ニュース
» 2009年09月03日 08時45分 UPDATE

ソニー、3Dテレビを2010年に投入 VAIOやPS3も3D対応へ

3D対応BRAVIAを発売するほか、Blu-ray製品やVAIO、PS3なども3Dに対応させる。

[ITmedia]

 ソニーは9月2日、家庭用3Dテレビを2010年に投入するとドイツで開催の家電展示会IFAで発表した。

 同社は3D対応BRAVIAを2010年に発売し、Blu-ray製品、VAIO、プレイステーション 3(PS3)なども3Dに対応させる計画だという。

 同社の3Dテレビはフレームシーケンシャル表示方式とアクティブシャッター方式の3Dメガネを採用し、ソニー独自の高フレームレート技術で、左目用・右目用とも1920×1080ピクセルのフルHD(高精細)3D画像を実現するとしている。

 ソニーはIFAのブースで3D対応1080p BRAVIAを展示、ゲーム、映画、スポーツなどの3D映像をデモしている。

ah_sony3d.jpg ソニーが4月に公開した3Dディスプレイ

関連キーワード

3D | ソニー | 立体テレビ | PS3 | BRAVIA | VAIO | Blu-ray | IFA | 3D画像 | 3D映像 | フルHD


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -