ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「警察」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ソフトバンク元社員が情報漏えいで逮捕 「機密性の高い情報は含まれない」
1月25日、ソフトバンク元社員の荒木豊容疑者が、警視庁に不正競争防止法違反の容疑で逮捕された。荒木容疑者は、ソフトバンクの作業文書等を無断で社外に持ち出していた。持ち出された文書は機密性が低く、ユーザーの個人情報は含まれないという。(2020/1/25)

HDD転売の元ブロードリンク社員を再逮捕 約3年で2000万円を得た可能性も
神奈川県の行政文書を保存したHDDが流出した問題に関連し、警視庁捜査3課はブロードリンク元社員の高橋雄一被告を窃盗容疑で再逮捕した。(2020/1/23)

空自元幹部、防衛上の機密情報を漏えいした疑いで逮捕 USBメモリで譲り渡す
警視庁は航空自衛隊元幹部を、防衛に関する機密情報を漏えいしたとして逮捕した。情報をUSBメモリに記録して国内の商社に譲り渡したとされているが、元幹部は容疑を否認している。(2020/1/20)

千葉・船橋 ヤマト運輸かたる電話に注意 「伝票濡れて読めない」個人情報聞き出す
運送会社の「ヤマト運輸」を名乗り、電話で「伝票がぬれて読めない」といって個人情報を聞き出す詐欺の電話が千葉県船橋市を中心に増えている。千葉県警は「個人情報を聞き出す電話は詐欺。電話を切って警察に通報してほしい」と注意を呼びかけている。(2020/1/11)

発見したら警察とジェーシービーへ連絡を:
JCBギフトカードで「偽造券」の流通が発覚 「精巧なデザイン」の見分け方は?
JCBギフトカードの偽造が発覚した。加盟店のいくつかで1000円券の偽造券が見つかったという。ジェーシービーは公式Webサイト上で偽造券のチェックポイントを告知。発見した場合には警察への通報とジェーシービーへの連絡を呼び掛けている。過去にもこうした偽造券はいくつか起こっている。(2020/1/10)

「警察24時みたい」「ネズミのガチ感」 ドリフト暴走車両をパトカーがツインドリで猛追!? ラジコンカーを使った大人の遊びが本気すぎて笑える
パトカーの再現度すごい。(2019/12/23)

劇場版「騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー」2020年2月8日公開 新ヒーローも登場
快盗と警察と騎士がそろい踏み。(2019/12/21)

“サポカー限定免許”導入へ 事故歴のある高齢者には免許更新時に実車試験も
警視庁の有識者分科会は高齢運転者の事故防止対策として、安全運転サポート車のみの運転を認める限定免許制度や、事故歴や特定の違反歴がある高齢者を対象にに免許更新時の実車試験を導入する方針を示した。(2019/12/20)

オンラインゲームで長文を数万回投稿した高校生を書類送検 「勝てなかったので、腹いせでやった」
宮城県警は、オンラインゲーム上で迷惑行為を繰り返したとして千葉県の高校生を書類送検した。生徒は容疑を認め、「ゲームで勝てなかったので、腹いせでやった」と供述している。(2019/12/12)

出品7800個のうち3900個が記憶媒体 ネットオークションに 神奈川個人情報流出
 神奈川県の行政文書を保存したハードディスク(HDD)がインターネットオークションで売られ、個人の納税情報などが流出した問題で、廃棄を請け負った「ブロードリンク」(東京都中央区)から別のHDDを盗んだとして警視庁捜査3課に窃盗容疑で逮捕された同社元社員、高橋雄一容疑者(51)=横浜市旭区都岡町=が平成28年2月の入社後、オークションに7844個を出品していたことが9日、分かった。このうち、HDDなどの記憶媒体は3904個に上ったという。(2019/12/9)

世界最強パトカー軍団に仲間入り ドバイ警察、テスラ新型EV「Cybertruck」をパトカーに採用、2020年導入を発表
スーパーカーだらけのドバイ警察に、またとんでもないクルマが登場。(2019/12/2)

漫画で防犯呼びかけ 神奈川県警、Twitterのフォロワー数倍増ねらい 「若者が読んで祖父母世代に伝えて」
 防犯情報を効果的に発信しようと、神奈川県警では現在、生活安全総務課犯罪抑止対策室の公式ツイッターで防犯をテーマとして企画された「防犯漫画」を連載している。(2019/11/29)

チケット不正転売禁止法で初逮捕 野球チケット高額転売の疑い
プロ野球のチケットをインターネットで高額転売したとして、警視庁はチケット不正転売禁止法違反の疑いで、東京都北区の男を逮捕。同法違反容疑での逮捕は全国初。(2019/11/28)

勤務先PCの全データを消去 元システム管理者の男を逮捕 「社長や会社の対応に不満があった」
元勤務先のPC内のデータを全て消去したとして、千葉県警サイバー犯罪対策課が元システム管理者の男を逮捕した。「社長や会社の対応に不満があり、会社の業務を妨害した」と容疑を認めているという。(2019/11/26)

JDI経理幹部が5.8億円着服していた 取引のない会社へ架空の入金
ジャパンディスプレイは同社の元経理担当幹部について、会社の資金を着服したとして警視庁へ刑事告訴していた。元幹部は取引実体のない会社に架空の入金を行うなどして約5億7800万円を着服していた。(2019/11/22)

ドローン無許可飛行 17歳の少年を家裁に書類送検
東京都足立区の公園で無許可でドローンを飛ばしたとして、警視庁は17歳の少年を東京家裁に書類送致した。少年は「飛ばしてはいけないとは知らなかった」などと容疑を認めている。(2019/11/21)

大阪「なんばCITY」1階で自転車集団が暴走する動画が拡散 施設側は「憤りを覚えており、警察に相談する予定」
暴走を行った集団のTwitterアカウントは14日に謝罪ツイートを投稿しています。(2019/11/14)

「池袋暴走」後、免許返納が急増 高齢ドライバー対策に「限定免許」検討も
池袋の車両暴走事故が発生した今年4月以降、東京都内で運転免許証を自主返納するドライバーが急増している。9割超が65歳以上の高齢者で、警視庁は「事故を契機に安全運転の意識が高まっている」と分析。運転できる条件を安全機能搭載車などとする限定免許の導入も検討されており、高齢ドライバー対策は大きな転換点を迎えている。(2019/11/13)

吉岡里帆、「時効警察」“ゾンビ演技”の練習動画がホラーかわいい 「噛まれても許す」と感染希望者が殺到する
パンデミック待ったなし。(2019/11/11)

居酒屋無断キャンセル、業務妨害容疑で59歳男を逮捕 警視庁
 居酒屋に偽名を使って電話予約し、無断でキャンセルしたとして、警視庁丸の内署は11日、偽計業務妨害容疑で、東京都葛飾区新宿、職業不詳、小林恒夫容疑者(59)を逮捕した。調べに対し、「電話はしたが、予約はしていない」と否認している。(2019/11/11)

橋本環奈、「警視庁いきもの係」メンバーで横山だいすけの結婚祝福 三浦翔平、石川恋、清原翔が集結
懐かしいメンバーだ!(2019/11/11)

デザインの力で子どもたちを守りたい 「肩にかけるおまわりさん」コンセプトのトートバッグがTwitterで話題に
悲しい事故を少しでも減らしたいという願いが詰まってます。(2019/11/8)

天皇即位祝賀パレード、沿道に観覧ブース 警視庁Twitterで混雑状況を発信
交通規制も実施。(2019/11/6)

Twitterで“闇バイト”に応募する少年が続出 警察「タップ1秒 悔い一生」と注意
 TwitterなどのSNSで高額報酬をうたい、違法行為に加担させる「闇バイト」に応募する少年が増加している。実際に現金やクレジットカードの受け渡しを担当する「受け子」応募した結果、詐欺グループに脅され、やめたくてもやめられないこともある。(2019/11/6)

「剛力彩芽かと」「インスタフォローしてたっけ?」 磯村勇斗、「時効警察」で見せた女性警官コスプレに見間違える人続出
あと、純粋に似合ってる。(2019/10/27)

吉岡里帆、「時効警察」ファンからの辛辣メッセージに返信 心ない言葉にも「どうか想いが伝わりますように」
吉岡さん「心を込めて作品に参加させて頂いています」。(2019/10/26)

マクドナルド社員逮捕 7億円横領か 「FXに使った」 警視庁
 勤務先の日本マクドナルド(東京都新宿区)から現金3千万円を横領したとして、警視庁新宿署は、業務上横領の疑いで、東京都杉並区、同社社員、西町崇容疑者(38)を再逮捕した。調べに対し「FX投資に使った。借金があった」と容疑を認めている。(2019/10/25)

シャープ、警察にアドバイス受けた防犯機能付き電話機開発 「着信前に警告」「ワンボタンで通話拒否」
11月14日発売。(2019/10/25)

「まだ結婚できない男」阿部寛が婚活アプリで女性と出会う? 「メンズノンノ」時代を思わせるヤバいファッション、細かい桑野ネタにニヤニヤ
いきなり警察に逮捕される桑野(阿部寛)。(2019/10/22)

ドイツでは金色のクルマは違法!? ド派手な金箔仕様「ポルシェ・パナメーラ」を警察が検挙、過去には金色のランボルギーニも
「まぶしいから他のドライバーに迷惑」だとか……。(2019/10/20)

おまわりさん、そのパンツ一丁の人は「僕達の大学の先生です」 元・京大生への取材から生まれた漫画「数字であそぼ。」作者インタビュー
濃いキャラばかりなのに、リアルと評判のコメディー作品。(2019/12/10)

「怪盗ブルーキャット、逮捕でありま〜す!」 「映画スター☆トゥインクルプリキュア」オリジナルキャラ、連動企画でテレビに登場
知念里奈さん演じる犬のお巡りさんが、映画より早くゲスト出演するぞ。(2019/10/6)

「これはヒアリかもしれません」 青い鳥文庫「ドジ魔女ヒアリ」にヒアリ警察が反応、Twitterに衝撃広がる
作者の倉橋燿子さんによると、「電子書籍化大急ぎで進めています!」とのことです。(2019/10/5)

スマホ映像110番、初動に効果 兵庫県警
 兵庫県警は、事故や火災現場の様子を110番の通報者にスマートフォンのビデオ通話で撮影してもらい、警察が現場の状況をライブ中継で把握できる通報システム「Live110(ライブ・イチ・イチ・マル)(仮称)」の実証実験を終えた。約3週間におよぶ実験の結果、警察官の臨場前に事故の様子などを詳しく把握することができ、的確な人員配置など迅速な初動につながると判断。来春からの本格導入を前向きに検討している。(2019/10/3)

「決してそのような行為は、致しておりません」 堀ちえみが夫の飲酒運転疑惑について否定、警察に相談も
ブログに投稿した記事が誤解を呼んだようです。(2019/10/3)

ビットコインだまし取る 「かけ子」の男3人再逮捕 神奈川県警
仮想通貨売買ソフトの購入に絡む名義貸しのトラブル解決金名目で約1000万円相当のビットコインをだまし取ったとして、神奈川県警特殊詐欺対策室は2日、詐欺の疑いで、東京都練馬区の職業不詳、牧野祐貴容疑者(24)=別の詐欺容疑で逮捕、処分保留=ら男3人を再逮捕した。認否を明らかにしていない。(2019/10/3)

『名探偵コナン』警察学校組のスピンオフが連載開始 青春すぎてまぶしい完全新作ストーリー
松田の声が聴ける告知PVも公開中!(2019/10/2)

「ヤバT」こやまたくや、行方不明の祖母が逝去 警察から連絡あり「家族が確認したところ、本人でした」
ご冥福をお祈りいたします。(2019/10/2)

香港で警官に撃たれた高校生、無事に手術を終えたと現地メディア 警察は正当防衛を強調
混乱が続いています。(2019/10/2)

特殊詐欺に使われた固定電話番号を利用停止に 警察と通信事業者が連携
総務省が、特殊詐欺に使われた固定電話番号を利用停止にする取り組みを始める。(2019/9/27)

これがパトカーや消防車の“中身” 警察やレスキュー隊の間で装備品を並べる「テトリスチャレンジ」が流行
整列が美しい。(2019/9/27)

警察によるAI活用の今
踊るAI大捜査線 事件はAIが解決する
多種多様な分析、機械学習、自然言語処理といったAIテクノロジーが警察で使われている。顔認識ツールや自動文字起こしツールがその例だ。どのように使っているのか。(2019/9/26)

「漫画村」元運営者・星野路実容疑者を逮捕、福岡県警など NHK報道
「漫画村」の元運営者、星野路実(ロミ)容疑者が9月24日、著作権法違反の疑いで福岡県警などに逮捕された。NHKなどが報じた。(2019/9/24)

「漫画村」元運営者・星野ロミ容疑者、日本に強制送還 NHKなど報道
フィリピン入国管理局が「漫画村」の元運営者、星野ロミ容疑者を日本へ強制送還するために移送を始めた。NHKなどが報じた。移送後、福岡県警などが著作権法違反の疑いで逮捕する方針という。(2019/9/24)

「万引き犯への温情は無用」「こんなヤツには注意する」 万引きGメンに聞く、よくある手口と捕まえ方
「子どもであろうと、金額が少なかろうと、必ず警察に引き渡します」(2019/9/21)

京アニ放火 警察の遺族意向確認に疑問も 事件2カ月
京アニの第1スタジオで35人が命を落とした放火殺人事件から18日で2カ月となる。この間、京都府警は、犠牲者の実名を公表する一方、取材可否など遺族の意向確認を取り仕切った。府警の発表と実際の遺族の意向が食い違うケースもあり、専門家は府警の対応に不手際があったか検証する上で取材の意向確認は問題があると指摘している。(2019/9/18)

「ラブライブ!」キャラクタの裸体印刷、抱き枕カバー販売 容疑の50歳男逮捕
「ラブライブ!サンシャイン!!」の登場キャラクターの裸体が印刷された抱き枕カバーを販売したとして、茨城県警は12日、著作権法違反容疑で、千葉県市川市原木の会社員、池上賢一容疑者(50)を逮捕した。容疑を否認している。(2019/9/13)

ラグビーW杯でドローン監視 警視庁、車両突入の対策強化
20日に開幕するラグビーワールドカップ日本大会に向け、警視庁は9日、開幕戦などが実施される「味の素スタジアム」周辺で車両突入対策を強化し、ドローン監視を実施すると明らかにした。(2019/9/10)

クラウド型防犯カメラを搭載した「まちを見守る自販機」、NECとアサヒ飲料が開発 映像を遠隔地から確認可能
NECとアサヒ飲料が上部に監視カメラを搭載した自動販売機を共同開発した。カメラに通信機器が付属し、撮影した映像をクラウド上に送信・保管する仕組み。設置場所付近でトラブルが起きた際に、警察などが映像を遠隔地から確認できるのが特徴。(2019/8/30)

相次ぐ無線音声のネット公開 電波法への意識低く
警視庁の警察無線とみられる音声が動画公開サイト「ユーチューブ」に投稿された問題では、現職警察官だった男性によって録音された音源が複数の転売を経て公開された構図が明らかになった。電波法は無線通信の内容漏洩を禁じているが、インターネット上には無線とみられる音声の公開事例が目立ち、一部の無線愛好家のモラルを懸念する声も上がっている。(2019/8/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。