ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「週刊」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「週刊」に関する情報が集まったページです。

遠のいた客足をいかにして戻したか:
「おとなのジャンプ酒場」が“キン肉マン一色”に!? V字回復を成し遂げた“特化型戦略”の狙い
集英社が、2017年から居酒屋ビジネスを手掛けている。19年7月からは『週刊少年ジャンプ』とコラボした「おとなのジャンプ酒場」を同所にオープン。今回は1月7日から2月29日までで開かれている『キン肉マン酒場』に潜入。原作者のゆでたまごの1人、嶋田隆司さんに狙いをインタビューした。(2020/2/18)

『週刊少年ジャンプ』編集部、『僕のヒーローアカデミア』キャラ名めぐり謝罪 「731部隊連想させる」と批判受け
作者の堀越さんも謝罪しています。(2020/2/7)

ディズニーの世界観がつまったドールハウスが作れる! 全部集めると大きなおうちが完成する週刊マガジンが登場
その名も「ディズニー ドールハウス」。2月12日発売です!(2020/1/31)

「本気で学ぶIoT」:
デアゴスティーニでラズパイ使ったIoT、エッジAIも!?
「週刊○○」と題したさまざまなテーマのパートワーク(分冊百科)を提供することで知られるデアゴスティーニ・ジャパンが2020年3月から、Raspberry Piを使ったIoT(モノのインターネット)講座「本気で学ぶIoT」を開始する。毎月届く各種デバイスとオンラインテキストで学習することで、最終的にはエッジAIの活用まで習得できるカリキュラムが組まれているという。(2020/1/17)

若手漫画家育成プロジェクト「コルク荘」スタート 共同生活の様子が週刊コンテンツで発信されるクリエイターハウス
どんな生活と成長があり、そこからどんな作品が生まれるのか。(2020/1/18)

週刊少年ジャンプ4・5合併号のアンケートはがきが切手不要に 「今週号だけ?」「初めて送りました!」
(2019/12/27)

集英社の新たな電子書店「ゼブラック」オープン 週ジャン・ヤンジャン・りぼんなどの作品がラインアップ
将来的には『週刊少年ジャンプ』『ジャンプ SQ.』『ウルトラジャンプ』の定期購読も可能に。(2019/12/9)

「陰口三回バレたら……」「週刊誌に撮られたら……」 赤西仁&錦戸亮、新ユニットの自由すぎる“契約合意書”にツッコミ殺到
もはや違反してみてほしい。(2019/12/7)

マシリトが行く!【後編】:
『ドラゴンボール』を手掛けた『ジャンプ』伝説の編集長が明かす「ゲームプロデュースの神髄」
マンガをアニメやゲームなどへメディアミックスする際には何が大切なのか。鳥山明氏の国民的マンガ『ドラゴンボール』の担当編集者であり、『週刊少年ジャンプ』伝説の編集長「Dr.マシリト」こと現白泉社会長の鳥嶋和彦、バンダイナムコエンターテインメント取締役の内山大輔、バンダイナムコホールディングスIP戦略本部アドバイザーの鵜之澤伸、ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」の平信一編集長に聞いた。(2019/12/6)

『週刊朝日』で丸ごと1冊「猫」特集! 人気の第3弾は2大特別付録「猫カレンダー」「子猫ポストカード」
表紙は岩合光昭さんが撮影した子猫ちゃん。(2019/12/5)

「死にたいくらい悩んでる人に読んでほしい」 異才・アッチあいの新作『ポチごっこ。』完結記念インタビュー
ヤンジャン連載を終えて再取材。「週刊連載って刑務所では?」などキレキレのワードが飛び交いました。(2019/11/22)

キンプリ高橋海人「もうずっと幸せでした!!」 11月18日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』51号で憧れの漫画家・浅野いにおと対談
ジャニーズ初の少女漫画家・高橋海人さんが“アイドル漫画家”としての葛藤などについても本音で打ち明けます。(2019/11/18)

ワンコとのお散歩で平手友梨奈の笑顔はじける! 『週刊少年マガジン』16ページグラビアから厳選カットを紹介
笑顔の平手さんと白もふワンコの貴重なお散歩カットを紹介……!(2019/10/23)

「水曜どうでしょう」まさかのマンガ化 大泉さんのホラ話が週刊少年チャンピオンで連載
連載のための新作ホラ話も。(2019/10/10)

「こち亀」作者・秋本治さん、「VTuberが大好き」「両さんがVTuberになったら面白い」
原稿の〆切厳守、時には徹夜も当たり前−。激務のイメージが強い漫画業界にあって、40年間一度も原稿を落とさなかったのが、漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)』の作者、秋本治さん(66)だ。自身初のビジネス書『秋本治の仕事術 「こち亀」作者が40年間休まず週刊連載を続けられた理由』(集英社)を刊行した秋本さんに、働き方の極意や「こち亀」への思いを尋ねた。(2019/9/20)

史上最強の親子対談ッ! 週刊少年チャンピオンで『バキ道』板垣恵介×『BEASTARS』板垣巴留が漫画哲学を語る
9月19日発売の週刊少年チャンピオン42号にて。(2019/9/19)

「好き」を仕事にする強さ 40年休載なしの「こち亀」作者が語る働き方
 原稿の〆切厳守、時には徹夜も当たり前−。激務のイメージが強い漫画業界にあって、40年間一度も原稿を落とさなかったのが、漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)』の作者、秋本治さん(66)だ。自身初のビジネス書『秋本治の仕事術 「こち亀」作者が40年間休まず週刊連載を続けられた理由』(集英社)を刊行した秋本さんに、働き方の極意や「こち亀」への思いを尋ねた。(2019/9/19)

前澤友作氏、「資金難で潜水艦購入を断念」報道を否定 「購入なんて検討してません」「適当なこと書きすぎ」
週刊誌「FLASH」が、「前澤友作氏が潜水艦の購入を試みたが、資金難のため断念した」と報道。これを受けた同氏は、Twitterで「潜水艦の購入なんて検討してません」「適当なこと書きすぎ」と否定した。(2019/9/17)

30年勝ち抜いてきた作家:
『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』『バクマン。』の漫画家・小畑健の個展が9月14日から新潟で開催! 原画約500点を展示した東京会場の様子は……
『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』『バクマン。』など、『週刊少年ジャンプ』のメガヒット作品を手掛けてきた漫画家・小畑健さんの個展が9月14日から新潟で始まる――。(2019/9/13)

週刊ポスト「韓国なんて要らない」特集に批判、編集部が謝罪 作家の連載ボイコットも
特に「怒りを抑えられない『韓国人という病理』」記事について、誤解を広めかねず、配慮に欠けていたと謝罪。(2019/9/2)

初心者が約2年かけてデアゴスティーニの週刊『ゴジラをつくる』に挑戦! 第2回:4号から9号組み立ててみた
第2回では4号から9号までの組み立てを紹介(2019年10月22日アップデート)!(2019/10/22)

声優・斉藤朱夏が『週刊ビッグコミックスピリッツ』表紙に再登場 浴衣やミニTで“妄想デート”、インタビューも掲載
記事では未公開カットも掲載。(2019/8/19)

『将太の寿司』Tシャツが出るぞ! 週刊少年マガジン×ユニクロのコラボTシャツが8月12日発売
価格は990円(税別)。(2019/8/2)

「遅くなって申し訳ありません」 紅蘭、事実婚相手・RYKEYが起こした事件について18日に告白
18日発売の『週刊新潮』に掲載されているとのこと。(2019/7/17)

デジタルでも勝ちたい 「少年ジャンプ」編集部の野望
漫画業界に押し寄せるデジタル化の波。週刊少年ジャンプ編集部はこの時代をどう生き抜くのか。(2019/7/2)

『週刊ビッグコミックスピリッツ』史上初、漫画編集者の公募企画スタート
漫画業界が気になってる人に朗報。(2019/6/24)

スタンド能力かな? 99.85%週刊少年ジャンプで作られた頭部がジョジョの「ヘブンズ・ドアー」感あると話題に
「君たちを『本』に変える!」(2019/6/22)

LINEみたいな形式で小説が読める:
集英社、チャットノベルアプリ「TanZak」提供開始 名作少女小説やジャンプ漫画のノベライズをスマホで手軽に
集英社がチャットノベルアプリ「TanZak」の配信を6月20日に開始した。画面をタップしていくと、LINEのようなチャット形式で小説を読み進められるようになる。「週刊少年ジャンプ」連載作品のノベライズや「集英社コバルト文庫」の名作などを40以上配信する。(2019/6/20)

刃牙の名シーンを「空想科学読本」作者が検証……!? 『週刊少年チャンピオン』50周年企画で読者投票を実施
実現して欲しいマニフェストへの投票を受け付けています。(2019/5/23)

平成最高のゲームは「クロノ・トリガー」 ファミ通、ゲームファン7100人に調査
平成最高のゲームは「クロノ・トリガー」――ゲーム誌「週刊ファミ通」が、ゲームファン約7100人に聞いた調査で、こんな結果が出た。(2019/4/22)

賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
再現度高すぎる。(2019/4/10)

ジャンプとマガジンがコラボ 約150作品が無料で読めるWebサイト「少年ジャンマガ学園」
集英社と講談社は、4月8日に「週刊少年ジャンプ」や「週刊少年マガジン」などの連載作品約150タイトルを無料で読むことができるWebサイト「少年ジャンマガ学園」を期間限定公開した。「マンガの学校」をコンセプトとし、若者世代に読んでほしいという思いから利用者を22歳以下としている。(2019/4/8)

ジャンプとマガジンがコラボ、連載約150タイトル読める無料Webサイト「少年ジャンマガ学園」公開 22歳以下が対象
「週刊少年ジャンプ」や「週刊少年マガジン」などで連載する約150タイトルが無料で読めるWebサイトが期間限定で公開される。(2019/4/8)

きゃりー&内田理央、『週刊プレイボーイ』でコラボグラビア お互いのSNSをチェックしあう仲
ドラマ「向かいのバズる家族」絡みのコラボ。(2019/4/8)

「小足見てから昇龍拳かよ」 週刊ダイヤモンドの「挙動を感じて8フレーム後に昇龍」に格ゲーマーからツッコミが殺到した理由
「8フレームへの反応はいかに困難なのか」「格闘ゲーマーの言う反応とはなんなのか」という視点から、今回の騒動を解き明かします。(2019/3/1)

電子ブックレット(メカ設計):
中小企業におけるVR活用の現実と理想のカタチを模索する
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は2018年12月〜2019年1月に公開された【週刊】ママさん設計者「3D&IT活用の現実と理想」より、「中小企業におけるVR活用の現実と理想のカタチを模索する」をお届けします。(2019/2/26)

またかよ! 『銀魂』、最終回の続きをジャンプGIGAでも完結できず 残りは「銀魂アプリ」で連載
『週刊少年ジャンプ』で描けなかった「最終回の向こう側」を3号で描ききる予定でしたが……?(2019/2/22)

「採用面接、扉を開けたら剛力ちゃん」は「事実と異なる」 ZOZO、週刊新潮の記事を否定
「ZOZOの最終面接の席で、前澤友作社長の傍らに剛力彩芽さんがいた」――週刊新潮の記事に書かれた内容が「事実と異なる」とZOZO。「採用面接に役員及び社員以外が同席することは一切ない」としている。(2019/2/16)

週刊新潮「ZOZOの採用面接で扉を開けたら剛力彩芽」 ZOZOが否定、法的措置も示唆
週刊新潮は「経営者の資質に疑問符が付く」と前澤社長を批判。(2019/2/15)

週刊SPA!「多くの女性を傷つけてしまった」と謝罪 5大学から抗議を受け
編集長・発行人名義で謝罪しました。(2019/1/10)

週刊SPA!への抗議文、名指しのフェリス女学院大学が公開 「女性の名誉と尊厳を傷つける」
反対署名も既に4万件弱集まっています。(2019/1/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
見違えるほどのクラウン、吠える豊田章男自工会会長
2018年の「週刊モータージャーナル」の記事本数は62本。アクセスランキングトップ10になったのは何か? さらにトップ3を抜粋して解説を加える。(2019/1/7)

週刊SPA!「ヤレる女子大学生RANKING」記事に反対署名1万7000件  「日本の恥さらし」と怒りの声も
2年前にも同様の内容で炎上していました。(2019/1/6)

『週刊朝日』で丸ごと1冊ネコ特集 売り切れ続出した前回よりパワーアップ
岩合光昭さん撮影のネコちゃんが表紙です。(2018/12/17)

KDDI、「ブックパス」で300誌以上が読み放題の「マガジンコース」を提供
KDDIの電子書籍ストア「ブックパス」に週刊誌やファッション誌、専門誌まで幅広くカバーする12ジャンル300誌以上が対象の「ブックパス 読み放題プラン マガジンコース」が登場。利用料金は月額380円(税別)で、2019年7月分までの情報料が半額になるキャンペーンも行う。(2018/12/5)

『ファイアパンチ』の藤本タツキさん、『週刊少年ジャンプ』1号から新連載
ダークヒーローアクション『チェンソーマン』がスタートします。(2018/11/26)

『進撃の巨人』、作者がデビュー前に『週刊少年マガジン』に持ち込んだバージョンが期間限定公開
漫画投稿サイト「マガジンデビュー!」で、貴重な原稿が。(2018/11/5)

『Dr.スランプ』で「マシリト」と呼ばれた男・鳥嶋和彦の仕事哲学【後編】:
「最近の若い奴は」と言う管理職は仕事をしていない――『ジャンプ』伝説の編集長が考える組織論
『ドラゴンボール』の作者・鳥山明を発掘したのは『週刊少年ジャンプ』の元編集長である鳥嶋和彦さんだ。漫画界で“伝説の編集者”と呼ばれる鳥嶋さん。今回は白泉社の社長としていかなる人材育成をしてきたのかを聞き、鳥嶋さんの組織論に迫った。(2018/10/30)

『Dr.スランプ』で「マシリト」と呼ばれた男・鳥嶋和彦の仕事哲学【中編】:
『ジャンプ』伝説の編集長は『ドラゴンボール』をいかにして生み出したのか
『ドラゴンボール』の作者・鳥山明を発掘したのは『週刊少年ジャンプ』の元編集長である鳥嶋和彦さんだ。『ドラゴンクエスト』の堀井雄二さんをライターからゲームの世界に送り出すなど、漫画界で“伝説の編集者”と呼ばれる鳥嶋さん。今回は『ドラゴンボール』がいかにして生まれたのかをお届けする。(2018/10/29)

『Dr.スランプ』で「マシリト」と呼ばれた男・鳥嶋和彦の仕事哲学【前編】:
ドラゴンボールの生みの親 『ジャンプ』伝説の編集長が語る「嫌いな仕事で結果を出す方法」
『ドラゴンボール』の作者・鳥山明を発掘したのは『週刊少年ジャンプ』の元編集長・鳥嶋和彦さんだ。『ドラゴンクエスト』の堀井雄二さんをライターからゲームの世界に送り出すなど、「伝説」を残してきた鳥嶋さんだが、入社当時は漫画を一切読んだことがなく『ジャンプ』も大嫌いだった。自分のやりたくない仕事で、いかにして結果を出してきたのか。(2018/10/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。