ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「削除依頼」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「削除依頼」に関する情報が集まったページです。

ドラゴンボール公式が“ピッコロのマント”プレゼントキャンペーン開始 忠実すぎる再現度で肩幅がえらいことに
顔を緑に塗りたくりたくなる。(2022/5/10)

SNS誹謗中傷の被害者向けサイト、女性クリエーターが目指す「被害者のよりどころ」
ネット上の誹謗中傷について裁判例や体験などを共有するサイト「TOMARIGI」を関口舞さんらが立ち上げてから約3カ月、徐々にユーザーに浸透しはじめ、被害に悩む人たちへの支援の広がりに期待がかかる。(2022/5/9)

アニメ「七星のスバル」公式サイト乗っ取りか 不適切画像が掲載された状態に
TBSに問い合わせました。(2022/4/12)

デジタル庁、宛先ミスでメール誤送信 「再発防止に努める」としながら2度目の失敗
デジタル庁が、BCC欄に記載すべき5件のメールアドレスを誤ってTO欄に記載して送信したため、受信者間で他者のメールアドレスが閲覧できる状態になっていたと明らかにした。(2022/4/1)

Wikipedia「ロシア政府から削除要請されたが引き下がらない」 ウクライナ侵攻関連コンテンツの取り下げ要求されたと明かす
検閲とロシア政府の要求を批判。(2022/3/4)

SNSトラブルで悩む人に役立つサイト「TOMARIGI(トマリギ)」公開 トラブル対処法や裁判事例集を掲載
つらい体験を投稿できる掲示版は、批判的な返信や質問ができない仕様。(2022/2/9)

誹謗中傷されたらどうすればいい? SNSトラブルの対処法・裁判事例をまとめたサイト カヤックが公開
カヤックが起業家の関口舞さんと共同で、誹謗中傷などのSNSを巡るトラブル事例や裁判例をまとめたWebサイト「TOMARIGI」を公開した。(2022/2/8)

数年放置された福井県公式Twitterが乗っ取り被害に NFT関連ツイートを開始
福井県が運用するTwitterアカウント「ふくいブランド」が乗っ取り被害にあっている。アカウント名は「Fukui」に変えられNFTに関するツイートをしている。(2022/2/8)

ネタバレサイトの運営会社を書類送検 漫画のあらすじを無断配信
漫画作品の内容を詳細に説明する「ネタバレサイト」を運営していた法人と法人代表男性を、福岡県南署が著作権法違反の容疑で福岡地検に送致した。(2022/2/3)

ECサイト上の海賊版レトロゲーム出品、5カ月で378点削除 推定14億円相当? 権利団体が算出
ショッピングサイトやフリマアプリに出品された海賊版レトロゲームについて、コンピュータソフトウェア著作権協会が削除を要請した結果、2021年5月からの5カ月間で、378点の商品が削除された。商品には延べ273万件に及ぶゲームタイトルが内蔵されていた。(2022/1/6)

「ロックマン2」「ソニックアドバンス」などレトロゲームの海賊版転売で男性を摘発 「転売で得た利益を小遣いにするため」と供述
業界団体の調査では海賊版被害は14億円規模とも。(2022/1/6)

YouTubeが著作権侵害の申立件数を初公開 21年上期は7億超、異議申し立ては1%未満
YouTubeは同プラットフォーム上の動画に対し、2021年上半期に全世界で7億件以上の著作権申し立てがあったと明らかにした。(2021/12/9)

「漫画村」の4倍規模 違法漫画サイトへの月間アクセス数は4億目前に ABJ調査
出版物の海賊版サイト上位10サイトへの10月分の合計アクセス数は、4億の大台目前――海賊版対策を進めるABJがそのような調査結果を発表。10サイト合算で3億9833万アクセスを記録し、上位3サイトの合計アクセスは、初の3億超。(2021/11/29)

刑事摘発に意義がある―― 集英社が海賊版サイト「漫画BANK」との闘いの裏側を告白
漫画BANKでタダ読みされた総額は2082億円相当(約9億9370万アクセス)。(2021/11/20)

“穴あきSSD”販売でPCパーツショップが謝罪 「破壊しそこねたものでは」との声で
破壊依頼されたSSDを使える状態で販売したのではないかとの指摘を受けていたPCショップEYES秋葉原店が「“誤って穴が開けられたSSD”を販売して心配を掛けた」として謝罪した。(2021/11/12)

法律事務所ZeLoに聞く!ハラスメントQ&A:
「無能ハゲのくせに」 パワハラ被害者が、加害者をネットで中傷 処分はどうなる?
ハラスメント被害者が、上司からのパワハラについてSNSに書き込むほか、加害者を「無能ハゲのくせに」などと中傷していました。これを考慮し、加害者の処分を軽くするなどの対応は必要でしょうか?(2021/10/29)

Google、18歳未満の画像を検索結果から削除申請できるように
本人と保護者が申請可能。(2021/10/28)

Google、検索結果からの未成年者画像削除リクエストが可能に
Googleは、件察結果からの未成年者の画像の削除をリクエストできるようにした。これまでも露骨な表現を含むものはリクエストできたが、これで18歳未満であればそれ以外の画像も検索結果に表示させないようにできる。(2021/10/28)

同人マンガをファンが翻訳して収益分配、DLsiteが新サービス オリジナル作品限定
エイシスが「DLsite」で提供する新サービスとして、クリエイターの作品をファンが翻訳し、作品の販売収益を分配できる「みんなで翻訳」を始める。すでにクリエイターの募集を開始しており、11月に翻訳者の募集を、12月に翻訳作品の販売を始める予定。(2021/10/7)

松村北斗と森七菜、2ショット流出に映画公式が謝罪 「本来このような形で公開されるべき画像ではありません」
プライベート風な2ショットがSNSで拡散されていました。(2021/9/24)

小説投稿サイト「カクヨム」の偽サイトに注意 作品を無断転載 UIも本物そっくりにコピー
小説投稿サイト「カクヨム」の作品を不正に転載したサイトを、カクヨム運営元のKADOKAWAが確認した。IDやパスワードが盗まれる危険があるため、アクセスしないよう呼び掛けた。(2021/9/6)

Twitter、「信頼できる情報」提供でReutersおよびAPと提携
Twitterが大手通信社Associated Pree(AP)およびReutersとの提携を発表した。プラットフォーム上での信頼できる情報の提供が目的。「情報がバイラルに拡散するよりも早く正しい情報をコンテキスト化するのに役立つ」としている。(2021/8/3)

Tech Basics/Keyword:
あなたも狙われている? 古くて新しい攻撃手法「ドッペルゲンガードメイン」とは
正規のドメインに似たドメイン名に間違ってメールを送信してしまう事故が報道されることがある。メールアドレスのタイピングミスが主な原因だが、ミスを誘導しやすいドメイン名が悪用されているのも一因だ。こうした正規のドメインに似たドメイン名とは……。(2021/6/4)

専門家のイロメガネ:
女子アナのステマ疑惑に揺れるフジテレビ グレーなステマの難しさ
フジテレビが揺れている。テラスハウス出演者に対する誹謗(ひぼう)中傷、放送法の外資規制違反と続き、そして新たに出てきた問題が、女子アナによるステマ疑惑だ。フジテレビの女子アナが、自身のインスタグラムのアカウントで投稿している内容や美容室がアカウントに登場していることはステマにあたるのではないか?(2021/4/27)

Twitterにファンアートを投稿したらアカウント凍結 虚偽申請の被害絵師が悲痛な胸の内語る
被害絵師、Twitter社、弁護士を取材しました。(2021/3/20)

Twitterで“自称bot”による画像の悪質な無断転載横行 対策はないのか弁護士に聞いてみた
法的手段も考えられるようです。(2021/2/25)

「集英社」名乗る者からSNSに大量の削除申請、集英社が「第三者によるもの」と否定 「Shueisha」が世界中でトレンド入り
現在対応を検討中とのこと。(2021/1/18)

新連載「サイバーセキュリティ2029」:
我々はメールをどうしたらいいのか? 今使っているアカウントで10年後も乗り切れるか考えてみよう
「少しだけ未来」である2029年を無事に迎えられるよう、サイバーセキュリティを考えていく新連載です。(2020/12/24)

ネットで誹謗中傷を受けたらどうしたらいい? 法務省が相談窓口選びのフローチャートを公開
法務省が、ネットで誹謗中傷や名誉毀損などの行為が増えているとして、被害を受けた際の相談窓口の選び方をフローチャートにして公開した。(2020/12/14)

CloseBox:
hontoにあった怖い話 「サービス誤登録削除を依頼したら当方のメアド変更を提案される」の巻
あなたのメールボックスに宛先を間違えたメッセージが頻繁に届くことはありませんか?(2020/12/14)

毎日放送で24人分の個人情報流出 前年度の採用受験者の情報を今年度の受験者に誤送信
毎日放送(MBS)は12月8日、メールの誤送信で24人分の個人情報が流出したと発表した。新卒採用の受験者に対し、誤って前年度の受験者情報を送信したという。(2020/12/9)

ニトリの偽サイトに注意 URLは「mitori」など IDやパスワード入れないで
ニトリの公式通販サイト「ニトリネット」を装った偽サイトで、IDやパスワードなどの入力を促す事象が発生している。(2020/12/3)

近鉄「公式Twitter」がなりすましだった 現時点で本物の公式アカウントは存在せず
ご注意を。(2020/11/24)

アダルトゲーム会社がレビュー投稿サイトに削除依頼 批評への介入と物議醸す
メーカーは「作品以外の部分でユーザーの対立が起きたため」と削除依頼の理由を説明しています。(2020/11/23)

GitHub、削除した「youtube-dl」は著作権を侵害していなかったとして復元
Microsoftは10月、RIAAの申請を受けて複数のyoutube-dl関連リポジトリを削除したが、DMCAの第1201条に違反するというRIAAの主張は無効だったとしてリポジトリを復元した。削除ポリシーを更新し、第1201条の問題改善について取り組んでいくとしている。(2020/11/17)

「ノベルゲームは実況控えて」 「CLANNAD」移植版の販売元が呼び掛け 営業上の損失に
ノベルゲームの移植や販売を手掛けるプロトタイプが、同社の製品を使ったゲーム実況動画の配信を控えるよう呼び掛けた。動画共有サイトなどで該当する動画の投稿が急増し、対応に要する時間が増えているという。(2020/10/7)

Twitter、トランプ大統領の新型コロナ陽性で大量発生「死ねばいいのに」ツイートは削除すると警告
トランプ米大統領の新型コロナ陽性発表を受け、Twitter上に蔓延した同氏の死を望むツイートに対し、Twitterが「誰に対してであれ死を望むツイートは許されない」と警告した。(2020/10/3)

「原神」、iOS版でクリップボードの内容を読み取る不具合 「テスト版の機能が削除できていなかった」
中国miHoYoが、オンラインゲーム「原神」のiOS版でクリップボードの内容を自動的に読み取る不具合を確認。テスト版で搭載していた機能を削除できていなかったという。(2020/10/1)

「原神」iOS版に「クリップボードを読み取っている」と指摘 運営元は「テスト用の機能が削除されていなかった」と修正を発表
テスト版に搭載していた機能が削除されていなかったと説明しています。(2020/9/30)

誹謗中傷ホットラインが開設から2カ月の活動報告を公開 削除要請したサイトは「匿名掲示板」が最多
実在の個人を特定できるかどうかがポイントとなるようです。(2020/9/8)

メルカリ、リコール品の注意喚起を行うサービス 出品者・購入者へ直接通知
メルカリが、フリマアプリ「メルカリ」で出品された商品のリコールなどが発生した際、該当商品の出品者・購入者へ注意喚起を行うサービスの提供を始めた。製造・輸入事業者がリコール情報をメルカリへ提供し、メルカリが出品者・購入者へ通知する。(2020/9/7)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(27):
IPアドレスから過去の掲示板の書き込みがバレるって本当ですか?
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第27列車は、初秋の特別列車「個人情報とは何か」の第4弾です。(2020/9/4)

ニコスターインタビュー:
ニコラップの先駆者“らっぷびと”はなぜネットにラップを投稿したのか 1曲の投稿きっかけに人生が変わった瞬間
らっぷびと誕生の陰には伝説のサイト「歌詞→HIPHOP系」の存在がありました。(2020/8/29)

Twitter、危険なコンテンツへのリンクを禁止 対象はマルウェアや暴力助長など 違反者は凍結の場合も
7月30日(米国時間)から適用。ツイートやダイレクトメッセージ、プロフィールに、該当するリンクを添えられなくなります。(2020/7/30)

「パパラピーズ」の「大学を貸し切って2人で隠れ鬼ごっこやってみたwww」動画が物議→削除に 「YouTuberはマスクせずに入構しても良いんだなって」などの声
映画「ぐらんぶる」の宣伝として制作された動画でした。(2020/7/28)

UUUM、所属YouTuberへの誹謗中傷の通報窓口設置 専門チームで対策
所属YouTuberを守るための「誹謗中傷および攻撃的投稿対策専門チーム」をUUUMが設置。YouTuberへの誹謗中傷を一般ユーザーに通報してもらう窓口を作る他、法的措置も強化する。(2020/7/1)

もう一人で悩まない セーファーインターネット協会が「誹謗中傷ホットライン」を設置 受付は本日から
より良いインターネット環境を目指して。(2020/6/29)

「女体化と男体化を繰り返して遊んでたら悪魔召喚してしまった」 話題の「FaceApp」が恐怖を呼ぶ
編集過程で精気が持ってかれた!?(2020/6/24)

「誹謗中傷ホットライン」設立へ ネット上の被害者や投稿削除に悩むプロパイダの相談に対応
ヤフーやピットクルーなどのネット企業からなる団体・セーファーインターネット協会が、「誹謗中傷ホットライン」を6月中に設立する。ネット上で誹謗中傷を受けた被害者や削除要請への対応に悩むプロパイダからの相談に応じ、適切な投稿削除や任意開示の促進に向けて寄与するとしている。(2020/6/4)

Twitter、トランプ米大統領のツイートに初めて信頼性関連のラベル追加
Twitterが、トランプ米大統領のツイートに初めてラベルを表示した。郵送投票は詐欺に繋がると主張するツイートに表示されるラベルをタップすると、それを否定する説明が表示される。(2020/5/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。