ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「選挙」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「選挙」に関する情報が集まったページです。

Google、Microsoft、MetaなどIT系20社、選挙イヤーでのAI悪用阻止協定
GoogleやMicrosoftなど大手IT企業20社のグループがミュンヘン安全保障会議で、世界で行われる選挙でのAI悪用と戦うための技術協定を発表した。2024年は40以上の国、40億人以上の人々が選挙に参加する。(2024/2/19)

弁護士やアナリストが警鐘:
“AIで作った音声電話”は「違法」 米国FCCの声明が物議を呼んでいる訳
AI技術で音声を生成したロボコール(自動音声電話)は違法だと、米連邦通信委員会(FCC)が声明を発表。予備選挙に先立ち、ジョー・バイデン大領領を装う電話を防ぐ狙いがあるが、企業にも余波が広がっている。(2024/2/16)

GoogleのTAG、商用スパイウェア企業の急成長を警告
Googleのセキュリティ監視チームTAGは、商用スパイウェア企業の実態に光を当てる報告書「Buying Spying」を公開した。スパイウェアの悪用が「世界中の言論の自由、報道の自由、選挙の完全性を脅かしている」としている。(2024/2/7)

愛知県選管のX、一時乗っ取られる DAOゲームの宣伝アカウントに
愛知県選挙管理委員会はの公式Xて乗っ取られた。DAOゲーム「Treasure」の宣伝が行われていたようだ。(2024/2/7)

松屋の「シュクメルリ鍋定食」再び! 復刻メニュー総選挙で2度目の1位
2月6日10時から販売。(2024/1/30)

「WEBマンガ総選挙2023」結果発表! 1位は『みなと商事コインランドリー』
2位は『訳アリ心霊マンション』、3位に『悪役令嬢の中の人』。(2024/1/25)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
台湾総統選、中国から圧力も「現状維持」派が当選
2024年1月13日(台湾時間)、4年に1度行われる台湾の総統選挙の投開票が行われ、「現状維持」派の与党・民主進歩党(民進党)の頼清徳氏が当選しました。台中関係ならびに世界が平和的に発展していくことを願いながら、今後も動向を追っていきたいと思います。(2024/1/22)

この頃、セキュリティ界隈で:
世界の筆頭リスクは「虚偽情報」、世界経済フォーラムが発表 AI台頭で危険増大か “AI×核兵器”にも警告
世界経済フォーラムがまとめた「グローバルリスクレポート2024」で、「虚偽情報」が初めて今後2年の10大リスクの筆頭に浮上した。背景にあるのはAIの台頭で、選挙介入からサイバー犯罪、軍事目的などでAIが利用される危険性を指摘している。(2024/1/19)

OpenAI、世界選挙イヤーに向けて複数の取り組み 有権者抑制目的のAIツール使用禁止など
OpenAIは、公正な選挙を損なう可能性のある方法での自社テクノロジー利用を阻止する複数の取り組みを発表した。政治活動目的のGPTやチャットbotの開発禁止などだ。(2024/1/16)

Meta、FacebookやInstagram上の政治広告でのAI利用開示を義務付けるポリシー変更
Metaは、2024年の米大統領選に向けて、政治広告でのAIなどを利用したコンテンツのデジタル的な改変の開示を義務付けるポリシー変更を発表した。このポリシーは2024年に世界中で発効する。(2023/11/9)

Microsoft、世界の選挙をディープフェイクなどの攻撃から守るためのツールを提供へ
Microsoftは来年の米大統領選挙に向けて、選挙に対する脅威に対処するための複数の取り組みを発表した。C2PAのデジタル透かし認証を使う「Content Credentials as a Service」などだ。(2023/11/9)

「名優トム・ハンクス」を生んだ映画「フィラデルフィア」 その裏に秘められた「戦い」とは……(2024年米大統領選挙を映画で予習)
米ニュージャージー州在住の冷泉彰彦さんが解説。(2023/11/10)

予想を覆して当選したトランプ前大統領 あの衝撃の背景にあった「闇」とは……:映画「ウィンターズ・ボーン」評(2024年米大統領選挙を映画で予習)
米ニュージャージー州在住の冷泉彰彦さんが解説。(2023/11/9)

Google、AIで生成した政治広告に明確な開示を義務付け 11月にポリシー更新
Googleは11月中旬に政治に関するコンテンツポリシーを更新し、選挙広告に合成コンテンツを含む場合、明確に開示する義務を追加する。(2023/9/7)

トランプ元米大統領、2年以上ぶりにX(旧Twitter)にポスト
元米大統領のドナルド・トランプ氏が、2年以上ぶりにX(旧Twitter)にポストした。刑務所で撮影されたマグショットに「選挙妨害 決して降伏しない!」というテキストを添えた画像と、寄付ページへのリンクだ。(2023/8/25)

「英国男優総選挙」にアイルランド人俳優がノミネート 映画専門誌の企画に批判上がり謝罪「深く反省」
「不適切な表現」があったと説明。(2023/8/23)

後藤祐樹、千葉・八街市議選に立候補 選挙活動開始でやる気「僕にしかできない事が必ずあります」「とにかく選挙頑張るぞ」
開票日は8月27日。(2023/8/21)

ダイドー「はちみつれもん」の復刻に「懐かしすぎる」と歓喜の声 今後もずっと買えるのか聞いた
「思い出商品総選挙」がきっかけで、味もパッケージもそのままに再登場。(2023/8/19)

アサヒの「復活してほしいビール」 3位「ザ・マスター」、2位「豊かな泡のプレミアム」、1位は?
アサヒビールは、「アサヒ復活ビール総選挙」を実施した。(2023/8/2)

「ハーゲンダッツ新商品で食べたいフレーバー」総選挙 2位「ピスタチオ&カカオ」、1位は?
ハーゲンダッツジャパンは、「2023年上半期発売 ハーゲンダッツ フレーバー」に関する調査を実施した。(2023/8/1)

Facebookのアルゴリズムは二極化に影響はあるが時系列表示にしても問題は解決しないとの研究結果
2016年の米大統領選で問題とされたFacebookなどのソーシャルプラットフォームの「エコーチェンバー」問題は、アルゴリズムを排除しても解決できないという複数の論文が公開された。これらの論文はMetaの協力により、多数のユーザーデータの分析に基づいたものだ。(2023/7/28)

「お食い初めの飾りが思いつかなくて、選挙ポスターつくりました」 “パパママ公認候補”3カ月息子の魅力あふれるポスターが秀逸
どこに投票するか悩む。(2023/7/24)

【台湾チア】元AKBの人気急上昇中チア、十元Hime アイドル顔のかわいい素顔に迫る
台湾AKB選挙に参加し、練習生だったHime。(2023/6/25)

期間限定フレーバー1位も決定:
サーティワン人気フレーバーランキング 2位「チョコレートミント」、1位は?
「サーティーワンアイスクリーム」を運営するB-Rサーティワンアイスクリーム(東京都品川区)が、今年3回目となる「サーティワン フレーバー総選挙」を実施した。(2023/5/20)

「日本ご当地ラーメン総選挙」初開催 全国100種類以上から“日本一”を決める真剣勝負
現時点で145のご当地ラーメンが選出。(2023/5/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「函館新幹線」ついに公約へ! 想定ダイヤをつくってみた
4月23日の函館市長選挙で当選した大泉潤氏の公約は「北海道新幹線の函館駅乗り入れ」だった。この構想は3年前に本連載で紹介した内容とほぼ同じだ。しかし現在までの3年間で少し状況が変わっている。そこでフル規格新幹線車両の函館駅乗り入れ、分割、併結なしは可能か、ダイヤをつくって検証してみた。(2023/5/13)

1万5500人が選ぶ:
ご当地バウムクーヘン総選挙 2位は北海道「クリスピーバウムクーヘン」、1位は?
洋菓子大手のユーハイム(神戸市中央区)は、3〜4月に神戸阪急百貨店などで開いた「バウムクーヘン博覧会」で「ファイナルクーヘン総選挙2023春」を実施した。(2023/5/3)

統一地方選で「零票確認ガチ勢」のツイート続々 一番乗りで「ゼロ票確認、ヨシ!」や「選挙に行こう」と呼びかける声も
乗るしかないこのビッグウェーブ(選挙)に!(2023/4/23)

大沢樹生の息子、父54歳バースデーに“光GENJI”脱退2年半後の若き“パパショット”で祝福 本人は選挙戦辞退の“けじめ”で沈黙
若いころの大沢さんと赤ちゃん時代のReijiさん。(2023/4/20)

アース製薬“商品総選挙”のポスターが本格的! 自噴党「御鬼十飛(ゴキジェット)」などが並び「センスの塊」「投票しにいかないと」と好評
「Gをゼロに」を目指す自噴党を応援したい。(2023/4/20)

行楽シーズンに向けて:
東京ばな奈、 大丸東京店リニューアル 総選挙1位の人気商品や最新作を先行販売
「東京ばな奈ワールド」を展開するグレープストーン(東京都中央区)は4月19日、「東京ばな奈STUDIO 大丸東京店」をリニューアルオープンする。ゴールデンウイークなど行楽シーズンが近づく中、コロナ5類移行に伴う旅行客の需要獲得を狙う。(2023/4/18)

FAメルマガ 編集後記:
タイの選挙に関してあれやこれや聞いて
まもなく投票日です。(2023/4/14)

神奈川知事、『週刊文春』の不倫報道を認めて謝罪 「相手女性は妻に手紙を送り、妻をも大変傷つけた」
黒岩知事は4月9日投開票の神奈川県知事選挙に立候補しています。(2023/4/6)

元SKE48・松村香織、第1子を妊娠→異例の“ベビたん命名総選挙”開催へ 「ファンの方に選んでもらいたいなと」
おめでとうございます!(2023/4/3)

トランプ前米大統領、起訴されたことについてFacebookに「民主党による魔女狩り」と投稿
ドナルド・トランプ前米大統領がニューヨーク州大陪審に起訴されたと報じられた。トランプ氏は2024年の大統領選挙への出馬を表明している。同氏はFacebookとTruth Socialでこれを「史上最低の政治的迫害と選挙干渉」と主張した。(2023/3/31)

サーティワンが第3回「フレーバー総選挙」を開催 約50年の歴史の頂点に立つのはどれだ!
ポッピングシャワーは殿堂入りです。(2023/3/31)

トランプ前大統領、YouTubeとFacebookで投稿再開 Twitterはまだ
2024年の米大統領選への出馬を表明しているドナルド・トランプ前米大統領が、YouTubeとFacebookでの投稿を再開した。YouTubeが同氏のチャンネル停止解除を発表した直後だった。Twitterにはまだ投稿していない。(2023/3/19)

森永ラムネ、50周年記念の「新キャラ選挙」開催 立候補キャラは「すみっコぐらし」作者がデザイン 約20年愛されたラムネちゃんは卒業
丸っこいハムスターと猫のキャラクターがかわいい!(2023/3/15)

「カルビー総選挙」初開催! 抽選で1万人にカルビー商品50個詰め合わせが当たるプレゼントも
投票は3月13日から7月22日まで。(2023/3/13)

「センキョ割」も:
ららぽーと愛知東郷、「こども投票」実施 愛知県知事選挙うけ
三井ショッピングパーク ららぽーと愛知東郷は、「こども投票」と「センキョ割」を実施する。子どもが選挙を体験できるほか、投票済証明書を提示すると、一部店舗で特典を付与する。2月5日の愛知県知事選挙を受け、社会参加意識や選挙への興味喚起が狙いだ。(2023/1/31)

2022下半期発売の商品が対象:
ハーゲンダッツ総選挙 ”また食べたいフレーバー”の2位は「悪魔のささやきチョコレート」、1位は?
ハーゲンダッツ ジャパンは「“また食べたい”と思うフレーバー」を調査した。2位はミニカップ 悪魔のささやき「チョコレート」がランクイン。気になる1位は?(2023/1/22)

うまい棒総選挙で「コーンポタージュ味」が1位に 好みの分かれる「なっとう味」も5位と健闘
1位と2位は343票差……!(2023/1/11)

お酒が無料で飲めるキャンペーンを日本酒原価酒蔵が実施 「新成人に飲んでもらいたい日本酒総選挙」上位4銘柄から1本
新成人をお祝いして1月9日から19日まで。(2023/1/9)

約3万人が投票:
ご当地バウムクーヘン総選挙 2位は埼玉「旬果バウムサンド ミックス」、1位は?
洋菓子大手のユーハイムは、10〜11月に東武百貨店池袋本店などで開いた「バウムクーヘン博覧会」で「ファイナルクーヘン総選挙2022東京頂上決戦」を実施した。1位は「パティスリー ザ・エレン」(山梨)の「エレンバウム ハードタイプ」が選ばれた。(2022/11/29)

ミスタードーナツで“推しド総選挙2022”開催 愛するドーナツに思いを込めてSNSに投稿しよう
私はチョコファッション!(2022/11/22)

「ダイソー商品総選挙2022」開催 「店長おすすめ」「SNSで人気」などの5部門から全50商品がエントリー
投票ユーザーには抽選でプレゼントも。(2022/10/29)

史上初! 「うまい棒総選挙」スタート 全15種類のフレーバー対象、11月末まで
やおきんが、自社の人気商品「うまい棒」の人気投票「うまい棒総選挙」を始めた。同社では史上初となる取り組みで、11月30日まで公式Webサイトで投票できるようにしている。(2022/10/22)

TBSラジオが調査:
3万人が選ぶ「お気に入りのスーパーマーケット」 3位「ライフ」、2位「ヤオコー」、4年連続1位になったのは?
TBSラジオが生活情報番組『ジェーン・スー 生活は踊る』で行った「スーパー総選挙」の結果を発表した。「お気に入りのスーパーマーケット」2位には「ヤオコー」、3位には「ライフ」がそれぞれ入った。(2022/10/22)

史上初「うまい棒総選挙」をやおきんが開催 全15種類のフレーバーから1位のうまい棒を決定
推し味デザインの抱き枕が当たるキャンペーンも実施中。(2022/10/20)

Meta、ロシアによる反ウクライナと中国による米国撹乱のキャンペーンをFacebookとIntagramから排除
Metaは、FacebookとInstagram上で米中間選挙を分断させようとする中国からのキャンペーンを排除したと発表した。また、ウクライナを批判するロシアからのキャンペーンも排除したとしている。(2022/9/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。