ニュース
» 2009年07月16日 07時00分 UPDATE

NVIDIA、Rambusとの特許紛争で白星

Rambusによる特許クレームはすべて米特許商標局に棄却された。

[ITmedia]

 米Rambusが米NVIDIAに特許を侵害されたと訴えていた問題で、米特許商標局(USPTO)がRambusの特許クレームを棄却した。NVIDIAが7月14日に明らかにした。

 Rambusは2008年11月に、グラフィックスプロセッサに関連するメモリコントローラ特許9件をNVIDIAに侵害されたと米国際貿易委員会(ITC)に訴え出た。NVIDIAはこれに異議を唱え、USPTOはこれら特許の再審査を行った。

 再審査の結果、USPTOはRambusの2件の特許についての8件のクレームを退けた。ほかの7件の特許に関する41件のクレームも既に棄却されている。

 だがRambusは訴えを取り下げるつもりはないようで、同社はReutersの記事で「戦いは終わっていない」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -