ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2009年08月12日 07時00分 UPDATE

衆院選「ニコ動」世論は自民優勢

衆院選の「ニコニコ動画」世論は自民が優勢。比例代表・小選挙区ともに、投票先に自民党を選んだ人が多かった。

[ITmedia]

 「ニコニコ動画」(ニコ動)世論は自民党優勢――ニワンゴは、8月7日〜10日に「ニコ割アンケート」で行った、衆院選に関するネット世論調査の結果を11日に発表した。比例代表で自民党に投票すると答えた人は38.7%、民主党は31.1%。地域ブロック別に見ても、全11ブロックで自民党がトップだった。

 アンケートには85万442件の回答が寄せられ、20代〜40代の回答を中心に解析した。

 比例代表の投票先は、自民党、民主党に続き、共産党が6.0%、公明党が3.0%、社民党が1.5%、国民新党が1.2%、新党日本が1.0%、改革クラブが0.9%という順。「選挙へ行かない」という人は13.3%だった。

 年代別では、自民党と回答した人は20代(41.9%)と30代(39.3%)に多いという結果。民主党は年代が高くなるにつれ割合が増えた。

 男女別に見ると、自民党は男女差がほとんどなかったが、民主党は男性(34.3%)の方が女性(27.7%)より6.6ポイント多かった。

 小選挙区の投票先についても同じ傾向で、自民党候補が38.1%、民主党候補が31.3%だった。選挙へ行かないという人も14.0%いた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.