ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「削除依頼」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「削除依頼」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Twitter、トランプ米大統領のツイートに初めて信頼性関連のラベル追加
Twitterが、トランプ米大統領のツイートに初めてラベルを表示した。郵送投票は詐欺に繋がると主張するツイートに表示されるラベルをタップすると、それを否定する説明が表示される。(2020/5/27)

「新型コロナ問題に便乗し、違法アップロードで日銭を稼ぐ不届き者は許さない」 牙狼シリーズ出演俳優が漫画村運営者特定弁護士と最恐タッグを組み摘発へ
エンタメ業界が大きな打撃を受ける中、違法アップロードが急増しているとのこと。(2020/5/8)

Twitter、日本でも新型コロナ関連のデマや誤情報に削除要請 冗談でも
Twitter Japanは、新型コロナウイルス感染症の流行を受け、間違った情報やデマなどが含まれるツイートについて、削除を要請すると発表した。(2020/3/24)

Twitterが新型コロナウイルスに関するルールを見直し デマや誤情報は冗談であっても削除対象
COVID-19に関するデマに対応。(2020/3/24)

「あの人が陽性らしい」――根拠なき感染デマ広がる 法的責任が問われる可能性も
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、SNSでは「○○が陽性らしい」といった根拠のないデマが広がり、一部で影響が出ている。デマの拡散は名誉毀損や偽計業務妨害にあたる場合もあるなど、法的責任が問われる可能性もある。(2020/3/24)

「商業媒体で“アニメ批評”は難しい?」 メディア各社にアンケートしてみた
意外にも「難しい」と答えた媒体はゼロという結果に。(2020/3/21)

DLsite、違法アップロード対策活動を報告 クリエイターに代わり違法サイトへ削除要請
2014年からの約6年間で、DMCA申請約400万件、違法サイトへの削除要請を約250万件行ったとのこと。(2020/3/20)

検討会参加の専門家も意見はバラバラ 海賊版サイト対策の行方は
文化庁の有識者検討会は、海賊版サイト対策について、軽微なダウンロードを違法としないことなどを中心とする報告書をまとめた。しかし、規制対象を巡る意見について、参加した専門家の意見はいまだにバラバラだ。(2020/1/28)

海賊版サイト対策の行方はどうなる?
著者らの許可なく、漫画作品などをインターネット上で公開する「海賊版サイト」対策に関し、文化庁の有識者検討会が、軽微なダウンロード(DL)を違法としないことなどを柱とする報告書をまとめた。(2020/1/27)

竹書房、海賊版サイト問題で米クラウドフレアを提訴 サーバ提供会社への損害賠償請求は初
「漫画村」にサーバを提供していたことでも有名でした。(2020/1/7)

川崎フロンターレがRPAで不正転売対策、高額転売チケットを5分で一覧化
川崎フロンターレと富士通は、チケットの不正転売対策業務でRPAの活用を模索している。チケット転売情報の収集から一覧化までの作業を5分で実現し、効果的な削除依頼につなげた。(2019/12/9)

Twitter、「亡くなった人のアカウントを保護する機能を追加するまで休眠アカウントは削除しない」とツイート
Twitterが、休眠アカウント削除実施予告に対する「亡くなった人のアカウントを削除するのか」というフィードバックを受け、亡くなった人のアカウントを保護する方法を確立するまではアカウント削除を実施しないと約束した。(2019/11/28)

企業系ゲーム攻略「アルテマ」、ポケモンだけで1900ページの文章盗用を謝罪 被害を受けたサイトは「攻略を続けられなくなる」
文章がそのままコピーされていました。(2019/11/27)

「ドラクエウォーク」、イベントスポットが私有地に配置されトラブルに スクエニの対応は
「賃貸物件の通路にまでプレイヤーが入り込んで迷惑をしている」といったツイートが広まり、問題が明らかとなりました。(2019/11/1)

YouTube、虚偽の著作権侵害申し立てを行ったユーザーを提訴、虚偽申請を禁止に
被告は人気YouTuberに著作権を侵害されたと虚偽の申し立てをしていました。(2019/10/21)

「DQウォーク」ランドマークにお寺の有料エリア 寺は無断入山禁止の張り紙するも「選んでくれて光栄」と仏回答
拝観料はかかるが、ドラクエのために入山するのはOKだそうです。(2019/9/26)

高級メダカ窃盗犯が残した「100円置いて行きます」の書置きが物議 被害公表後、店にはいわれなき誹謗中傷も
被害を受けた店のオーナーを取材しました。(2019/8/28)

GDPR施行後1年で罰金事案は100件も
GDPRとバックアップの難しい関係、効率と「忘れられる権利」をどう両立するか
顧客からのデータ削除要請は、バックアップと「GDPR」の順守に立ちはだかる壁となる。GDPR施行から1年を迎えた今、こうした問題の解決策を考えてみよう。(2019/8/22)

「東大農学博士と湘南美容外科の医師」が絶賛していると販売の脱毛クリーム→実際は監修受けておらず メーカーを取材し、効果試してみた
記事を作成したアフィリエイターとメーカー、厚生労働省を取材しました。(2019/8/21)

米Appleに「無許諾音楽アプリ」対策強化を求める 日本の音楽団体・事業者が連名で
日本レコード協会などの音楽関係4団体と音楽配信事業者4社が米Appleに対して「無許諾音楽アプリ」への対策強化を求める要望書を提出したと発表した。(2019/7/11)

無断転載の撃退方法を徹底解説した本『クリエイター必携 ネットの権利トラブル解決の極意』発売 転載先の検索方法から裁判の心得まで
これは心強い。(2019/6/12)

「怒り狂ってる」「絶対的につめる」 とろサーモン久保田、クリーニングで「Supreme」のロゴ消えて大激怒
【お知らせ】記事をいったん取り下げました。(2019/5/28)

著作権侵害コンテンツの取り下げ申請サービス「弁護士ドットコムRights」開始
Webサイトや動画プラットフォームなどに投稿されている著作権侵害コンテンツを取り下げ申請できる新サービス「弁護士ドットコムRights」を、弁護士ドットコムがスタートした。(2019/5/14)

海賊版サイト撲滅なるか 弁護士ドットコム、ネット上の著作権侵害コンテンツを調査・取り下げ申請できる新サービス開始
海賊版サイトやリーチサイトなどはもちろん、動画サイトにも対応しているとのこと。(2019/5/13)

iFixit、発売前の「Galaxy Fold」分解レポートを削除「自分で買ったらまた公開する」
新製品の分解レポートで知られるiFixitが、「Galaxy Fold」の発売前のレビュー機でのレポートを公開したが、Samsungからの依頼を受けて削除した。店頭で製品を買って改めて分解するとしている。(2019/4/26)

大阪で“ヤミ民泊”4200件撃退! 悪質業者と闘い続ける「撲滅チーム」の正体
東京に比べて家賃が安いことや、観光地が多いことから、大阪は営業許可がないまま客を泊める“ヤミ民泊”の温床になっている。この事態を改善するため、大阪市は警察OBなど約70人を集めた「違法民泊撲滅チーム」を昨夏に立ち上げた。今回は、同チームの現地調査に同行取材を実施。現状について、トップへのインタビューも行った。(2019/4/17)

物議を醸した「破産者マップ」が閉鎖
破産者の情報は削除するとしています。(2019/3/19)

「破産者マップ」閉鎖、「関係者につらい思いさせた」
「破産者マップ」が3月19日に閉鎖された。運営者によると、16日時点で1日230万アクセスを記録していたという。「破産者のプライバシーや名誉を傷つける」などと批判を浴びていた。(2019/3/19)

釣魚のオークションサービス登場、ネットで不安や疑問の声 運営と厚生労働省の見解は
釣った魚を個人間で売買できる魚専門のオークションサービス。画期的である一方、「食品衛生面でトラブルが起きないか」など疑問の声が相次いでいます。(2019/2/16)

アダルトビデオ業界団体が違法動画紹介するまとめサイト4000件に警告文送付へ 悪質サイトには損害賠償請求も
メーカー側は「出演者のプライバシーを十分に確保できないことも違法アップロードの大きな問題の一つ」と苦しい胸の内を語りました。(2018/12/27)

Google、知らずに広告詐欺SDK利用のアプリ開発者に警告、削除依頼
Googleが、Google Playストアに登録されている複数のアプリに広告詐欺コードを含むSDKが利用されていたとして、該当するアプリの開発者に削除を求めた。猶予期間中にSDKを削除しない場合は措置をとるとしている。(2018/12/10)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2018年10月版:
まだまだ続くブロッキング議論、なぜ進めたいのか?
2018年10月のセキュリティクラスタは「ブロッキングの議論」「個人サービスを終了したgoogle+」「スマホアプリが個人情報を過剰に取得する問題」に注目が集まりました。(2018/11/12)

人体切断や空中浮遊で「戦う」! “ヤバい人たち”が集うマジックの世界大会では何が起こっているのか?
「ステージで蝶を出したマジシャンがいたんですよ。そしたら……」(2018/11/10)

画像「無断転載」の情報開示請求、慣れたら10分でできる 裁判で約90万円勝ち取った写真家インタビュー
実体験を交えて語っていただきました。(2018/10/28)

Twitter、「このツイートはルール違反により削除されました」と2週間表示へ
「Twitterルール」違反で削除要請のあったツイートは、削除前から代わりに「削除されました」と表示されるようになり、この表示は削除後も2週間表示されるようになった。また、ツイートを報告すると、報告者には直後からそのツイートが表示されなくなる。(2018/10/18)

「ブロッキングの検討、白紙に戻すべき」 Cloudflareによる「漫画村」運営者情報開示受けJILISが意見書
「ブロッキングについての検討はいったん白紙に戻すべき」――JILISが意見書を公表。Cloudflareが6月、漫画村の運営者情報を開示していたことが判明したため、タスクフォースの前提が崩れたと指摘している。(2018/10/12)

「まとめサイト」を初めてヘイト認定へ 「コメント欄」も判断材料に 大阪市
今後はプロバイダー側に削除を要請する見込み。(2018/10/5)

リベンジポルノ相談者数、前年比1.5倍に セーファーインターネット協会が報告
ヤフーなどネット企業から成る団体・セーフーインターネット協会が、「インターネット上の違法・有害情報対策の2017年実績」を公開。リベンジポルノ相談数は16年と比べ約1.5倍増加したという。(2018/8/20)

海賊版サイトブロッキング問題、壇弁護士など連名で意見書 賛同募る
海賊版サイトのブロッキング問題について弁護士が意見書を公表した。ブロッキングは「極めて副作用が大きい」と慎重な検討を求め、プロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求など現行法で行える対策を、十分なスキルを持つ弁護士に依頼することなどを提言している。(2018/8/10)

「東京医大と間違えないで」東京医科歯科大、怒りの声明 複数メディアが写真取り違え
東京医科歯科大学は8日、東京医科大学の女子受験生減点問題を伝えるメディアの記事の一部で、誤って同大の写真が掲載されていたとし、「強い憤りを覚える」とのコメントを出した。(2018/8/9)

「勝手に転載しないで!」イラストまとめサービス「Buhitter」が大炎上 → Twitterは「規約上問題ない」
8月2日夜から一時大きな騒動となりました。(2018/8/3)

「海賊版サイト全滅させる」 出版社との実証実験、赤松健さんの狙いは
「マンガ図書館Z」と実業之日本社が行う実証実験の内容と狙いは。「海賊版サイト全滅させる」と話す漫画家の赤松健さんが詳細を語った。(2018/8/1)

Amazon.comにて海賊版ゲームソフトが販売される デベロッパーからの販売停止要請でようやく収束へ
審査しっかりして……。(2018/7/26)

写真を無断転載された『アサヒカメラ』記者 8月号に“闘い”の過程を告白した実録ルポを掲載
これまで写真の無断転載問題に切り込んでいた『アサヒカメラ』記者の実録ルポです。(2018/7/23)

広告主取材後にサイト消滅 関係者が語る「違法同人誌サイト」運営の手口 “有料ポイント制”で荒稼ぎも
違法同人誌アップロードサイト被害者は「違法行為だと理解して」と悲痛な胸の内を告白。(2018/7/20)

“合法漫画村”なぜできない? 川上社長が説明 「海賊版サイト対策」ニコ生で議論
有識者たちが「海賊版サイト対策」について議論する番組がニコニコ生放送で配信された。カドカワの川上社長は「使いやすいサイトを作るだけではダメで、今はブロッキングが有効的な手段だ」と主張した。(2018/6/25)

著作権侵害サイトへの広告掲載抑止へ 権利者団体と広告関連団体が定期協議
著作権侵害サイトを広告掲載先から排除する取り組みが強化。権利者団体のCODAは、広告関連団体3団体と協力して定期的な協議を行う場を設ける。(2018/6/8)

海賊版サイトへの広告を排除へ CODAと広告関連3団体、抑止に向けて定期協議実施を決定
JIAAは会員社が海賊版サイトに関与していないかを調査中。(2018/6/8)

「海賊版・違法サイト使わないで」 小学館、全雑誌に広告掲載
漫画などの海賊版を有料・無料で配信する違法サイトを利用しないよう小学館が読者に呼び掛ける「NO! 海賊版・違法サイト」キャンペーンを、小学館が全社をあげて始める。(2018/6/4)

SWATが学校で犯人と撃ち合うPCゲーム、民間人が巻き込まれる内容で物議 慈善団体が販売中止を要請
開発元は「シミュレーターに過ぎない」と弁明。(2018/5/28)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。