ニュース
» 2009年05月27日 08時37分 UPDATE

Lenovo、「NVIDIA ION」も選べる12インチミニノートを発表

Lenovo初の12インチミニノートPCはフルサイズキーボードを搭載し、顔認識技術を備える。オプションでNVIDIAのグラフィックスプラットフォーム「ION」も選べる。

[ITmedia]

 Lenovo Groupは5月26日、ミニノートPCの新機種など新しいPC製品を発表した。

 同社がこの日発表したのはミニノートPC「IdeaPad S12」、ノートPC「IdeaPad U350」「Lenovo G550」、オールインワンデスクトップPC「IdeaCentre C300」。

 IdeaPad S12は、Lenovoでは初の12インチNetbook。12.1インチディスプレイとフルサイズキーボードを搭載し、重さは1.4キロ(3セルバッテリー搭載時)。Atomプロセッサ、最大1Gバイトのメモリ、最大160GバイトのHDDを搭載し、グラフィックス技術はNVIDIAの「ION」を選択可能。バッテリー駆動時間は6セルバッテリー使用時で6時間。

ah_s12.jpg

 データリカバリ機能「OneKey Rescue System」、顔認識技術「VeriFace」も備え、価格は449ドルからで、6月発売予定。ただし、IONモデルは今夏中の発売となる。

 U350は、厚さ2.5センチ、重さ1.6キロの薄型軽量モデル。13.3インチディスプレイを搭載し、CPUはCore 2 Soloや省電力版Pentiumなどから選択できる。周りの環境に合わせてディスプレイの明るさを調整する「Ambient Light Sensor」、サラウンドサウンド技術「Dolby Sound Room」、OneKey Rescue System、VeriFaceなども備え、価格は649ドルからで7月発売予定。

ah_u350.jpg

 G550は15.6インチディスプレイを搭載した企業向けモデル。キーボードにはテンキーも付いている。Centrino 2搭載で、NVIDIAのグラフィックス技術も選択可能。価格は599ドルからで、6月に発売。

ah_g550.jpg

 C300は20インチのディスプレイを搭載したオールインワンモデルで、Atomプロセッサ、Wi-Fi、ビデオカメラを搭載する。449ドルからで、7月に発売される。

ah_c300.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -