ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年05月29日 14時11分 UPDATE

企業の買い控えの影響:Dell、景気低迷で純利益63%減

企業のIT投資先送りの影響を受け、ビジネス部門の売上高が30%減少。コンシューマ向け出荷台数は増加したが売上高は11%減だった。

[ITmedia]

 米Dellが5月28日発表した第1四半期(2〜4月期)決算は、売上高は前年同期比23%減の123億ドル、純利益は同63%減の2億9000万ドル(1株当たり15セント)だった。純利益には、事業再編成や人員削減関連のコスト1億8500万ドルなどの影響が反映されている。

 営業利益は54%減の4億1400万ドル、利益率は前年同期の18.4%を下回って17.6%だった。

 売上高を部門別に見ると、ラージエンタープライズ部門は前年同期比31%減の34億ドル、中小企業部門は30%減の30億ドル、公共機関部門は同11%減の32億ドル、コンシューマー部門は16%減の28億ドルだった。3月に発売した薄型ノートPC「Adamo」などが好調で、コンシューマー部門の営業利益は前年同期と変わらず、出荷台数は12%増加した。

 マイケル・デル会長兼CEOは「引き続きコスト管理に努める。製品需要の状況は判断しにくいが、われわれは来るべき大規模な買い換えサイクルに備えている。次期サイクルでは、当社が提供する仮想化やマネージドサービスが大きな役割を占めるであろう」と語った。

関連ホワイトペーパー

Dell(デル) | IT投資 | 仮想化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.