ニュース
» 2009年09月29日 18時25分 UPDATE

ドコモ携帯、ヤフオク出品時は固有番号記載を義務付け 不正入手対策で

ヤフオクなどで、ドコモ携帯出品時に端末固有番号の記載を義務付ける。盗品など不正に入手した携帯電話の流通を防ぐ目的。

[ITmedia]
photo NTTドコモの「ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト」

 「楽天オークション」「Yahoo!オークション」などオークション4サイトで10月1日から順次、NTTドコモの携帯を出品する際、端末の固有番号記載が義務付けられる。盗品など不正入手された端末の流通を防ぐため。

 「楽天オークション」で10月1日から、「ビッダーズ」と「モバオク」では11月1日から、ヤフオクでは年内に始める。ドコモはあわせて、不正入手が明らかになった端末を、固有番号から調べられるサービスも提供。オークション利用者は、不正入手端末かどうかをサイトでチェックした上で入札できる。

 ドコモは、不正入手が明らかになった端末の通信制限を10月1日にスタートする予定。オークションサイトに固有番号記載を義務付けることで、「オークションで知らずに落札した端末が利用制限の対象だった」という事態を防ぐ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -