ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「選挙」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「選挙」に関する情報が集まったページです。

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
Facebookのヘイト対策に「大穴」 〜ザッカーバーグの矛盾とは〜
米国で、Facebookにとって手痛い内容の報告書が公表された。報告書は、この2020年11月に米大統領選挙が控えている中で、差別問題やヘイトスピーチに対するFacebookの取り組みがまだ不十分であり、しかも「大穴」が空いていることを指摘している。(2020/7/22)

リンキン・パーク「トランプ大統領を支持しない」 陣営による楽曲の無断使用ツイートが非表示に
トランプ米大統領の選挙陣営のディレクターの投稿が著作権違反として非表示になっている。リンキン・パークの楽曲が使われていた。リンキン・パークは公式アカウントで「トランプ氏を支持していないし、われわれの音楽の使用も認めない」とツイートした。(2020/7/20)

米Twitter乗っ取り、SNSもろさ露呈 大統領選へ影響懸念
米国で、多数の著名人がTwitterのアカウントを乗っ取られる事件が起きた。オンラインでの選挙活動が進む米国では、このような事件が選挙戦自体にも影響を与える可能性もある。(2020/7/20)

松屋の復刻メニュー総選挙1位は「シュクメルリ鍋定食」 今秋または今冬に再販されることが決定
あの話題になった「シュクメルリ」がまた食べられる!(2020/7/16)

KAMIYAMA Reports:
米大統領選と経済と株価
共和党のトランプ氏(現大統領)と民主党のバイデン氏のどちらが大統領になっても、米国経済の成長率予想の差はほとんどないとみている。そもそもコロナ・ショックからの脱却において、政府や中央銀行のとるべき(とることが出来る)政策に大きな違いはない。また長期的に政策の差はあるが、経済成長全体に与える影響は小さい。(2020/7/13)

ニコ生で都知事選の開票特番 ひろゆきさんや舛添元都知事など出演
ドワンゴは、5日に行われる東京都知事選挙の投開票に合わせた開票特番をニコニコ生放送で行う。放送予定時間は5日午後7時45分から午後10時30分まで。(2020/7/3)

【7年前の今頃は?】悪ノリ人気投票の集大成 レベルファイブ総選挙で「飛行機」が1位に
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/6/25)

コロナ禍の都知事選 Web会議にSNS……「3密」回避で集票模索
新型コロナウイルス感染が続く中、東京都知事選が幕を開けた。候補者の各陣営とも「3密」回避のため、Web会議ツールやSNSなどのデジタルツールを活用した選挙活動を行っているが、「手応えが得にくい」と困惑の声も上がっている。(2020/6/23)

政治家の「顔」からマニフェストを検索 スマホ撮影でAIが個人を判別 都知事選で
東京都知事選挙の候補者の顔をAIで認証し、プロフィールやマニフェストを表示するサービスをベンチャーが提供。候補者と有権者の接触を抑え、新型コロナウイルス影響下の選挙活動を支援する。(2020/6/22)

トランプ大統領のタルサ集会「空席が多かったのはTikTokユーザーのたくらみのせいではない」と陣営幹部
トランプ大統領が当初Juneteenthに計画し、批判を受けて翌日にオクラホマ州タルサで開催した大統領選に向けた集会の参加者は、スペースの3分の1に満たなかった。TikTokユーザーが組織的にオンライン入場券を申し込んで参加しないことで影響を与えたと報じられたが、陣営はこれを否定した。(2020/6/22)

【5年前の今頃は?】選挙権20歳→18歳に引き下げへ 若者向け公式PR動画がカオスすぎると話題に
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/6/17)

Twitter、トランプ陣営が投稿した動画を著作権者からのクレームで非表示に(YouTubeで視聴可能)
Twitterが、ドナルド・トランプ米大統領の選挙キャンペーンチームが投稿した動画を非表示にした。動画で使われている写真について著作権者から申し立てがあったため。これを受けトランプチームはYouTubeで公開した同じ動画へのリンクをツイートした。(2020/6/6)

