ニュース
» 2009年06月04日 19時06分 UPDATE

ねとらぼ:大好きな○○がディスプレイいっぱいに ソニーのスクリーンセーバーがすごい

記者の目の前を大勢のイケメンが駆け抜けた! 「イケメン」など好きなキーワードを入力すると、関連する画像やテキストに動きを付けて表示するソニーのスクリーンセーバーが話題だ。

[小笠原由依,ITmedia]
photo ディスプレイに表示された大量のイケメン

 「た、大量のイケメンがわたしの目の前を駆け抜けていく……!」――ネットで話題のスクリーンセーバーを使ってみたところ、記者のPCのディスプレイがイケメンだらけになった。癒される……。

 これは、ソニーが無料でダウンロード提供している、「〈おまかせ・まる録〉スクリーンセーバー」だ。「イケメン」など好きなキーワードを入力すると、そのキーワードでWeb検索。検索結果のテキストや画像などに、さまざまな動きを付けて表示する。Yahoo!JAPANとYouTubeのAPIを使っているようだ。

 インストールして起動すると、検索窓が現れた。わくわくしながら「イケメン」と入力すると、「イケメンに関する情報を集めています」としばらく待たされる。早く早くー!


photophoto 「イケメン」と入力し、検索スタート。イケメンっぽい(?)文字と画像が四角く渦を巻く

photo 小さな画像で画面がいっぱいに。画像が流れている間に、何人ものイケメンをチェック! しかし、目立つだけかもしれないがお笑い芸人の狩野英孝さんの写真が多いような気がする

 しばらく待っていると画面がチェンジ。四方八方からイケメンらしき男子の画像が飛び出し、「小栗旬」「堀北真希」「好きを貫け」などイケメンっぽい(?)テキストとともに、四角い渦を巻いていく。

 かと思うと画面が切り替わり、左端から小さな画像の波が流れ出した。大量の画像で画面がいっぱいになり、まるでモザイクのようだ。

 画像を1つ1つ見てみると、すべてイケメンにまつわるもののよう。水嶋ヒロさんなど“真性イケメン”から、「ラーメン、つけめん、僕イケメン」のネタで知られるお笑い芸人・狩野英孝さん、一般人らしき男性の姿もあった。犬や金太郎飴のような画像まで表示されたが、イケメンの犬と飴……なんだろう。


photo イケメン関連画像を文字で表現したAA。この人たちもイケメンらしい

 と思っていると今度は細かい文字も流れだした。よくよく見てみると、黒バックに白のテキストで、イケメン関連の画像を文字で再現したアスキー・アート(AA)を作っているようだ。

 YouTubeの動画も、静止画の時と同様、小さな動画再生画面が大量に表示され、動画を再生しながら左右に流れ出る。「イケメン」だとあまり面白い動画がなかったが、「けいおん」で検索すると、オープニング動画が短時間のループ再生で1段ずつ輪唱のように表示され、プロモーションビデオを見ているかのようだった。

 ソニーはこのスクリーンセーバーで、「おまかせ・まる録」機能の便利さや気持ちよさを疑似体験できるとしている。おまかせ・まる録とは、ソニーのレコーダーに搭載されている機能で、俳優名などキーワードを登録しておけば、そのキーワードにまつわる番組を自動で録画してくれる、というものだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -