ニュース
» 2009年08月21日 09時39分 UPDATE

Dell、CULV搭載ノートPC「Inspiron 11z」発表

Inspiron 11zは「Netbook並の携帯性」と「従来のノートPC並の性能」を併せ持つという。

[ITmedia]

 米Dellが、一部でうわさになっていたCULV(超低電圧)プロセッサ搭載システム「Inspiron 11z」の発売を公式に認めた。

ah_11z.jpg

 Inspiron 11zは「Netbookのような携帯性と、ノートPCのような性能」を併せ持つとDellは述べている。Netbookとの違いは、IntelのAtomプロセッサではなくCULVプロセッサ(1.2GHz Celeron 723)を採用しており、内蔵メモリが2GバイトとNetbookと比べ多い点だ。しかし価格は399ドルと、Netbookと同程度になっている。

ah_11z1.jpg

 ディスプレイサイズは11.6インチで、HDD容量は250Gバイト、Wi-Fi機能を内蔵する。OSはWindows Vista Home Premiumで、Windows 7に無料アップグレードできる。厚さは1インチ(約2.5センチ)ほど、重量は3ポンド(約1.4キロ)と薄型軽量で、バッテリー駆動時間は3時間以上。

 Dellは、Inspiron 11zは「価格はNetbookと同程度だがノートPC並の性能を持ったNetbookのようなデバイス」を求める顧客の声に応えたものだとしている。同社は先に、Netbookの「Inspiron Mini 12」の販売終了を発表したときに、「Netbookのスイートスポットは10インチであり、それよりも大きめのノートPCにはもう少し処理能力が必要」と発言していた。

 Inspiron 11zは米国で既に発売されており、8月25日から英国、フランスでも発売される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -