当な継承者ではあるものの、設計技術が伝わらなかったことなどから、当たり外れが大きくなっている旧ソ連製カメラ。筆者が3年以上前に手に入れたZORKI-4は当たりの部類だった。(2009/12/24)

TDK、有機EL事業で双葉電子と資本・業務提携
TDKと双葉電子工業は有機ELディスプレイ事業で資本・業務提携する。携帯機器向け有機ELを手がけるTDKと蛍光表示管大手の双葉電子で、自動車や民生などに幅広く利用できる新ディスプレイを共同開発する。(2009/8/5)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
ソニーはきらめきを失ったか
ソニーが大幅な人事組織変更を行った。ストリンガー会長兼CEOが社長職を兼務し苦境からの脱却を狙うが、麻倉氏は「圧倒的なソニー的な価値のある“もの”で訴求しない限り復活はない」と指摘する。(2009/4/21)

FEDの量産断念、技術譲渡へ ソニー系のエフ・イー・テクノロジーズ
ソニー系のエフ・イー・テクノロジーズは、FEDの量産を断念したことを明らかにした。技術を他社に譲渡し、会社は清算する方針だ。(2009/3/26)

Tech TIPS:
32bitクライアントOSで利用できる物理メモリは最大4Gbytesまで
32bitのクライアントOSでは、利用可能な最大物理メモリ・サイズは4Gbytesまでに制限されている。実際には、さらにデバイスなどのためにいくらかアドレス空間が削られるので、最大でも3Gbytesとか3.5Gbytes程度までしか利用できない。システムのプロパティには、物理メモリ・サイズではなく、OSが認識しているメモリ・サイズが表示されるので、いくらか少なくなる。(2009/3/13)

FPD International 2008:
薄型テレビは「情感に訴える画質」を目指す
フラットパネルの総合展示会「FPD International」にて行われたセッションで、テレビメーカー各社が絵づくりの考え方や手法を紹介した。共通するのは「感情へ訴える画質」だ。(2008/10/29)

自発光の極み――パナソニックの「Neo PDP」が見えてきた?
いまだ詳細が明かされていないパナソニックの新世代プラズマ「Neo PDP」。昨日行われたテレビ累計3億台突破の事業戦略説明会では、初めてNeo PDPの性能を示す数値が示された。(2008/10/8)

FEDで電光掲示板型ネットガジェット「ANOBAR」
FED(電界放出ディスプレイ)を採用し、RSSや2ch実況をティッカー表示するガジェット「ANOBAR」を、元ドワンゴ副社長のベンチャー企業が開発した。(2008/7/16)

英語で読むコラム“Global Perspectives”:
An Entrepreneurship Gap
英語のコラム“Global Perspectives”のテーマは「起業家精神のギャップ」。起業家精神が低いと指摘される日本だが、ほかの国とのギャップは埋まるのだろうか。金曜日には原文を、週明け月曜日にはその和訳文を掲載。この週末、英語を読んでみませんか?(2008/6/13)

-コデラ的-Slow-Life- :
厚い壁に阻まれた? ZENIT-Eの修理
前回はロシアカメラの話で終始したが、今回はいよいよZENIT-Eの修理に入っていく。順調に分解が進むかに見えたが、固くて外れないネジが行く手を阻み……。(2007/11/13)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
CEATECで見つけた3つの次世代トレンド
20万人以上の来場者を迎え、今年も盛り上がった国内最大級の情報通信・エレクトロニクスの総合展示会「CEATEC JAPAN」。今回の「デジタル閻魔帳」は、麻倉怜士氏にCEATECを通じて見つけた次世代のトレンドを語ってもらった。 (2007/11/12)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「FED」――ブラウン管の後継? 新しい薄型テレビ
薄型テレビも普及するに従い、画質が重視される傾向にある。今回は、有機ELに並ぶ次世代ディスプレイの一翼と目される「FED」について解説する。(2007/11/8)

FPD International 2007:
薄型テレビは“超薄型”へ
最近、にわかに注目を集めている超薄型液晶テレビ。「FPD International 2007」では、シャープが試作機の1つである「屏風」を展示して常に人垣が絶えないほどの注目を集めているが、他社も負けてはいない。(2007/10/25)

FPD International 2007:
FEDに有機EL、最新のフラットパネルをチェック
パシフィコ横浜でフラットパネルディスプレイの総合展示会「FPD International 2007」が開幕した。今年のトレンドは、液晶テレビのスリム化やLEDバックライトなど幅広いが、まずは既存の薄型テレビと少し違う方式をチェックしよう。(2007/10/24)

CEATEC JAPAN 2007:
240Hz駆動で広がる「FED」の可能性
FEDの実用化を目指すエフ・イー・テクノロジーズは、8月に発表した240Hz駆動の試作機を出展した。また映画コンテンツ向きの24p入力もデモンストレーション。高画質フラットディスプレイのさまざまな可能性を示した。(2007/10/3)

ついに登場“夢の”有機ELテレビ 「ソニー復活の象徴に」
有機ELテレビをソニーがついに製品化し、12月に20万円で発売する。厚さ3ミリのパネル部、測定限界を超えるコントラスト比、高い色再現性──などは、待望されてきた「次世代ディスプレイ」そのもの。中鉢社長は「ソニーの技術復活の象徴にしたい」と胸を張った。(2007/10/1)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
「KURO」が示すディスプレイのトレンド
パイオニア「KURO」シリーズの評価が高く、麻倉氏も注目するひとり。世代違いともいえる画質は各方面に大きな影響を与えており、分析することでディスプレイのトレンドすらも浮かび上がる。(2007/9/28)

倍速駆動にプラスα:
撮像ボケを解消する新「モーションフロー」とは?
ソニーが発表した新「BRAVIA」のうち、4シリーズ10機種に搭載されたのが撮像ぼやけを補正するという新しい「モーションフロー」だ。どのような技術なのか。発表会の会場で話を聞いた。(2007/8/30)

Defcon 15:明らかになった秘密と不満
先週、Black Hat Briefingsに続いてDefcon 15が開催された。セキュリティ業界内部からの不満の声が大きくなっているセキュリティ事情について、辛口な言葉が飛び交った。(2007/8/13)

エフ・イー・テクノロジーズ、240Hz駆動 FEDを開発
エフ・イー・テクノロジーズは次世代ディスプレイ「FED」について、従来機の4倍となる240Hz駆動を実現した。(2007/8/1)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
主要メーカー総チェック、大画面テレビの選び方
大画面テレビの“いま”を誰よりも知り尽くした麻倉氏がこの夏こそ大画面テレビを手に入れたい! という読者にアドバイス。今年前半の大画面テレビの動向と“この夏オススメ”の大画面テレビとは? (2007/6/6)

まだ手に入らない、次世代の大画面テレビ
有機ELやSEDなど「次世代」ともいえる新方式の大画面薄型テレビへの関心が高い。ただ、それらが店頭で購入できるまでにはまだ時間がかかりそうだ。(2007/5/1)

“動画解像度”に関するいくつかの懸念
薄型テレビ関係のニュースでよく聞くようになった「動画解像度」。主にプラズマテレビが「液晶テレビよりも動画に強い」とアピールするために使われるようだが、そもそも動画解像度とはどのような指標なのだろうか?(2007/4/25)

LifeStyle Weekly Access Top10:
室内という大空への再挑戦
FEDや有機EL、フルHD+倍速液晶とテレビに関する話題が豊富な一週間。けれど、個人的にはチョロQの飛行機版「Q-Sky」から目が離せない。(2007/4/16)

Display 2007:
2008年に4K×2K、アナログLCOSで日本市場を狙うGEMIDIS
有機ELやFEDといった次世代テレビに注目が集まるDisplay 2007だが、既存のパネルやデバイスも着実に進化している。リアプロやフロントプロジェクターに使用するLCOSデバイスもその1つ。GEMIDISのロードマップには、QXGAや4K2Kのイメージャーが含まれている。(2007/4/13)

Display 2007:
次期Centrino Duo搭載ノートPCで期待の液晶省電力技術とは?
有機ELやFED、新型液晶などで盛り上がる「第3回 国際フラットパネルディスプレイ展」(Display 2007)。PC関連の展示は少ないが、ノートPC用の新技術が見られた。(2007/4/12)

Display 2007:
パネルの進化、急速に──携帯も“あと数ミリ”は薄くなる
ディスプレイの大型化/高解像度化とともに、“薄型/小型”も望まれる昨今の携帯。フラットパネルディスプレイの総合展示会「Display 2007」で、携帯を“あと数ミリ薄く”できる技術などが展示されている。(2007/4/11)

Display 2007:
マスターモニターを超えるFEDの“ブラウン管画質”
ソニーなどの有機ELディスプレイと並び、次世代の薄型テレビとして期待を集めるエフ・イー・テクノロジーズのFED。同社ブースには、その「ブラウン管画質」を一目見ようと多くの人が詰めかけた。(2007/4/11)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
CESで分かった2007年のデジタルトレンド
「International CES」は世界最大規模の家電展示会だけあって、さまざま新製品や技術、トレンドが集合する。今回の「デジタル閻魔帳」では、麻倉怜士氏に今回のCESからうかがえる、デジタルの最新トレンドを語ってもらった。(2007/1/26)

LifeStyle Weekly Access Top10:
“第3の薄型テレビ”はSED? 有機EL? それとも……
先週は「2007 International CES」関連の記事が多くランクイン。パイオニアのプラズマテレビ、ソニーの有機ELなど、薄型テレビ関連の記事がとくに注目を集めた。(2007/1/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。