ニュース
» 2009年04月17日 08時35分 UPDATE

Googleの成長に急ブレーキ 売上高の伸びが1けたに

Googleの第1四半期業績は広告クリックが増え、増益復帰したものの、2けただった成長ペースに急ブレーキが掛かった。

[ITmedia]

 米Googleは4月16日、2009年第1四半期の決算を報告した。これまで2けたペースで売上高を伸ばしてきた同社だが、成長率の鈍化が顕著になった。

 同四半期の売上高は55億1000万ドルと、前年同期から6%増えた。前期比では初めてマイナスとなり、3%減となっている。純利益は前年同期比8.4%増の14億2000万ドル。減益となった前期と比べ回復している。1株利益は4.49ドル。

 Googleの売上高の対前年伸び率は2008年第1四半期が42%、以降39%増、31%増、18%増と次第に伸びが鈍っていた。今回は6%増の1けた成長となり、大幅な減速となった。

 Google直営サイトの売上高は前年同期比9%増の37億ドルで、総売上高の67%を占めた。パートナーサイトでの売上高は同3%減の16億4000万ドル。米国からの売上高は28億8000万ドルで52%を占める。

 直営サイトおよびパートナーサイトに掲載した広告のクリックは前年同期から17%増えた。トラフィック獲得コスト(TAC)は14億4000万ドルで、広告収入の27%に上った。

 Googleのエリック・シュミットCEOは、「不況の深刻さを考えると、好調な四半期だった。売上高は前期比では減少したが、検索クエリーが伸び続けたことで前年同期比では6%増加した」と述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -