ニュース
» 2009年10月02日 07時00分 UPDATE

Oracleに1万ドルの罰金 IBMとの比較広告めぐり

Oracleが「IBM製品よりもSun+Oracleの方が高速」と主張する広告をめぐり、ベンチマーク策定団体から処分を受けた。

[ITmedia]

 トランザクション処理のベンチマークテストを策定する業界団体Transaction Processing Performance Council(TPC)は9月29日、米Oracleに罰金と是正措置を命じたと発表した。TPCベンチマークテストの結果を公正に使用しなければならないというルールに違反したためという。

 TPCが違反行為があったとしているのは、Oracleが8月と9月にWall Street JournalとThe Economistに掲載した広告。Oracleは広告の中で、TPC-Cベンチマークテストの結果を引き合いに出して、IBMの製品よりも「Sun+Oracleの方が高速」と主張していた。このときOracleは、「証拠は10月14日に公開する」として、自社製品のベンチマークスコアを公表しなかった。TPCは、性能比較は公開されているデータに基づいて行わなければならないとしている。

 TPCはOracleに1万ドルの罰金の支払いと、問題の広告の掲載停止を命じた。

関連キーワード

Oracle | 広告 | ベンチマーク | IBM | 罰金


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -