ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年05月12日 12時24分 UPDATE

Microsoft、今度はiTunes Storeの価格を攻撃する広告

Microsoftは、120Gバイトの音楽プレーヤーいっぱいに楽曲を入れるとiTunes Storeでは3万ドル掛かると主張し、Zune Passを勧めている。

[ITmedia]

 Macの価格の高さを強調するCMを打ち出してきたMicrosoftが、今度はiTunes Storeの価格を攻撃する新たな広告を展開している。

 Zune Passサイトで公開されている新CMは、「ファイナンシャルプランナーのウェス・モス」が主人公。Microsoftの音楽サービスZune PassとAppleのiTunes Storeの価格を比較している。

 モスは、120Gバイトの音楽プレーヤーいっぱいに楽曲を入れる場合、iTunes Storeでは3万ドル掛かるとし、月額14.99ドルで無制限ダウンロードできるZune Passのような会員制音楽サービスを検討するよう勧めている。

ah_wesmos2.jpg

 ただし、iTunes Storeでは購入した楽曲を自分の手元に残せるが、Zune Passではサービスを解約するとダウンロードした楽曲の多くを利用できなくなる(1カ月に10曲までなら手元に残すことができる)。

ah_wesmos3.jpg iTunes Storeで使った金額を計算するツールも

関連キーワード

Microsoft | Zune | iTunes Store | CM | 広告 | 音楽配信


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.