ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2009年07月06日 16時03分 UPDATE

Appleストアで銃撃事件 YouTubeで防犯カメラ映像を公開

米国のAppleストアで従業員が撃たれるという事件が起きた。警察は防犯カメラに写った容疑者の映像をYouTubeで公開し、情報提供を求めている。

[ITmedia]

 米バージニア州アーリントンのAppleストアで銃撃事件が起き、従業員が負傷した。地元警察は手掛かりを求め、YouTubeで防犯カメラの映像を公開している。

 アーリントン郡警察の殺人・強盗課によると、事件が起きたのは7月3日午前10時15分ごろ。身元不明の男性がAppleストア従業員用の通用口のチャイムを鳴らし、応対した26歳の女性従業員の右肩を銃で撃って逃走した。撃たれた従業員は病院に搬送され、重傷だが容態は安定しているという。

 事件が起きたときにAppleストアには顧客がおり、従業員の誘導で店外へ避難した。ほかにけが人はなかった。

 容疑者は20代から30代のアフリカ系アメリカ人で、明るい色のパンツと半袖シャツ、暗い色の野球帽を身につけていた。アーリントン郡警察が事件を捜査中で、防犯カメラに写った容疑者の映像をYouTubeで公開して情報提供を呼び掛けている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.