ニュース
» 2009年04月02日 17時17分 UPDATE

警視庁、ミクシィなどに“出会い”書き込み削除要請

携帯電話向けSNSに、出会い系サイトと同様の書き込みがあるとして、警視庁がミクシィやDeNAなどSNS運営6社に対して削除要請をしていたことが分かった。

[ITmedia]
画像 出会いコミュニティ大量削除が行われた直後の3月19日、「出会い」でコミュニティ検索した結果。削除されたとみられる、ユーザー数「0」のコミュティが大量にヒットしていた

 携帯電話向けSNSに、出会い系サイトと同様の書き込みがあるとして、警視庁がミクシィやディー・エヌ・エー(DeNA)、グリーなどSNS運営6社に対して、2〜3月にかけて削除要請をしていたことが分かった。

 ミクシィは3月、SNS「mixi」で、ユーザーが交流する「コミュニティ」のうち、異性との出会いを目的にしたものを一斉に削除した。同社広報担当者は「利用規約に違反する書き込みの削除の一環。警察とは常に意見交換しているが、それが削除の直接の原因ではない」と説明している(mixi“出会い”コミュ一斉削除 「健全化」の一環)。

 「モバゲータウン」を運営するDeNAは、「問題のある書き込みは常に監視・削除している。警察とも情報交換しているが、個別の案件については答えられない」、GREEを運営するグリーも、「個別の案件についてはお答えできない」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -