ニュース
» 2009年04月24日 15時48分 UPDATE

Apple、物議醸したiPhoneアプリについて謝罪

Appleが「赤ちゃんを振る」iPhoneアプリについて、App Storeでの販売を許可したことを謝罪した。

[Nicholas Kolakowski,eWEEK]
eWEEK

 米Appleは、物議を醸した「Baby Shaker」アプリをApp Storeから削除した翌日、謝罪した。このアプリはiPhoneを使ってバーチャルな赤ちゃんを「振る」ことができるというものだ。

 「このアプリケーションは不快感を起こさせるものであり、App Storeでの販売を許可するべきではなかった」とAppleの広報担当ナタリー・ケリス氏は4月23日の発表文で述べている。「間違いに気付いて、すぐにこのアプリケーションを削除した。ミスを心から謝罪し、この件を知らせてくれた顧客に感謝する」

 AppleがBaby ShakerをApp Storeから削除した後も、同社の謝罪を求める声はやまなかった。このアプリケーションは4月20日に公開され、99セントで販売された。

 Appleは以前にもiPhoneアプリを削除したことがあり、たいていは削除の理由を説明していた。iPhone SDKの利用規約には、「アプリケーションにはわいせつな内容、ポルノ、人を不快にさせたり中傷するコンテンツを含めてはいけない」と記されている。

 Baby Shakerを開発したSikalosoftは、ほかにも、写真を黒と白のモザイク模様に変換する「Dice Mosaic」というアプリケーションをiPhone向けに提供している。

 Appleはこれまでにも、ナイフを振りかざすアプリ「Slasher」など性的あるいは暴力的な内容を含むアプリケーションを削除しているが、App Storeにはまだ、性的にきわどい、あるいは陰惨と言えそうなゲームも多く残っている。

 App Storeで提供されているアプリケーションは現在およそ2万5000種で、2008年7月のオープン以来、約10億のアプリケーションがダウンロードされた。特に人気の高い無料アプリにはFacebook for iPhoneやGoogle Earthなどがある。

 SAPやSalesforce.comなどの企業のアプリも登場し、iPhoneをより堅固な企業向けのデバイスにしている。

 Appleは4月22日、年末商戦を過ぎた1〜3月期に、過去最高の業績を上げた。同四半期のMacの出荷台数は220万台、iPodは1101万台、iPhoneは370万台だった。

関連キーワード

Apple | iPhone | App Store | 謝罪 | iPhoneアプリ


原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -