ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年07月23日 19時03分 UPDATE

ネット衛星「きずな」、皆既日食ライブ配信に活躍

皆既日食映像のライブ配信は、超高速インターネット衛星「きずな」や、各国の研究用ネットワークなどが支えていた。

[ITmedia]

 情報通信研究機構(NICT)は7月23日、22日に行われた皆既日食映像のライブ配信を、超高速インターネット衛星「きずな」や、各国の研究用ネットワークなどが支えていたと発表した。

 動画のライブ配信は、国立天文台らのグループが奄美大島と硫黄島から、WIDEプロジェクトらのグループが中国の武漢、上海から実施。PCやプラネタリウムなどに配信した。

画像 ライブ配信を支えたネットワーク

 硫黄島の映像は、きずなで中継された後、研究用ネットワーク「JGN2plus」を通じて大手町に送られ、NHKのテレビ中継やWebサイトなどに配信。WIDEプロジェクトが米国や欧州、アジアの研究用ネットワークにマルチキャスト配信した。

 日食の映像配信に関係した拠点は世界で32カ所、使用した帯域は合計で31.405Gbpsに上ったという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.