ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「警察」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

弟から上等な小麦粉をもらったが…… 不穏な渡し方が「ユーモアのセンスw」「おまわりさんこっち」と話題
だって、よりによってアタッシェケースで運ぶんだもの……。(2024/2/15)

iPhone詐取疑い、携帯販売代理店元社員ら逮捕 2600台を虚偽発注か
携帯電話の販売代理店から大量のiPhoneをだまし取ったとして、警視庁捜査2課が詐欺容疑で、同社元社員、本多亮太容疑者(44)=千葉県習志野市=と警備会社元社員、伊藤義郎容疑者(51)=神奈川県座間市=を逮捕した。捜査2課は、認否を明らかにしていない。(2024/2/13)

焼肉きんぐの会員ランク、「なんで警察なんですか」 SNSで注目の疑問、運営元に聞いてみた
最高ランクは「警視総監」。(2024/2/10)

名刺管理「Sansan」不正アクセスし閲覧 容疑の不動産販売会社員の男逮捕 営業に利用目的か
法人向け名刺管理システム「Sansan」の運営会社社員になりすまし、利用者からIDとパスワードを入手してシステムに不正アクセスしたとして、警視庁サイバー犯罪対策課は不正アクセス禁止法違反の疑いで、不動産販売会社「GRANDCITY」社員、片岡和真容疑者(37)=東京都台東区小島=を逮捕した。容疑を否認している。(2024/2/9)

警察庁にサイバー専門の“特捜部” 国際協力強化へ、人員・肩書もアップ
捜査に国際協力が欠かせない中、体制強化だけでなく、各国捜査機関と格を合わせる狙いもある。(2024/2/9)

突然終了の腕時計シェアリングサービス「トケマッチ」 業界団体が運営企業を退会処分、利用者向けに警察相談のための資料を公開
シェアリングサービスの業界団体「シェアリングエコノミー協会」は「時計オーナーへ返却されないリスクが高い」としています。(2024/2/8)

警察庁にサイバー専門の特捜部 国際協力強化へ、人員・肩書もアップ
警察庁にサイバー犯罪専門の特捜部が誕生する。正式名称は、サイバー特別捜査部。(2024/2/8)

ベビーカーの2歳息子、横断歩道でビシッと“手挙げ”→渡った先にいたおまわりさんには……? 驚きの行動に「何歳ですか!?」
おまわりさんも笑顔でほっこり!(2024/2/6)

Gmailへの一括送信、2月から厳格化 「メールけいしちょう」一時停止など多方面に影響
米Googleが2月から、Gmailアカウントへの大量送信ルールを厳格化。警視庁の防犯情報メール「メールけいしちょう」が一時的にGmailへの配信を停止するなど影響。(2024/2/5)

柚月裕子の警察小説『朽ちないサクラ』、杉咲花主演で実写映画化 6月21日から劇場公開
3月には主演映画「52ヘルツのクジラたち」が公開の杉咲さん。主演映画が続く。(2024/2/3)

人気ローカル線で「ヘッドマーク」が勝手に外される“迷惑行為” すでに発見も……「警察に届を提出」
留置中の車両で起きた事件でした。(2024/1/28)

アイドルへのプレゼントに“連絡先”→注意も逆ギレの客「警察呼ぶ」 出禁決まるまでのいきさつ公表し運営が謝罪
プレゼントに関するルールは、メンバーを守るために継続するとのこと。(2024/1/23)

四国ガス、元社員がガス料金を150万円着服 元社員を懲戒解雇…… 「信頼を大きく損なう事態」と謝罪
刑事告訴を含め警察と弁護士に相談しているということです。(2024/1/23)

「BreakingDown」久保田覚、宿泊先に警察登場→外出先まで追跡「4ね!」 後の説明では「中でくたばってんじゃねぇかって心配して」
ホテルフロントの電話に出ず、スタッフが警察に通報したとのこと。(2024/1/23)

警視庁が教える「タオル抱っこひもの作り方」を現役ママが試してみた! “もしも”に備える有益解説が75万再生
覚えておきたい。(2024/1/13)

フィッシングによる不正送金被害が過去最多 金融庁と警察庁が注意喚起
金融庁と警察庁は25日、フィッシングとみられる手口によってネットバンキングのIDとパスワードが盗まれ、預金を不正に送金される被害が広がっているとして連名で注意喚起した。(2023/12/26)

被害の9割が「Appleギフトカード」 電子マネーだまし取る特殊詐欺が過去最多 
全国の警察で2023年1〜11月に認知した特殊詐欺被害のうち、電子マネーを購入させてだまし取る手口が過去最多となったことが、警察庁のまとめで分かった。(2023/12/25)

寒い冬に手を冷やさず米を洗うには……? 警視庁が教える“米研ぎライフハック”に反響「この手があったか」
持っている方はぜひ試してみてください!(2023/12/23)

ランボルギーニ、スーパーSUV「ウルス」をイタリア警察に納品 ハイパフォーマンスモデルをカスタムした特別モデル
臓器の輸送など医療に関する任務に就きます。(2023/12/21)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(92):
警察庁公開の情報を基に、ランサムウェアの現状を把握する
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。今回は、警察庁が年2回公表している、サイバー脅威全般がまとめられている報告書について考察したいと思います。(2023/12/21)

人気モデル手がけるブランドの「未発売品」メルカリに出品か SNSで情報拡散……「法的手段を検討中」
「警察も含め法的手段を検討中」。(2023/12/15)

警視庁が紹介する“タオルの便利なたたみ方”が参考になる 簡単なのにコンパクトに収納できるライフハックが「これは便利」と話題
非常時にも役立ちそう。(2023/12/13)

12歳の少年が盗んだ重機で走り出す 約10台のクルマを巻き込みながら市街地を暴走 米警察が逃走劇の一部を公開
車内に隠されていたキーを使って盗んだそうです。(2023/12/10)

中国籍の男、アルプスアルパインの営業秘密持ち出し 警視庁公安部が容疑で逮捕
電子部品大手「アルプスアルパイン」(東京都大田区)の車載電装機器に関する営業秘密を不正に持ち出したとして、警視庁公安部は5日、不正競争防止法違反(営業秘密領得)容疑で、中国籍の会社員、張天文容疑者(32)=宇都宮市石井町=を逮捕した。公安部は認否を明らかにしていない。(2023/12/5)

「身に覚えのない高額な請求をされた」「風俗店で働かされそうになった」 悪質なホストクラブなどのトラブルに東京都が注意喚起
困った時は警察や消費者ホットラインなどに相談するよう呼び掛けています。(2023/12/4)

外国人向けの身分証「偽造工場」を摘発、マイナンバーカードも 警視庁
外国人向けにマイナンバーカードを偽造したなどとして、警視庁国際犯罪対策課が、入管難民法違反の疑いで、中国籍の無職、周桜?容疑者を逮捕した。調べに対し、容疑を認めているという。(2023/12/4)

小林礼奈、誹謗中傷被害で警察へ “ヤバすぎる書き込み1位”に「酷すぎる」「傷付くとかのレベルじゃない」の声
一線を超えた書き込みを公開。(2023/12/3)

匿名システム使い侵入、取引先に中傷メール… 元勤務先に不正アクセス容疑で逮捕、男が残した”痕跡”
「会社に恨みがあった」。以前勤務していた会社のシステムに侵入し、取引先に誹謗(ひぼう)中傷を流布していた男が、警視庁に逮捕された。職場でトラブルを抱え、自主退職させられた男は、匿名通信システムなども駆使し、憂さを晴らしていたという。隠微な復讐が明るみに出た理由は、不正アクセスの際に残された「痕跡」だった。(2023/11/27)

個人情報書かれたふせんを窃取か パスポートセンター勤務の中国籍女を書類送検 約2000人分持ち出しか
勤務していた東京都豊島区の池袋パスポートセンターで、個人情報が書かれたふせん紙を盗んだとして、警視庁公安部は11月24日が、窃盗容疑で、中野区に住む中国籍の女(52)を書類送検した。(2023/11/27)

SMILE-UP.、所属タレントの「個人情報」「盗撮写真」売買目的のSNS投稿をやめるよう呼びかけ 「法的措置も視野に」
状況に応じて警察機関に相談することもあるとしています。(2023/11/26)

「寒さで手がかじかむ」 解決するには……? 警視庁が教える“ライフハック”に反響「良いこと知った」
これからの時期に役立つかも。(2023/11/25)

この頃、セキュリティ界隈で:
「AirTag」に車の盗難防止効果を期待、米警察が現地住民に無料配布 カナダではBMWを取り戻した例も
米首都ワシントンやニューヨーク市の警察が、車の盗難防止対策としてAppleの紛失防止タグ「AirTag」を住民に無料で配布している。米国では車の盗難が急増し、警察や自治体が対応を模索していた。(2023/11/24)

「糸を引いていた」とSNSで報告のマフィン、販売店は閉業で営業再開の予定なし SNS削除後Webサイトで対応説明
保健所と警察の指導に従って対応すると説明しています。(2023/11/22)

