ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「削除依頼」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「削除依頼」に関する情報が集まったページです。

FC東京のイベントに出演予定のYouTuberがセクハラ動画を投稿 出演取り消しに
出演予定だったYouTuberがFC東京のユニフォームを着て女性の胸を触る動画を投稿していたとして批判されていました。(2024/5/21)

野口健氏、水原一平容疑者に対する「万死に値する」発言を削除 「ギャンブル依存症問題を考える会」からも抗議
「ギャンブル依存症問題を考える会」が削除を要請する抗議文を野口氏に送付することを明らかにしていた。(2024/4/16)

アース製薬の「モ番出口」、実はコラボではなくパロディだった 「8番出口」開発者が明らかに
洗口液「モンダミン」のWeb CM「#モ番出口」。実はコラボではなくバロディだったことが分かった。(2024/4/13)

“口コミ投稿に割引クーポン”でGoogleのポリシーに違反 お台場のテーマパーク「イマーシブ・フォート東京」が謝罪
当該クーポンの配布を中止。(2024/3/8)

「プロバイダ責任制限法」は「情プラ法」へ 誹謗中傷対応の迅速化を狙い改正案
総務省は1日、プロバイダ責任制限法の改正案が閣議決定されたと発表した。誹謗中傷などの投稿削除を申し出る窓口の設置を事業者に義務づけ、対応の迅速化を図る。(2024/3/1)

愛知県選管のX、一時乗っ取られる DAOゲームの宣伝アカウントに
愛知県選挙管理委員会はの公式Xて乗っ取られた。DAOゲーム「Treasure」の宣伝が行われていたようだ。(2024/2/7)

厚労省職員、緊急連絡先メアドを誤登録 業務メール第三者に漏えい 個人情報も
厚生労働省は、職員が緊急連絡先として登録した私用メールアドレスが誤っていたことで、関係者に一斉送信されたメールが第三者に誤送信されていたことが分かったと発表した。(2024/2/5)

Google Newsは“パクリ記事”だらけ? 生成AIも悪用 検索でも上位に、米メディアが実態指摘
他社から盗用した“パクリ記事”が、米Google Newsに大量にまぎれ込んで検索結果の上位に表示されている――。調査報道を手掛ける米メディア「404 Media」がそんな実態を告発した。(2024/1/30)

島根県が使ったドメイン、第三者が再取得で注意喚起 新型コロナやRuby関連事業など
島根県が過去に使用したドメインが、運用停止後にオークションサイトで売買されるなどして第三者に再取得されていることが分かった。(2024/1/16)

生成AI「8つの倫理的懸念」を整理【前編】
生成AIの「倫理的リスク」とは結局どういう問題? “4つの視点”で解説
生成AIの登場はビジネスに変革のチャンスをもたらすと同時に、新たなリスクをも生んだ。企業は、生成AIが引き起こし得る倫理的問題への対策を考える必要がある。懸念となるポイントを整理しよう。(2023/11/27)

「糸を引いていた」とSNSで報告のマフィン、販売店は閉業で営業再開の予定なし SNS削除後Webサイトで対応説明
保健所と警察の指導に従って対応すると説明しています。(2023/11/22)

YouTube、AI生成など合成コンテンツに開示義務づけ 個人の顔や声を模倣する合成映像の削除要請可能に
数カ月以内にアップデート予定です。(2023/11/16)

「マイナビ」で応募者の個人情報漏えい 別の企業の応募者データ取得できる状態、1年半にわたり
就職情報サイト「マイナビ」の応募者管理システム「MIWS」で、企業が応募者データのCSVをダウンロードする際に、別の企業の応募者データが取得される問題が発生していた。(2023/10/26)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(42):
あなたが失効したのは金のドメイン名ですか、銀のドメイン名ですか
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第42列車は「ドメイン名失効」です。※このマンガはフィクションです。(2023/10/25)

規制:
「口コミ高評価で値引きします」は法律違反 「ステマ規制」を弁護士が解説
10月から景品表示法にいわゆる「ステマ規制」が追加されました。今後、「口コミ高評価で値引きします」は法律違反になる可能性があります。(2023/10/24)

岡山県「過去に使ったドメインを第三者に再取得された」 管理者にリンク削除を要請
岡山県は、過去に使っていた5つのドメインが、オークションなどを通じて第三者に再取得されたと公表した。(2023/10/18)

総務省、VTuber「壱百満天原サロメ」とコラボ SNSでの中傷対策呼びかけ
総務省が、SNSにおける中傷対策を呼び掛ける動画と特設サイトを公開した。どちらもVTuberの「壱百満天原(ひゃくまんてんばら)サロメ」を起用。中傷を受けたときの具体的な対処法について案内している。(2023/9/28)

岡田麿里の作家性フルスロットル最高傑作 思春期こじらせ恋愛ダークファンタジー「アリスとテレスのまぼろし工場」レビュー
思春期こじらせ少年少女に全力投球したダークファンタジー恋愛ミステリー。(2023/9/15)

「Facebook社を責任追及します」──前澤友作さん、勝手に名前や写真使われた詐欺広告への対応遅れを批判
「Facebook社を責任追及します」──起業家の前澤友作さんは、自身の名前や写真を使った詐欺広告がFacebookやInstagramで大量に存在している件についてX(元Twitter)上で言及。Facebook Japanに説明を求めたところ、何も対応がなかったと批判している。(2023/9/4)

Meta、生成AIトレーニングからユーザーがデータ(の一部)を削除できるように
Metaは、プライバシーセンターに生成AIモデルのトレーニングデータに関する説明を追加した。また、「生成AIで使用されるサードパーティからの個人情報を削除」するためのフォームの提供を開始した。(2023/9/1)

女性運転手に「めちゃくちゃ可愛い」「乗れたらラッキー」 SNSフォロワー10万超、人気タクシー会社が「不適切投稿」謝罪
女性ドライバーの容姿を宣伝に利用しているといった批判が寄せられていました。(2023/8/28)

葛飾区で小中学生の個人情報が漏えい データが混入したシステムを別案件で流用
ネットワンシステムズは、東京都葛飾区立小中学校で個人情報の漏えいがあったとして謝罪した。葛飾区で使っていたID連携システムに個人情報が混入したことと、そのID連携システムを別の教育委員会などに流用したことが原因としている。(2023/7/25)

Innovative Tech:
スマホアプリの“ゾンビアカウント”削除してる? 7割超が保持 米中の研究者が調査
中国の南開大学と米Indiana University Bloomingtonに所属する研究者らは、使わなくなったモバイルアプリにおけるアカウント削除に関する調査を行った研究報告を発表した。(2023/7/5)

東工大、メールに個人情報1万件を添付して誤送信
東京工業大学が、学生に対し、約1万件の個人情報を添付したメールを誤送信したと発表した。(2023/6/30)

漫画海賊版サイト大手「13DL」閉鎖 発信者情報開示命令→「最後のプレゼント」と18万作品DLリンク掲載
日本人向けの海賊版マンガ作品リンク集として最大だった「13DL」が閉鎖。米国裁判所から発信者情報開示命令が出ていた。(2023/6/5)

ANYCOLORが“にじさんじ切り抜き師”専用登録フォーム開設 お知らせを優先通知
ANYCOLORが、ライバーの配信動画などを切り抜いてYouTubeなどに投稿する“切り抜き師”向けの連絡先登録フォームを開設した。登録者にはガイドラインに関するお知らせなどを優先的に通知する。(2023/5/31)

マイナビ「TECH+」で個人情報漏えいの可能性 セミナー参加者1210人分
マイナビは過去のセミナー参加者1210人分の個人情報が、およそ3年にわたり検索エンジンを介して閲覧できる状態になっていたと発表した。(2023/5/2)

TECH+が情報漏えい 過去のセミナー参加者の情報が閲覧可能状態に
IT・テクノロジー情報サイトの『TECH+』で情報漏えいが判明した。(2023/5/1)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
TikTok禁止包囲網が世界で拡大――セキュリティ脅威? それとも中国恐怖症?
世界各国で使用禁止の輪が広がりつつある「TikTok」。逆風が吹き荒れるTikTokの未来は……?(2023/4/14)

専門家に聞いた:
「法的措置をとりますよ」は禁句? 悪意ある口コミとの“正しい戦い方”
口コミサイトが普及する中、「悪意ある口コミ」に悩む事業者は多い。事業者側はどのような対応が「正解」なのか? 専門家に聞いた。(2023/3/29)

NEC、設定ミスで資料請求者の個人情報を流出 社内共有のはずが外部1900人に誤送信
NECの資料を請求した個人の情報が外部に流出する事案が発生した。人為的ミスで送信先メーリングリストの選択を誤り、1人の情報が社外の約1900人に向けて送信されたという。(2023/2/28)

偽物の「浄水カートリッジ」が流通 Amazonや楽天でも 消費者庁が注意喚起
消費者庁はLIXILなどの浄水カートリッジの模倣品が大手ECサイトなどで販売されているとして注意喚起を行った。LIXILは消費者が正規品を確実に購入できるよう4月から直販サイトに販路を限定する。(2023/2/2)

Twitterが停止アカウントの復活を積極的に実施 2月以降誰でも異議の申し立てが可能に
永久停止が不釣り合いなアカウントが対象。(2023/1/28)

プレイバック注目コンテンツ:
「TikTok使用禁止」はあり寄りのなし? なし寄りのあり?
「TikTok」の安全保障リスクを巡る議論が再燃してます。関連する2つの記事を紹介します。(2023/1/28)

古田雄介のデステック探訪:
死後に困らない&困らせないアレコレをスマートに託せる「lastmessage」
自分が死んでしまった際にメッセージを発信したり、抹消したいIDを消したりといったことを託せるサービスが増えている。しかし、利用者との約束を果たさないまま姿を消すサービスも多い。2020年3月に提供を始めた「lastmessage」はどうなのだろうか?(2023/1/25)

尼崎市でまた紛失 今度はスマホ 気付いて4日間報告せず 「職場にあると勘違い」
尼崎市は、同市の職員が個人情報入りの公用スマートフォンを紛失したと発表した。スマホには市民の電話番号2件やLINEの連絡先50件程度、講座やイベントの写真・動画複数件入っていたという。13日時点でスマホはまだ見つかっていない。(2022/12/13)

JTB、情報漏えいで最大で1万1483人に影響 原因は設定ミスか
JTBは、観光庁の補助事業者として実施する「地域独自の観光資源を活用した地域の稼げる看板商品の創出事業」の業務で情報漏えいが発覚したと報告した。漏えいした情報の中には最大1万1483人分の個人情報が含まれる。(2022/10/26)

「われわれはNovelAIと関係ない」──海外のイラストサイト「Danbooru」が日本語で声明
海外のイラストサイト「Danbooru」は、画像生成AI「NovelAI Diffusion」(NovelAI)と無関係であると主張する声明を発表した。“NovelAIのことでお悩みになっている絵師様へ”とし、メッセージを公開している。(2022/10/5)

「噂でこれ書くのやめて?」 ダレノガレ明美、一部週刊誌の“ガン無視報道”をフェイク認定 当該記事は削除へ
女性タレントを“ガン無視”したとの記事に抗議したダレノガレさん。(2022/9/28)

最悪の場合は退園:
東京ディズニーリゾート内での営利活動禁止に “D系”YouTuberは「個別に対応」
東京ディズニーリゾート(東京ディズニーランド・シー)を運営するオリエンタルランドが園内での営利活動を禁止する規則を新たに追加した。動画投稿者とのコラボ企画やマスコミ対応など、同社がプロモーションや広報活動と判断した場合のみ撮影を許可する。(2022/9/8)

米Slack、プレイド従業員のメアドなど別企業に誤送信 2500人分以上の情報が漏えいした可能性
Web接客ツールなどを提供するプレイドが、従業員や取引先2555人分のメールアドレスなどが漏えいした可能性があると発表した。米Slack Technologiesが誤って別の米国企業に送信したという。(2022/8/30)

Twitterの元セキュリティ責任者が問題を内部告発 Twitterの反論は
Twitterの元セキュリティ責任者がTwitterのセキュリティおよびプライバシーに関する不備について内部告発を行った。米国連邦取引委員会の定めを順守していないと非難している。(2022/8/26)

VTuberのゲーム配信、許諾得たのに動画削除 開発会社の代表が独断 「弊社側の落ち度」と会社は謝罪
ゲームソフト「STEINS;GATE」などを開発を手掛けたMAGES.(東京都港区)は8月18日、同社から許諾を得て行っていた、ゲーム配信動画を誤って削除したとして謝罪した。(2022/8/19)

大日本印刷:
海賊版サイトを発見するサービス登場 集英社の実験で削除率2倍に
大日本印刷はこのほど、漫画の海賊版サイトを発見し、削除要請などを行うサービス「DNPコンテンツ海賊版対策サービス」の提供を開始した。どんなサービスなのか?(2022/8/10)

チャット風小説アプリ「テラーノベル」でイラストや小説の無断転載が横行 運営が謝罪するも対応に賛否両論
迅速な規制強化と対応の改革が求められます。(2022/7/19)

ロシア、Googleに罰金約500億円 ウクライナ関連の偽情報削除命令違反で
ロシアの裁判所が、Googleに約500億円の罰金を科す判決を出した。傘下のYouTubeのウクライナ関連を含む「偽情報」削除要請に従わなかったのが法律違反だとしている。Googleの子会社はロシアで6月、破産申請している。(2022/7/19)

海賊版サイトの“タダ読み”被害額、コミック市場規模を上回る 総務省検討会が中間報告
総務省が「インターネット上の海賊版サイトへのアクセス抑止方策に関する検討会」が現状をとりまとめた資料を公開した。2021年に海賊版マンガサイトでタダ読みされた金額はコミック市場の販売金額を上回る規模だったと試算している。(2022/7/15)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
今さら聞けない「TikTok」 人気爆発の理由は?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「TikTokのすごさ」です。(2022/7/8)

劇場公開中の「ドラゴンボール超」盗撮アップロード相次ぐ 東映が対策
映画「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」の盗撮アップロード相次ぐ。東映が「法的措置も辞さず厳然とした姿勢にて対処する」と発表。(2022/7/5)

Social Media Today:
マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介したデジタルマーケターのための主な発表をおさらいしてみよう。(2022/6/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。