Google、2020年米大統領選のキャンペーンチームに中国とイランの攻撃があったと警告
Googleのセキュリティ担当者が、ジョー・バイデン氏の選挙キャンペーンチームに中国が、ドナルド・トランプ氏のチームにはイランが、それぞれサイバー攻撃を仕掛けたとツイートした。侵入された形跡はないとしている。(2020/6/5)

米大統領選挙の陣営を狙うフィッシング、Googleが観測
Googleの研究者が、米国のトランプ大統領と野党民主党のバイデン前副大統領の陣営を標的とするフィッシング攻撃を観測した。(2020/6/5)

Snapchat、トランプ米大統領のアカウント宣伝停止を宣言 「平等のために努力して欲しい」
Snapchatが、人種間の暴力を扇動する人物の声は宣伝しないとして、トランプ大統領の公式アカウントのディスカバーでの表示を停止した。トランプ氏の選挙チームはこれを「不正で違法だ」と抗議した。(2020/6/4)

「本能寺の変 原因説総選挙」50説から選ばれたのは「暴君討伐説」でした 謀反のお知らせハガキ当選倍率は240倍
2位は「秀吉黒幕説」、3位「怨恨説」でした。あなたの推し説は何位だった?(2020/6/2)

TwitterのドーシーCEO、トランプ陣営からの従業員攻撃に「責任は私にある」とツイート
トランプ米大統領が自分のツイートにファクトチェックラベルを付けられたことで、同氏の選挙陣営がTwitterの従業員個人を攻撃したことを受け、ジャック・ドーシーCEOが「責任は私にあるのだから、従業員を巻き込まないでください」とツイートした。(2020/5/28)

頑張っている人間を笑うな「かぐや様は告らせたい?」6話 徹底的勝利を狙う選挙戦
やっぱり生徒会の面々は天才だった。(2020/5/17)

あの「本能寺の変のお知らせハガキ」を福知山市がまさかのグッズ化 抽選に当たると本当に届く
ペリペリはがせる圧着ハガキ仕様。福知山光秀ミュージアムが実施中の「本能寺の変 原因説50 総選挙」に投票すると、抽選で自宅に届きます。(2020/5/14)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
そしてVTuberマシーナリーとも子は星野源を目指す 選挙疲れで毎週死にかけていた、あるアイマスPがVTuberになって救われた話
マシーナリーともコラム、今回は番外編として、マシーナリーとも子がインタビューされる回をお届けします。(2020/5/12)

最寄りの「オンライン診療・電話診療対応医療機関リスト」をマップ化して無料公開 厚労省の情報をデータベース化
選挙コンサルティングを手掛けるジャッグジャパン(東京都渋谷区)は、最寄りのオンライン診療対応医療機関を探せる「全国オンライン診療・電話診療対応医療機関マップ」の配信を4月27日までに開始した。利用は無料。厚生労働省が新たに公開したオンライン診療対応医療機関リストに掲載されている全ての医療機関約1万件をデータベース化し、地理情報システム上に掲載。(2020/5/1)

InstagramアカウントとFacebookページに“ロケーション”を表示 信頼性強化目的で米国から
Facebookが、11月の大統領選に向けて、同社サービスでの人心操作を防ぐ取り組みの一環として、米国のユーザーが目にするFacebookページとInstagramのアカウント名の下に投稿者のロケーション(国名など)を表示する。(2020/4/23)

自社への利益を求め:
2020年大統領選を巡るハイテク業界の献金動向
シリコンバレーの大富豪たちは、選挙献金や資金集めイベントの実施など、2020年の米国大統領選挙に向けて金銭的関心を示している。この動機は、自社や、自社が行う新興企業への投資に有益な政策を掲げる候補者を支持するためなどだ。(2020/4/2)

わずか2カ月の開発期間
米大統領選の前哨戦で集計トラブル 原因は投票アプリのテスト不足?
2020年2月3日のアイオワ州党員集会で、利用された投票数集計用アプリケーションで集計ミスが発生した。アプリケーションのテストが不足していたことが原因ではないかと複数の専門家は指摘する。(2020/3/6)

Twitterが実在しない選挙候補者に認証済みバッジ 休暇中の高校生が暇つぶしで作った偽アカウントだった
高校生は匿名取材で手の内を明かしました。(2020/3/3)

Microsoftの選挙投票システム「ElectionGuard」、ウィスコンシン州で初テスト
Microsoftが昨年のBuildで発表したオープンソースの投票システム「ElectionGuard」の初パイロットテストが米ウィスコンシン州で実施される。有権者はタッチスクリーンで候補を選ぶが投票は出力した用紙で行う。今回のテストではその結果を電子的に追跡したデータと照合する。(2020/2/19)

米大統領選に向けた民主党大会、アプリのバグで結果発表大幅遅れ
民主党の大統領候補を選ぶ初戦であるアイオワ州党員集会で初めて採用されたアプリの問題で、結果発表が大幅に遅れている。民主党はサイバー攻撃などによるものではないとしている。米メディアは、事前のテストが不十分だったと報じた。(2020/2/5)

ポケモンGO、2月に大量発生するポケモンを「選挙」で決定 各候補のマニフェストがこちら
ポケモンGOで、2月の「コミュニティ・デイ」対象ポケモンを選挙で決めるという斬新な企画が行われます。選挙日は2月1日。一人で大量投票も可能です。(2020/1/23)

KAMIYAMA Reports:
2020年の世界:投資テーマとイベント一覧
最大の注目イベントは、米国大統領選挙とそれに係わる政策論争で、市場の振れを増やすことになるだろう。しかし、長期投資の観点からは、選挙結果で世界経済のトレンドに大きな変化が起こるとは想定しない。(2020/1/16)

「Apple News」が初の米大統領選民主党討論会共催者に
AppleがApple Newsとして、2020年米国大統領選挙の民主党候補者による民主党討論会の初の共催者になる。Twitterもディベートパートナーを務めるが、Facebookは不在だ。(2019/12/13)

Facebookの不祥事を振り返る【前編】
Cambridge Analytica事件だけではない 「Facebook」の不祥事を振り返る
2018年初頭に選挙コンサルティング企業によるデータ不正利用が発覚して以来、Facebookではセキュリティやプライバシーに関する不祥事が相次いでいる。これまでの不祥事を振り返る。(2019/11/30)

コロコロコミック、500号記念で禁断の企画「うんこちんちん総選挙」を開催 現状ではちんちん派がややリード
究極の選択……こんなの選べるかよ……っ!!!(2019/11/18)

Facebook、2020年米大統領選に向けたフェイク情報対策などを多数発表
Facebookが、2020年の米大統領選に向けて、他国の政府による介入やフェイクニュース拡散を防ぐための対策を発表した。虚偽と判定されたコンテンツにはラベルで隠される。ただし、政治広告はファクトチェックの対象外なので、虚偽の広告でも放置される見通し。(2019/10/22)

イラン政府関連サイバー集団が米大統領選関係者の複数アカウント攻撃とMicrosoft
Microsoftが、イラン政府と関わりがあるとみられる集団がMicrosoftユーザーのアカウントを乗っ取ろうとしたと発表した。ターゲットは米大統領選関係者、米政府関係者、ジャーナリストなどだったとしている。(2019/10/7)

ビジネスの世界にもはびこる:
N国とれいわ新選組が操る「不安マーケティング」の正体とは
「N国」や「れいわ新選組」が選挙で躍進した。筆者はその根本にあるのが「不安マーケティング」だと分析。ビジネスでもはびこる「不安な庶民の利用」手法を斬る。(2019/9/5)

明治公式「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2019」が開幕 松本潤さんと美輪明宏さんが各党の党首に就任
新きのこ党、リベンジなるか。(2019/8/5)

『ギャグマンガ日和』全15巻を無料公開 ベストギャグ総選挙実施中 
8月2日から9月16日の23時59分まで。(2019/8/2)

きのたけ戦争、再び 「きのこの山」「たけのこの里」国民総選挙2019開催
前回はたけのこ勝利。今回は?(2019/7/30)

FacebookとInstagramで最も発言された選挙関連の話題 フェイスブックジャパンが公表
フェイスブックジャパンが、第25回参院選期間中にFacebookやInstagramでユーザーが発言した選挙に関する話題を集計し、結果を公表した。(2019/7/23)

「私の戦闘力は53万です」 表現規制反対派・山田太郎氏が当選 SNSフル活用、“オタク層”の支持集める
第25回参院選で、漫画・アニメを表現規制から守ると訴える山田太郎氏が当選。Twitterなどを駆使する選挙戦を展開し、約53万票を獲得。「オタク層が有力な票田になることを示した」などと話題になった。(2019/7/22)

必要な人に届いてほしい 選挙の「不在者投票」をわかりやすく説明した漫画に反響
引っ越したばかりのときなどに活用したい制度。(2019/7/14)

「うっかり違反」で処罰対象に 選挙期間中にネットに書いてはいけない内容まとめ【漫画版】
公職選挙法違反に問われることも。(2019/7/14)

全国の立候補者の政策を“読み上げ” ヤフーの視覚障がい者向けサイト「聞こえる選挙」
ヤフーが第25回参議院議員通常選挙に先立ち、視覚障がい者向けの選挙情報サイト「Yahoo! JAPAN 聞こえる選挙」を公開し、初めて全国の立候補者の政策を掲載した。(2019/7/12)

キッザニア、大人は投票できない子ども向け「模擬選挙」実施 夏の参議院選挙に合わせて
将来を担う子どもたちに選挙に参加することの大切さを学んでもらうため。(2019/6/28)

結果を公開しつつ秘匿性も確保
不正選挙を防ぐMicrosoft「ElectionGuard」 その中核技術「準同型暗号」とは?
2020年の米大統領選挙に先立ち、Microsoftはオープンソースのソフトウェア開発キット(SDK)「ElectionGuard」を発表した。これにより、電子投票の結果を有権者自らが検証できるようになる。(2019/6/27)

マーク・ハミルなどハリウッドスターによる「モラー報告書」朗読会、ライブストリーミング
2016年米大統領選へのロシアによる介入とトランプ陣営の関与を捜査したロバート・モラー特別検察官の報告書の抜粋をハリウッドスターが朗読する劇が、日本時間の6月25日午前10時からライブストリーミングされる。マーク・ハミルやジャスティン・ロングなどが出演し、448ページの報告書から重要な部分を朗読する。(2019/6/25)

授業の発表はGoogleスライド、フォームで模擬選挙も 学校教育で進むWebサービス活用 リードする埼玉県に聞いた
教育のICT化でGoogleのWebアプリを活用している埼玉県にイマドキの学校のICT環境について聞いた。(2019/6/17)

“平成の雪見だいふく”復刻総選挙の結果発表 1位は外はもちもち中ももちもちのアレ
平成生まれの雪見だいふく24種がエントリー。No.1はもちもちなヤツ。(2019/5/8)

「ネコチャンたちもありがとうございます!」 選挙カーからあいさつを受けたネコチャンたちの表情が手厳しい
分かり合えないとき、ネコもけわしい顔をする。(2019/4/28)

マシーナリーともコラム:
ついに来たな! 「シンデレラガール総選挙」で勝つために、今こそ人類は『野望の王国』を読もう
※そのままマネすると犯罪に問われる可能性があります。(2019/4/19)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。