ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年07月15日 09時02分 UPDATE

11月スタート:Microsoft、「Windows Azure」の概要と料金を発表

AmazonやSalesforceに対抗するMicrosoftのクラウドサービス「Windows Azure」の概要が発表された。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月14日、ニューオリンズで開催の年次カンファレンス「Worldwide Partner Conference 2009」において、クラウドサービス「Windows Azure Platform」の概要と利用価格を発表した。

 同プラットフォームは、クラウドOSの「Windows Azure」と「Live Services」「Microsoft SQL Azure」「Microsoft .NET Services」「Microsoft SharePoint Services & Dynamics CRM Services」という5つのコンポーネントで構成されるクラウドサービス。

 Windows Azure、SQL Azure、.NET Servicesは11月17〜19日開催の「Professional Developer Conference(PDC) 2009」で提供を開始する。それまではCTP(Community Technology Preview)プログラムで無料で試用できる。Windows AzureのサイトからCTPへの参加を申し込めるが、現在は順番待ちの状態だ。

 料金体系は従量制のほか、定額制とボリュームライセンス制も用意する。従量制では、CPU使用時間、ストレージの使用量、トランザクション数などにより算出される。Windows Azureは、CPU当たり1時間で12セント、ストレージ1Gバイト当たり15セント、1万トランザクション当たり1セント。SQL Azureは1Gバイトまでのデータベースを利用できるWebエディションが9ドル99セント、10GバイトまでのBusinessエディションが99ドル99セントとなる。.NET Servicesは、Service BusメッセージおよびAccess Controlトークンを含むメッセージオペレーション10万回当たり15セント。

 通信帯域については1Gバイト当たり受信に10セント、送信に15セントが課金する。定額制とボリュームライセンス制については後日詳細を発表する見込み。

 サービスレベル契約(SLA)は、コンピューティング、コネクティビティでは99.95%を、ロールインスタンス、ストレージでは99.9%の信頼性を保証するとしている。

 11月には日本を含む21カ国でサービスがスタートし、その後2010年3月に16カ国に拡大する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.