ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アスキーアート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アスキーアート」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

テレホーダイが本日最終日 約28年の歴史に幕
お世話になっていた人も多いはず。(2023/12/31)

100均の縄跳び6本で作った中華風ヒーローがかっこいい! 勇ましい立ち姿に「キン肉マンに出てきそう」
コンビのたたずまいが四次元殺法コンビのAAっぽくもある。(2023/12/22)

ネットでよく見る「カニ(ウニ Tako)」矛盾画像の作者が判明 「お世話になってます」「全ての元凶w」と騒然
殺伐としたXにカニが!!(2023/11/2)

20代には通じない? 「パソコン・IT用語」死語ランキング
20代には通じない「パソコン・IT用語」は何か。30代以上の男女に聞いた。(2023/10/25)

テレホーダイが新規受付を終了 ありがとうテレホマン
ピーヒョロロローガガー。(2023/9/30)

かつてインターネットを支えた:
NTT東西が「テレホーダイ」の新規受付を終了 12月31日をもってサービスも終息
NTT東日本とNTT西日本が提供する深夜帯の通話定額サービス「テレホーダイ」の新規受け付けが、本日(9月30日)をもって終了となる。固定電話のIPネットワークへの移行が進んだことで、日本におけるインターネットの黎明(れいめい)期を支えたサービスも終焉(しゅうえん)を迎える。(2023/9/30)

インターネットの死語、「逝ってよし」とかは笑えるけど…… “ギリギリ絶滅してない言葉”の方がきついという話
インターネット特有の言葉ってありましたよね。(2023/9/8)

サンリオピューロランドの“足が長すぎるキャラ”が異常な頭身で話題に 「恐怖と笑いがごちゃ混ぜになった」「キャプ翼の頭身」
ス、スタイルいいですね……。(2023/7/26)

Google検索が“改行”対応の謎アップデート 「何に使うんだ」「アスキーアート検索にはよいですね」
長いワードを検索する際に便利との声。(2023/6/6)

犬好きのハートにキューン 真っ白でツヤツヤの「おいぬのクッキー」がかわいすぎる
ワンちゃんモチーフのクッキーです。(2023/4/12)

あの“Excelのイルカ”をAIの応用で再現 「お前を消す方法」を聞いたら? 返答に「そうきたか」「期待通り」
なお、マジレスされたもよう。(2023/3/22)

「ゲームに課金しているようじゃこの先心配」2012年の発言でネットミーム化した中学生が現在は東大生 あのドヤ顔インタビューの真相を語る
実は本人もゲームにハマっていた……!(2023/2/28)

懐かしFlash「うわぁぁテトリス」のずんだもんリメイクに笑いとノスタルジー 「令和やぞ」「あのころに戻りたい」
懐かしすぎるでしょ。(2023/2/7)

「ABEMAくんおるやん」──アクセス制限中のABEMAでエンジニアの遊び心が話題に
6日のサッカーW杯「日本対クロアチア」。アクセス制限の裏でABEMAの“遊び心”がSNSで注目を集めていた。(2022/12/6)

愛犬・愛猫のおなかを枕にできる ペット写真からクッションが作れるサービス「まるっと!うちのコごろーんクッション」開始
おしりや肉球は「パーツクッション」、顔には「にっこりクション」も。(2022/11/20)

“成人男性のような体格のテディベア”がアンバランス過ぎてシュール アスキーアートでこういうの見た
ナイスプロポーション。(2022/11/17)

“ツイ廃”には友達がいない? DeepLの翻訳結果が「深い」と話題
翻訳ツール「DeepL翻訳」でツイッター廃人の略語「ツイ廃」を英訳した結果が話題になっている。Twitterでは「深い意味が返って来た」などの反応が見られている。(2022/7/26)

iPhone Tips:
iPhoneでかわいい顔文字を“気合と根性で”自作する方法
PCがネット上のコミュニケーションツールだった時代に生まれたアスキーアートは、現代では日本語と英語のみならずアラビア語などさまざまな外国文字を使ってかわいらしく彩られるようになった。そんな顔文字を自作したいと思ったことはないだろうか。(2022/6/26)

「pingコマンド」で「ピングー」を描く! 技術と遊び心に「なにこれ素敵」「かわいい」
さっそくダウンロードし、パケットの応答で徐々に現れるピングーを投稿する人も。(2022/6/26)

明日から使えるITトリビア:
「ぬるぽ」→「ガッ」の誕生から、きょうで20周年 その意味と由来とは
「ぬるぽ」と書き込まれたら「ガッ」と返す──こんなインターネット上のやりとりが生まれて、2022年6月20日で20周年となる。一体どのような意味を持つのかご存じだろうか。(2022/6/20)

「ぬるぽ」→「ガッ」が20周年 2ちゃんねるの「お約束の流れ」が時を超えて話題に
伝説の「NullPointerExceptionを『ぬるぽ』と呼ぶスレ」が立ってから20年。(2022/6/20)

盛り付けがおしゃれなデザートかな? ビュッフェの小鉢に咲いたきれいな花がワナすぎる
なんという手厚い“あしらい”。(2022/5/25)

商標登録で話題の「ゆっくり」ってそもそも何? 浸透の経緯をゆっくり振り返る
商標登録を巡り議論が広がる「ゆっくり茶番劇」。話題が大きくなる裏側には、「ゆっくり」というコンテンツの出自が関わっている。ゆっくり誕生の経緯や人気の現状を探り、騒動の背景をひもとく。(2022/5/17)

DeepLの“珍誤訳”が話題に 「I'm sorry」の日本語訳は?→「アイム・ソーリー・ヒゲソーリー」
DeepLで「I'm sorry」を日本語訳に変換した結果が話題になっている日本語では「すみません」など謝罪を意味する言葉になるはずだが、DeepLは「アイム・ソーリー・ヒゲソーリー」と訳してしまうという。(2022/5/16)

「あなたがこの文集を読んでいるということは、私はもう……」 ドラマのあるあるをもじった卒業文集の作文が「簡潔で草」と人気
1文で終わる潔さ。(2022/3/8)

DeepLの翻訳結果に突如現れた顔文字「彡(^)(^)」が話題
DeepLの翻訳結果にとある顔文字がいきなり出現するというツイートが話題になっている。(2022/2/25)

物理演算でグニャングニャンな「普通のネコ」の乱闘ゲームがクセになる ネコは液体だからこれくらい普通!
ニャーニャー言ってかわいい。(2021/8/30)

金鳥の「いま、いいよね。一方通行の新聞広告」、続きはWebにあった
「金鳥」ブランドで知られる大日本除虫菊の新聞全面広告がネットで話題になっている。ネット広告へのアンチテーゼと見せながらネットに誘導するユニークな広告だ。(2021/7/6)

KINCHOが新聞広告でネット広告を盛大にディス→一転「インターネット大好き」 ツンデレ過ぎる宣伝が人気
「新聞広告は、(ネットみたいに)あこぎなことしないから安心だよ」とか言っといて……。(2021/7/5)

高橋真麻、育児で“一番疲れているとき”の姿が「ばさばさゲッソリ」 落ちくぼみうつろな顔に「倒れないで!」
大丈夫か心配だよ……。(2021/7/5)

【座談会】Flash、今までありがとう―― あのころ、僕らが夢中になった「Flashの時代」を振り返る(前編)
いよいよあとわずかに迫った、Adobe Flash Playerのサポート終了。最後に「Flashの時代」を振り返っておこうと、いわゆる「Flash黄金期」に活躍した職人たちと、Flashについて語る座談会を行いました。(2020/12/27)

『ジョジョ』キャラを絵文字だけで再現! ポルナレフの髪型は「新聞の束」 センス抜群の工夫にブラボー! おお…ブラボー!!
腕の筋肉は鼻を大量に重ねて再現。センスの塊!(2020/11/18)

2020年だぞ! 伝説の死にゲー「人生オワタの大冒険」まさかの「2」が公開 FLASH終了までティウンティウンしようぜ
令和初にして最後の新作FLASHゲームになりそう。(2020/8/17)

電通、「アマビエ」の商標出願を取り下げ 「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」
ネット上では「電通がアマビエを独占使用しようとしているのでは」といった批判の声があがっていました。(2020/7/7)

ネットで有名な「猛暑でバテる犬」「無気力な犬」の元ネタが見つかる 当時のアイドル柴犬から誕生したコラ画像
Twitter上にて飼い主さんが名乗り出ました。(2020/6/18)

【ねとらぼ10周年企画】記事で振り返るネットの話題:
【8年前の今頃は?】(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!流行る 人気AAの起源は「ニャル子さん」ではなく「モンハン」だった?
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/4/20)

「やる夫スレ」の傑作4編が書籍になるようです 今再び脚光浴びる「やる夫」、企画者に意図を聞いた
やる夫スレからまさかの書籍化。(2019/10/11)

河野防衛相のエゴサから逃れるチャレンジがTwitterで流行 「河野太郎」を画像や暗号で表してもなぜか捕捉されてしまう
どうやって探してるんだ……。(2019/10/10)

『HUNTER×HUNTER』キャラの名前を使ったサイバー攻撃ツールが確認される バックドア「ヒソカ」を介してゴンが侵入
ツールは全て同じ開発者の手によるものとみられ、合わせて「xHunt」と呼ばれています。(2019/10/3)

連載「わが青春のインターネット」:
あのころ、電話線の向こうには“未来”があった―― 「パソコン通信」がくれた出会いと記憶
インターネットが一般に普及するよりもっと前、「パソコン通信」の時代を経験者に聞きながら振り返ります。(2019/8/19)

モルゲッソヨ、金色になって宮崎空港で直立 Twitterで「なぜそこに」と衝撃走る
宮崎空港で例年開催されている国際現代彫刻展で展示中。(2019/6/14)

上坂すみれ「このイベントに来た君たちは勝ち組だー!」 出演者も客席も全員燃え尽きた「ひもてはうす」イベントレポート
そして地上を平泳ぎする三森すずこ。(2019/6/12)

モナコインが荒ぶる値動き コインチェックが取り扱い開始発表で
一時は2倍超に。(2019/5/31)

神戸地検、「ブラクラ貼った」と書類送検された男性2人を起訴猶予処分に 「ウイルス罪に該当」との認識は変わらず
被害者は“0人”だったというこの事件について、当事者の男性2人を取材しました。(2019/5/29)

「あなたブラクラ貼ったでしょ?」→39歳男性を書類送検 検挙男性が明かす「兵庫県警“決めつけ”捜査の実態」
検挙された男性はメディアのインタビューに初めて応じ「悔しい」と語りました。(2019/3/20)

「何回閉じても無駄ですよ〜」ブラクラURLを掲示板に貼っただけで補導、「やり過ぎ」と物議
「何回閉じても無駄ですよ〜」と書かれたポップアップが繰り返し表示されるサイトのURLを掲示板に書き込んだとして、13歳の女子中学生が補導。「ブラクラのURLを貼っただけで補導や家宅捜索とは、行き過ぎだ」とネットで物議をかもしている。(2019/3/5)

【マンガ】┌(┌^o^)┐ この足の記号、「ビジネスメールでよく使われている」って知ってた?
数年前に突如として流行したやつ。(2019/2/21)

「ゆっくりしていってね!!!」の声はどうやって生まれたのか 開発者が語る“起業エンジニアの生存戦略”
いわゆる「ゆっくりボイス」のエンジン開発者に取材しました。(2019/1/26)

Go AbekawaのGo Global!〜Danielle Royston編:
“紫のリス”の大冒険――ある女性エンジニアが、テレコム業界を変革するCEOになるまで
全米屈指の経営改善のスペシャリストとして知られ、テニス選手としても活躍する、OptivaのCEO、Danielle Royston(ダニエル・ロイストン)氏。世界を飛び回る彼女は、もともと経営者になりたかったわけではなく、「エンジニア一筋」のキャリアを目指していた――そんな彼女が語る転身のきっかけと、全てのエンジニアに向けたメッセージとは?(2019/1/15)

うるせぇ、年末にエビフライぶつけんぞ グラブル、エビフライと戦う狂気の限定イベント開催
造形のクオリティが異様に高いエビフライ。(2018/12/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。