ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2009年08月05日 20時54分 UPDATE

ネットの口コミから衆院選の結果を予測 「クチコミ@総選挙」

衆院選各候補者の口コミ発生数の推移や、小選挙区での得票率予測を公開する「クチコミ@総選挙」を、ホットリンクと東大が共同で開発した。

[ITmedia]

 口コミ分析ツール開発などを手掛けるホットリンクは8月5日、東京大学と共同で、ネットの口コミを元に、衆院選の勝敗を予測する「クチコミ@総選挙」を開発したと発表した。8月18日の公示日以降、各候補者の口コミ発生数の推移や、小選挙区での得票率予測を公開する。

 ホットリンクが保有する35億以上の口コミ記事データベースを活用し、過去の選挙での候補者名・政党名などの言及数と得票結果との相関などを分析。前日の口コミ数を元に各候補の得票率を予測し、毎日更新する。

 テレビ番組のメタデータから抽出した、政党名や候補者の番組内での露出の推移も公開する。

 同社と東大大学院工学系研究科総合研究機構の松尾豊 准教授、東大工学部システム創成学科4年の末並晃さんが共同で開発。番組メタデータは、エム・データから提供を受ける。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.