ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NICT(情報通信研究機構)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

National Institute of Information and Communications Technology

ITの過去から紡ぐIoTセキュリティ:
異常に気付くには平常時からの観測を──NICTER観測レポート最新版を読み解く
情報通信研究機構(NICT)が2月上旬に発表した「NICTER観測レポート 2019」を読み解き、サイバー攻撃の現状を整理。正体不明のスキャンパケットが増加、DoS攻撃の複雑化といった状況が浮かび上がってきました。(2020/2/21)

パケットを攻撃対象(宛先ポート番号)別に分類:
「NICTER観測レポート2019」公開、2019年の特徴的な3つのサイバー攻撃とは
NICTのサイバーセキュリティ研究所は、「NICTER観測レポート2019」を公開した。調査スキャンが総パケットに占める割合は53%。それを除いた攻撃パケットの約半数がIoT機器で動作するサービスや脆弱(ぜいじゃく)性を狙った攻撃だった。(2020/2/13)

中小型旅客機への搭載を可能に:
三菱電機、薄型のKa帯対応航空機用AESA技術を開発
三菱電機は、厚みが3cm以下という薄型で、Ka帯に対応する航空機用電子走査アレイアンテナ(AESA)技術を、情報通信研究機構(NICT)と共同で開発した。(2020/2/10)

半径300メートルのIT:
政府がセキュリティ対策に「緊急提言」……えっこのレベル? と思ったあなたへ
国際イベントに向け、サイバー攻撃への警戒が高まっています。先日総務省から発表された「緊急提言」には、各事業者がサイバーセキュリティ強化に向けて速やかに取り組むべき事項が述べられていましたが、その内容に拍子抜けした方もいるのではないでしょうか?(2020/2/4)

テラヘルツ波の導波路構造を工夫:
テラヘルツ波レーダーを開発、衣服越しに拍動計測
慶應義塾大学と情報通信研究機構(NICT)は、小型で固高い分解能を持つテラヘルツ波レーダーを共同開発した。これを用いて、心拍の動きを衣服の上から非接触で計測できることを実証した。(2020/1/31)

製造ITニュース:
工場の無線システムを安定稼働させるための技術仕様提供
フレキシブルファクトリパートナーアライアンスは、製造現場で使用される各種無線システムの安定化を図るために必要な通信規格の技術仕様を提供すると発表した。(2020/1/30)

総務省、日本が早急に取り組むべきサイバーセキュリティ対策を発表 近年のインシデントを踏まえ
総務省は、東京五輪・パラリンピックを前に早急に取り組むべきサイバーセキュリティ対策について緊急提言を発表した。提言にはIoTセキュリティや問題発生後の報告体制に関する5点の対策が盛り込まれた。(2020/1/28)

周波数利用効率も最高記録を達成:
38コア・3モードファイバーで毎秒10Pビット伝送
情報通信研究機構(NICT)ネットワークシステム研究所と住友電気工業、オプトクエストは、38コア・3モードファイバーを用いて毎秒10.66P(ペタ)ビットの伝送実験に成功した。周波数利用効率は1158.7ビット/秒/Hzを達成している。(2020/1/23)

25年間で災害救助は変わった AIでSNS上の膨大な情報を分析、状況を素早く把握
災害発生時に被災者がSNSに寄せる投稿をAIなどで分析し、情報収集や救助、避難などに役立てる取り組みが進んでいる。阪神大震災から25年を迎え、災害時の情報収集の在り方も変わりつつある。(2020/1/20)

“意味不明のダメ翻訳”をAIで大幅改善、NICTとSMBC日興証券、金融分野特化のAI自動翻訳システムを開発
SMBC日興証券とNICTは、金融分野に特化したAI自動翻訳システムを開発した。SMBC日興証券が保有するアナリストレポートの日英対訳データを、ニューラルネットワーク(深層学習)を用いたNICTの自動翻訳エンジンに学習させた。(2020/1/16)

量子コンピュータでも解読困難な認証機構:
災害時も衛星経由で医療データを復元「かかる時間はたった9秒」 NICTらが開発
NICTなどのチームは、電子カルテデータの安全なバックアップと、医療機関の間での相互参照や災害時の迅速なデータ復元が可能なシステムを開発した。衛星を経由し、9秒でデータを復元でき、認証の安全性を量子コンピュータでも解読困難なレベルまで上げた。(2019/12/17)

製造マネジメントニュース:
総務省、サイバー攻撃に対して脆弱なIoT機器の調査状況を発表
総務省は、サイバー攻撃に対して脆弱なIoT機器の調査、およびマルウェアの感染が検知された機器利用者に対する注意喚起について、実施状況を発表した。(2019/11/15)

医療機器ニュース:
量子暗号を用いた、秘匿性・可用性の高い生体認証システムを開発
情報通信研究機構とNECは、生体認証データの伝送と保管において、高い秘匿性と可用性を持つシステムを開発した。スポーツ分野のナショナルチームが利用するサーバのアクセスを物理的に管理する試験利用を開始している。(2019/11/11)

ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト:
“空の道”の整備進む、ドローン37台を運行管理システムに相互接続
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」を推進している。この計画では、インフラ点検などの分野で活用できる無人航空機やロボットの開発、社会実装するためのシステム構築および飛行試験などを実施。物流ドローンが都市部で安全に使える環境の整備を目指している。2019年10月23〜24日、福島県南相馬市の「福島ロボットテストフィールド」で行われた運行管理システムの相互接続試験では、一般事業者のドローンとつなげることを成し遂げ、ドローンを危険なく扱える土壌をさらに整えた。(2019/11/5)

量子暗号と(k,n)しきい値秘密分散を利用:
量子暗号でサーバ室へも「顔パス」? 秘匿性の高い認証システムを開発
NICTとNECは高い秘匿性と可用性を持った顔認証システムを共同で開発した。「量子暗号」と「(k,n)しきい値秘密分散」を用いた。実証実験によって技術検証は完了したという。(2019/10/31)

スポーツ選手の電子カルテ管理にも活用へ:
不正アクセス防止へ 量子コンピュータでも破れないデータ秘匿技術が登場
NICTとNECは、顔認証などの生体認証データを「量子暗号」技術と「(k,n)閾値秘密分散」技術で伝送・保管する高秘匿・高可用なシステムを共同で開発。既に技術検証を完了し、ナショナルチームのスポーツ選手用電子カルテなどの管理で試験利用を開始した。(2019/10/30)

ボケと笑いと学びに包まれた「セキュリティのクイズ大会」 大阪から全国へ広げるコミュニティーの輪
7月13日にクイズイベント「アルティメットサイバーセキュリティクイズ」(UCSQ)が開催された。ボケあり、ツッコミあり、学びありの実りあるイベントが開かれた背景は。(2019/10/27)

NICTが開発している無線通信用のテスト環境とは:
IoT、ロボット、スマートデバイス、VR――どんどん複雑化するソフトウェアテスト、20年後はどうなる?
2019年8月29〜31日に開催された「builderscon tokyo 2019」のセッション「20年後のソフトウェアテストの話をしよう」で、情報通信研究機構の湯村翼氏がセンサーデータや物理的な情報を取り込むためのさまざまなテスト技術を説明した。(2019/10/29)

「手遅れになる前に何とか……」 IoTセキュリティ特化の新会社に、設立意図を聞く
ココン技術研究所からスピンアウトした、IoTセキュリティ特化の新会社「ゼロゼロワン」の設立の背景には「手遅れになる前に、何とかしないといけない」という思いがあったという。同社の萩原CEOに現状を聞いた。(2019/10/21)

医療技術ニュース:
緊張による運動・演奏のパフォーマンス低下を脳への刺激で防ぐことに成功
情報通信研究機構は、緊張による運動パフォーマンス低下と背側帯状回皮質の活動が相関関係にあることを発見した。また、背側帯状回皮質への経頭蓋磁気刺激(TMS)により、運動パフォーマンス低下を抑制することに成功した。(2019/10/10)

8K放送の1000万チャンネル分に相当:
次世代光ファイバーと大規模光ノードで1ペタbpsの伝送実験に成功 NICT
NICTは、8K放送の1000万チャンネル分に相当するビットレート、1ペタbpsの伝送実験に成功したと発表した。低損失のMEMSスイッチ素子を利用した大規模光ノードを開発し、次世代光ファイバーと接続した。(2019/10/10)

光基幹ネットワークを試作:
NICT、毎秒1Pビットのスイッチング実験に成功
情報通信研究機構(NICT)ネットワークシステム研究所は、マルチコア光ファイバーと新開発の大規模光ノードを用いた光基幹ネットワークを試作し、毎秒1P(ペタ)ビットのスイッチング実験に成功した。(2019/10/10)

組み込み開発ニュース:
Wi-SUNとWi-Fiを活用した無線ネットワーク、地域の見守りで実証実験
情報通信研究機構は、免許不要のIoT向け国際無線標準規格「Wi-SUN」とWi-Fiを併用した無線ネットワーク構築技術を開発したこと、また、同技術を用いた地域の見守りや、電子回覧板の実証実験について発表した。(2019/10/8)

13言語と契約書・法務用語に対応するビジネス向けAI翻訳サービス「COTOHA Translator」 NTT Comが提供開始
NTTコミュニケーションズは、ビジネス文書のAI自動翻訳サービス「COTOHA Translator」の機能を拡充した。標準対応の2言語に加え、新たに11言語に対応する「多言語オプション」と、契約書や法務文書の翻訳精度を向上させる「契約書・法務オプション」を追加した。(2019/9/30)

電子回覧板や高齢者見守りにも効果:
Wi-SUN活用で「ネット環境が整わない地域」でもコンテンツ配信 NICTが開発
NICTのソーシャルICTシステム研究室は、Wi-SUNとWi-Fiを活用する無線ネットワークの構築技術を開発した。この技術を利用して、高齢者世帯を対象とした地域の見守りや、電子回覧板の配信の実証実験も始める。(2019/9/26)

FAニュース:
工場内の複数無線通信を安定化させる新規格、技術仕様の策定完了
複数の無線システムが混在する環境下でも安定した通信を実現するための規格策定と標準化に取り組む、フレキシブルファクトリパートナーアライアンス(FFPA)は2019年9月24日、必要な通信規格の技術仕様策定を完了したと発表した。(2019/9/25)

黒部市在住の高齢者世帯が対象:
NICT、Wi-SUNを活用し地域見守りなどを検証
情報通信研究機構(NICT)ソーシャルICTシステム研究室は、Wi-SUNとWi-Fiを融合活用した無線ネットワーク構築技術を開発した。この技術を用いて、黒部市在住の高齢者世帯を対象とした「地域見守り」と「電子回覧板」の実証実験を2019年10月より、3カ月間の予定で始める。(2019/9/25)

「すれ違いIoT通信」で地域見守り、NICTが無線ネットワーク構築技術を開発
Wi-SUNとWi-Fi、BLEの通信に対応したIoT無線ルーターを活用し、高齢者世帯の見守りや電子回覧板配信の実証実験を始める。(2019/9/20)

医療技術ニュース:
脳内の階層的な運動情報表現を「脳内運動情報地図」として可視化
情報通信研究機構は、ピアノ演奏のような複雑な指運動を行う際の脳内の階層的な運動情報表現を可視化することに成功した。また、大脳皮質領域の運動前野や頭頂連合野では、異なる階層の運動が同時に表現されていることが分かった。(2019/9/20)

近い将来、テレパシーが現実に? 研究が進む「ブレインテック」とは
SFが現実に。(2019/9/20)

横浜国大の吉岡先生に聞く:
PR:Vol.4:教えて! サイバーセキュリティ
(2019/9/11)

横浜国大の吉岡先生に聞く:
PR:Vol.2:教えて! サイバーセキュリティ
(2019/9/9)

横浜国大の吉岡先生に聞く:
PR:Vol.3:教えて! サイバーセキュリティ
(2019/9/11)

横浜国大の吉岡先生に聞く:
PR:Vol.1:教えて! サイバーセキュリティ
(2019/9/6)

脆弱なIoT機器への「偵察行為」激化 正体不明のスキャンシステムが多数存在
安易なパスワードが設定されていたり、脆弱性が存在したりする状態のIoT機器を探し出す「偵察行為」が激化。横浜国立大学大学院の吉岡克成准教授によると、世の中には、実態が分からないスキャンシステムも存在するという。(2019/8/30)

大量のbotが作った「架空の交通渋滞」 イスラエルで起きたハッキングと人間の「反脆弱性」
2014年にイスラエルで起きたハッキングを例に、AIとサイバーセキュリティの関係について考える。(2019/8/5)

ドローン:
ドローンの遠隔識別技術などの研究開発を開始
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、ドローンなどの無人航空機を活用したビジネスモデルの普及に向けて、無人航空機の遠隔識別技術などの研究開発を開始した。(2019/7/24)

IoT時代のセキュリティ絶対防衛ライン:
狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は
各業界のIoT関連サービスが抱える問題点、そして有効な対応策とは? セキュリティの専門機関が情勢を伝えます。(2019/7/16)

“DoS攻撃並み”のトラフィックでまひ寸前! 福岡大学NTPサービスの悩み
福岡大学が提供している公開NTPサービスは、最大で約265Mbps、毎秒33万クエリと“DoS攻撃並み”のトラフィックに。1つの大学の手に余る規模になってしまったが、そう簡単にサービスを停止できない事情があるという。(2019/7/10)

「光子を利用して盗聴を不可能にする」日本の量子鍵配送ネットワーク技術が国際会合で承認 NICTとNEC、東芝が開発
量子鍵配送とは、光子の量子力学的性質を利用して秘密鍵を送受信する技術。NICTとNEC、東芝が開発し、ITU-TのSG13会合で、「Y.3800勧告」として承認された。(2019/7/4)

「産業×ドローンセミナー」(上):
“有人地帯での目視外飛行”に向け国が年度内に方針策定、秋には飛行前点検が義務化
国が示す「空の産業革命のロードマップ」では、2019年度からはレベル3「無人地帯での目視外飛行」のフェーズに入った。最終のレベル4「有人地帯での目視外飛行」が実現すれば、建築物の点検、物流、警備業務といった都市部でのドローンサービスが本格化することが見込まれる。この前段階として、東京都では、ドローン特区の多摩地域での実証実験やインフラ点検の有効性検証に乗り出している。(2019/7/3)

感染を検知したら注意喚起も:
NICTら、IoT機器のセキュリティ対策を調査
総務省と情報通信研究機構(NICT)および、ICT-ISACは、サイバー攻撃などに対して脆弱(ぜいじゃく)なIoT(モノのインターネット)機器の調査と、IoT機器利用者への注意喚起を行っており、その状況をまとめた。(2019/7/2)

弱いパスワードのIoT機器割り出し「NOTICE」、147件に注意喚起 「現時点で数は少ない」
弱いパスワードを使っているIoT機器の所有者に注意喚起する取り組み「NOTICE」の状況を総務省が発表。容易に推測できるID・パスワードでログインでき、注意喚起の対象になったのが延べ147件だったという。同省は「現時点では数は少ない」としている。(2019/7/1)

「脅威情報」分析で、海外勢に“データ負け”しないために
この数年、セキュリティベンダーなどが「脅威情報」を収集・分析するサービスを相次いで提供するようになりました。しかし利用するには相応のコストがかかります。「なかなか手が出せない」という人は何から始めればよいのでしょうか。(2019/6/26)

Linux基本コマンドTips(315):
【 ntpdate 】コマンド――時刻をNTPサーバと同期する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、時刻をNTPサーバと同期する「ntpdate」コマンドです。(2019/6/21)

半径300メートルのIT:
「偽メールかどうかのチェック」よりも重要? “1億総脆弱性診断”NOTICEの結果通知を開く前に見直すべきこと
東京五輪のチケット抽せんや、総務省主導の脆弱性チェック「NOTICE」の結果通知について、“当局を装った偽メール”に注意を呼び掛ける報道が相次いでいます。攻撃に対抗するために、ユーザーにできることをまとめました。(2019/6/18)

総務省など、マルウェアに感染しているIoT機器ユーザーに注意喚起 「NOTICE」とは別に
マルウェアに感染していると検知したIoT機器について、ISPから利用者に対して注意喚起を行う取り組みを、総務省とNICTなどが6月中旬から新たに始める。「NOTICE」とは別の取り組みだ。(2019/6/17)

これからのAIの話をしよう(自動翻訳編):
Google翻訳より高性能? 「日本の自動翻訳がすごい理由」をNICT隅田氏が解説
国産翻訳エンジンを使った「みらい翻訳」が高精度だとネットで話題に。なぜGoogle翻訳より高精度といわれているのか。開発者のNICT隅田氏に聞いた。(2019/6/17)

無線で光同様の通信を実現:
5Gのその次へ、日欧共同プロジェクト「ThoR」とは?
 5G(第5世代移動通信システム)の商用サービス実現が2020年に迫る中、5Gのさらに次の世代となる「Beyond 5G」の研究も始まっている。日本と欧州の産学官が共同で研究を進めるプロジェクト「ThoR(ソー)」について、プロジェクトリーダーを務める早稲田大学理工学術院教授の川西哲也氏が、2019年5月29〜31日に東京ビッグサイトで開催された「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2019」で、その研究内容について説明した。(2019/6/12)

大規模なサイバーセキュリティ情報を横断的に分析して可視化 NICTがセキュリティ情報融合基盤を開発
NICTのサイバーセキュリティ研究室は、多種多様で大規模なサイバーセキュリティ関連情報を集約し、横断的に分析するセキュリティ情報融合基盤「CURE(Cybersecurity Universal REpository)」を開発した。(2019/6/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。