私人逮捕系YouTuber「ガッツch」の今野蓮容疑者を覚醒剤取締法違反容疑で逮捕 警視庁
警視庁薬物銃器対策課が、覚醒剤取締法違反の疑いでYouTuberの中島蓮こと今野蓮容疑者(30)と、奥村路丈容疑者(28)を逮捕した。(2023/11/20)

左ハンドルの2人乗りオープンカー買った→予想外すぎる車種にツッコミ殺到 珍車すぎて警察も困惑
間違ってはいないけど……!(2023/11/18)

英アイスホッケーの試合中事故死でついに逮捕者 29歳米選手死去に際し、現地警察は過失致死の疑いで男性を逮捕
お悔やみ申し上げます。(2023/11/15)

“私人逮捕系YouTuber"「煉獄コロアキ」の関係先捜索 女性の名誉毀損疑い 警視庁
投稿動画で女性の名誉を傷付けたとして、警視庁生活安全特別捜査隊が、「煉獄(れんごく)コロアキ」と名乗って活動していた男性YouTuberの関係先を名誉毀損(きそん)の疑いで家宅捜索した。捜査関係者への取材で分かった。警視庁は男性から任意で事情を聴いている。(2023/11/13)

夜中にいきなり「全て失う覚悟はあるか?」と謎の注意喚起 メッセージの意図を福岡県警に聞いた
夜中にいきなり「全て失う覚悟はあるか?」の道路情報板(2023/11/12)

ソフトバンクの事業かたり12億円詐取 容疑で元部長ら逮捕
 ソフトバンクのシステム更新をかたり、架空の投資話で現金12億円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は8日、詐欺容疑で、風俗店従業員、森田真伍容疑者(41)とソフトバンクの元デジタルトランスフォーメーション統括部長、清水亮容疑者(47)、同社元課長の枡田健吾容疑者(42)を逮捕した。捜査2課は認否を明らかにしていない。(2023/11/9)

赤羽署の架空請求対策がアタマいい? コンビニに「未納料金支払いの方はお持ちください」カード設置 実施の経緯を聞いた
警視庁赤羽警察署が実施している架空請求詐欺対策がユニークな一手として話題に。同署に実施の経緯を聞いた。(2023/11/8)

横浜市の警察学校食堂で31人が食中毒 給食事業大手・コンパスグループが施設の営業禁止処分受ける
下痢や腹痛を引き起こすウェルシュ菌が検出される。(2023/11/4)

大量のポイフルを色ごとに分けたら→警察の押収品みたいに! 「末端価格いくらなんだ?」「お巡りさんこの人です」とネットざわつく
合法だしおいしい。(2023/10/29)

半径300メートルのIT:
警察庁が言う“ノーウェアランサム”とは何か? 新たな攻撃が生まれた背景を探る
警察庁が最近公開したレポートである言葉がちょっとした話題になりました。それは「ノーウェアランサム」。一体どういった攻撃手法なのでしょうか。(2023/10/24)

スマホライトで「SOS」のモールス信号を伝える方法を警視庁が紹介 「練習する」「子どもにも教えた」
使う機会が訪れないでほしいところではあります。(2023/10/22)

警視庁が教える衣類のたたみ方に「これは便利」と注目 簡単なのに「かた崩れ防止」「シワ予防」にもなるだと……!
1分もかからずに折りたためます。(2023/10/11)

サイバー犯罪対策「一人一人がセキュリティー意識を」 警視庁・田中俊恵副総監インタビュー
身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」の被害が後を絶たないことに加え、全国のインターネットバンキングで不正に口座から預金が引き出される被害など、深刻化するサイバー空間への対処について語った。(2023/10/10)

中国から不正アクセス 国内トップ企業のガラス技術を持ち出しか 容疑で兵庫の夫婦を逮捕
ガラス容器製造会社「日本山村硝子」のガラス瓶製造技術に関する営業秘密を持ち出したなどとして、兵庫県警生活経済課などが、不正競争防止法違反(営業秘密領得)の疑いで元社員らを逮捕した。いずれも容疑を否認している。(2023/10/6)

「BreakingDown」出場の元プロボクサー、小学生娘が“髪のブリーチ”許されず憤慨 「ブラック校則ですよね?」「警察に相談しようかな」
「先生方も教育委員会の方も話にならない」(2023/10/5)

半径300メートルのIT:
警察庁が名指しで注意喚起 高い技術力を持つBlackTechにどう対処する?
中国が支援する脅威グループBlackTechについて、日米政府機関が合同で注意喚起を発表しました。なかなか大事のように思えますが、企業または個人にはどのような影響があるのでしょうか。(2023/10/3)

「お姉さん、出てます」 カバンから長い黒髪がっ……!? 警察とのやりとりが「じわじわ笑える」と注目
貞子が中に……?(2023/9/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。