ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「罰金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「罰金」に関する情報が集まったページです。

Twitter、Facebook、Google、Telegram、香港当局への情報開示を一時停止
香港で6月30日に国家安全維持法が施行されたことを受け、Google、Twitter、Telegram、Facebookがそれぞれ、香港当局へのユーザーデータ開示を一時的に停止したと発表した。同法第43条は、裁判命令に従わない企業には約140万円の罰金、6カ月の懲役を科すとしている。(2020/7/7)

「花粉を水に変えるマスク」に根拠なし 消費者庁が課徴金857万円の納付を命令
合理的な根拠を示す資料は提出されず。(2020/6/24)

消費者庁、「花粉を水に変えるマスク」販売企業に課徴金857万円
消費者庁は、「花粉を水に変える」と表示したマスクを販売していた企業に対して、表示の裏付けとなる合理的な根拠が示されず、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、857万円の課徴金納付命令を出した。(2020/6/22)

「5万円以下の罰金」 自転車のあおり運転も「危険行為」に、改正道交法施行令が7月2日施行 つまりどういうこと?
自転車のあおり運転も「危険行為」になります。命令に背けば「5万円以下の罰金」が課されます。(2020/6/12)

企業が準備すべきなのはデータの保護とバックアップ:
「攻撃を受けた企業のCEOは罰金を支払うべきだ」は35%、ベリタスがランサムウェアに関する調査
ベリタステクノロジーズが実施したランサムウェアに関する調査によると、多くの消費者が「企業は身代金の支払いを拒否すべきだ」と考えている半面、自身のデータが侵害された場合は「攻撃者に身代金を支払って対処してほしい」と望んでいることが分かった。(2020/6/12)

あおり運転は「酒酔い運転と同等の重罰」に 改正道交法が2020年6月30日施行 つまりどういうこと?
最大で5年以下の懲役または100万円以下の罰金、一発免許取り消しです。(2020/6/4)

孫の写真を許可なくSNSに投稿したおばあちゃんに削除指示 裁判所「写真1枚につき1日6000円の罰金」
数カ月にわたり写真を消すようお願いされていたようです。(2020/5/24)

「消毒用の酒」を高額転売、酒税法違反では? 国税庁に取材「罰金の納付を求める可能性も」
アルコール度数の高いお酒がフリーマーケットアプリに高額で出品されていました。(2020/4/21)

Zoombombingは犯罪 米司法省が警告
新型コロナの影響でユーザーが急増したWeb会議サービス「Zoom」で問題になっている「Zoombombing」は逮捕または罰金の対象であると、米司法省が警告し、被害者はFBIに報告するよう呼び掛けた。(2020/4/5)

マスク転売、3月15日から禁止 違反には罰則
違反者に対しては懲役1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。(2020/3/10)

マスク高額転売、最高で懲役1年か罰金100万円に 3月15日から
政府は、購入価格を超える価格でのマスク転売を禁止し、違反者には1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金を科すと決めた。(2020/3/10)

マスク転売に罰則 最高で5年以下の懲役、300万円以下の罰金も検討
安倍晋三内閣総理大臣は、新型コロナウイルスの感染拡大により品薄状態が続いているマスクについて、転売を禁止する対策を指示した。ネットオークションでのマスク出品自粛の要請に加え、より厳しい規制を行い、品薄解消を狙う。(2020/3/6)

なぜ「逆転有罪」に? コインハイブ裁判、東京高裁が無罪判決を棄却した3つのポイントを解説
無罪判決が棄却され、罰金10万円の支払いを命じる有罪判決を言い渡されました。(2020/2/18)

Coinhive裁判、逆転有罪の根拠は? なぜ無罪判決は覆ったのか
Coinhiveを閲覧者に無断で自身のWebサイトに設置したとして、不正指令電磁的記録保管罪に問われた男性の控訴審判決で、東京地裁は2月7日、罰金10万円の有罪を言い渡した。なぜ一審の無罪から控訴審では有罪に覆ったのか、裁判の争点を整理する。(2020/2/10)

Coinhiveで“無断採掘”、逆転有罪 二審・東京高裁
「Coinhive」を閲覧者に無断で自身のWebサイトに設置したとして、不正指令電磁的記録保管罪に問われた男性の控訴審判決が2月7日にあった。東京高裁は一審の無罪判決を破棄し、罰金10万円を言い渡した。(2020/2/7)

CGでも児童ポルノになる、最高裁が初の判決確定 実在の女児をモデルにしたため
最高裁第1小法廷は、女児のCG画像を作った高橋証被告について、児童買春・児童ポルノ禁止法違反罪であるとし、罰金刑を言い渡した。被告が実在の女児をモデルにCGを作っていたことが決定の要因となった。(2020/1/31)

「ながら運転」検出AIカメラ、オーストラリア州政府が導入
オーストラリアのニューサウスウェールズ州政府が、AIカメラによる「ながら運転」検出を12月1日から開始した。州内の道路に設置したカメラでながら運転ドライバーを検出する。それを人間の担当者が確認した後警告し、猶予期間後の再犯で罰金と減点を科す。(2019/12/2)

元Uber幹部をGoogleからの企業秘密窃盗で米司法当局が起訴
元Googleのエンジニアで自動運転企業OTTOを立ち上げ、Uber入りしたアントニー・レヴァンドウスキ氏が、米司法当局に自動運転関連の企業秘密窃盗の疑いで起訴された。有罪になれば最大10年の禁固刑と25万ドルの罰金が科される可能性がある。(2019/8/28)

British Airwaysで何が起こっていたのか
大手航空会社が「GDPR」違反で約240億円の罰金 制裁は正当か
British Airwaysは、大規模な顧客情報流出に対してGDPRの制裁を受け、1億8339万ポンドの罰金が科せられる可能性がある。攻撃の詳細は明らかになっておらず、制裁の正当性について専門家は疑問を呈する。(2019/8/7)

改正道交法で「ながら運転」厳罰化 違反点数と反則金を引き上げ
道路交通法の一部改正に伴い、「ながら運転」の違反点数と反則金が引き上げられる。(2019/7/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車メーカーを震撼させる環境規制の激変
「最近のクルマは燃費ばかり気にしてつまらなくなった」と嘆いても仕方ない。自動車メーカーが燃費を気にするのは、売れる売れないという目先のカネ勘定ではなくて、燃費基準に達しないと罰金で制裁されるからだ。昨今の環境規制状況と、それが転換点にあることを解説する。各メーカーはそのための戦略を練ってきたが、ここにきて4つの番狂わせがあった。(2019/7/29)

FacebookにFTCから約5400億円の制裁金 個人情報保護めぐり
消費者プライバシーに関する50億ドル(約5400億円)の制裁金は過去最大。(2019/7/25)

Facebookに5400億円の制裁金 「個人情報利用でユーザーを欺いた」
ユーザーの個人情報の扱いを巡って、米連邦取引委員会が50億ドル、証券取引委員会は1億ドルの制裁を発表。FacebookはMicrosoftとソニーによる友達データへのアクセスを停止したことも明らかにした。(2019/7/25)

Facebook決算、FTC制裁金で減益だが予想を上回る売り上げ
Facebookが4〜6月期の決算を発表した。同日FTCが発表した50億ドルの制裁金により、純利益は49%減だったが、売上高は予想を上回る168億8600万ドル。MAUも8%増加し、24億1000万人になった。(2019/7/25)

FacebookへのFTCの制裁金は過去最高の50億ドル 「プライバシーの新たな枠組みを構築する」とCEO
米連邦取引委員会(FTC)はFacebookのプライバシー保護問題に関する調査の結果、過去最高の50億ドルの制裁金支払いと独立取締役によるプライバシー委員会の設置を命じた。ザッカーバーグCEOは「Facebookはプライバイシーで業界の手本になる」と語った。(2019/7/25)

「レベル3自動運転」視野に法改正進む、条件満たさず使用すると反則金
警察庁が自動運転に関わる反則金などを定めた「改正道交法施行令案」を公開し、意見募集(パブリックコメント)を始めた。自動運転システムの使用条件を満たさない状態、作動状況記録装置が正常に働かない状態で使用すると反則金9000円など。(2019/7/22)

EU、Qualcommに独禁法違反で2億4200ユーロの制裁金 Qualcommは控訴
EUが米半導体大手のQualcommが独禁法に違反したとして2億4200万ユーロの制裁金を科した。3Gチップセットを製造コストを下回る価格で販売することで、競合を市場から締め出そうとしたとしている。(2019/7/19)

Facebookの個人情報管理問題の制裁金はFTCとして過去最高の50億ドル
米連邦取引委員会(FTC)によるFacebookの個人情報管理問題の制裁金は過去最高の50億ドルになると、複数メディアが報じた。Facebookにとっては約3カ月分の純利益相当に過ぎず、同社の株価はこの報道後20セント上昇した。(2019/7/15)

英当局、個人情報流出に135億円の制裁金通告 BAに続きMarriottにも
Marriott傘下のStarwood系列ホテルから利用客などの個人情報が流出した事件で、英当局はMarriottに対し、一般データ保護規制(GDPR)に基づいて9920万396ポンド(約135億円)の制裁金を科す意向を通知した。(2019/7/10)

Marriott InternationalにGDPR侵害で約135億円の制裁金 個人情報流出で
英情報保護当局が、ホテル大手Marriott Internationalが昨年発表した5億人の顧客の個人情報流出について、EUの一般データ保護規則(GDPR)を侵害したとして9920万396ポンド(約135億円)の制裁金を科すと発表した。(2019/7/10)

British Airwaysのユーザー情報流出、GDPR違反で約250億円の制裁金を通知
英BBCによると、ICOがGDPRに基づいて制裁金を通告するのは今回が初めてで、金額は史上最高額となる。(2019/7/9)

British AirwaysにGDPR侵害で約250億円の制裁金 個人情報流出で
英航空大手British Airways(BA)から昨年9月に大量の個人情報が盗まれた件で、英情報保護当局が約250億円の制裁金を検討していると発表。欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)侵害としている。BAは不服申し立てを検討していると発表した。(2019/7/9)

マクドナルド「東京ローストビーフ」問題で消費者庁が課徴金納付命令
CMでブロック肉を表示していたが実際の商品は成型肉でした。(2019/5/24)

Googleの親会社Alphabet、EU制裁金で29%減益 広告売り上げは鈍化
Alphabetの1〜3月期の決算は、売上高は広告の伸びが鈍化し、予測を下回る363億3900万ドル、純利益はEUからの制裁金約17億ドルが響き、29%減だった。(2019/4/30)

Facebook決算、予想を上回る増収だがFTC制裁に備え50億ドル計上で減益
Facebookの1〜3月期決算は、売上高は予想を上回る2桁台の増収だったが、プライバシー問題でFTCから制裁金を課せられる可能性を予想して50億ドルの引当金を計上したため、51%の減益だった。(2019/4/25)

金融庁、虚偽決算のDLEに1億3500万円の課徴金支払い命令
「厳粛に受け止める」とのコメント。(2019/4/19)

「1000万円以下の罰金」って1円でもいいの? 「罰金の下限」はいくらなのか
上限は分かったけど、下限は?(2019/4/9)

英政府、ネットの有害投稿規制でプラットフォームに罰金へ
英政府が、インターネット上の有害投稿を規制するための提案「Online Harms White Paper」を公開した。プラットフォーム企業による投稿管理を義務付け、違反した場合は罰金を課す。(2019/4/9)

テロ映像など暴力的コンテンツ削除しないSNS運営企業に罰金や実刑 豪で法案が可決
年間売上高の最大10%の罰金が科されます。(2019/4/4)

コインハイブ事件 横浜地裁、Webデザイナー男性の主張認め「無罪」判決
検察側は罰金10万円を求刑、弁護側は無罪を主張していました。(2019/3/27)

Google、欧州のAndroidユーザーにWebブラウザと検索エンジン選択の自由を明示へ
Googleが、欧州でのAndroidアプリ市場の健全性強化のために、ユーザーに使いたいWebブラウザと検索エンジンの選択を促すと発表した。同社は欧州委員会からAndroidアプリでの独禁法違反で43億4000ユーロの制裁金を科されている。(2019/3/21)

EU、Googleに15億ユーロ(約1900億円)の制裁金 検索広告で競争法違反
欧州委員会がGoogleに対し、AdSenseによる検索広告仲介で独禁法に違反したとして14億9000ユーロの制裁金を科した。2017年からのEUによるGoogleの制裁金の累計が82億5000万ユーロになった。(2019/3/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
罰金を科された「TikTok」は、第2のファーウェイになるのか
世界的に人気の動画共有アプリ「TikTok」の運営企業が米政府から罰金を科された。ファーウェイに続き、また中国企業が米国の目の敵にされている、と不穏な見方が浮上している。なぜTikTokに対する警戒感が広がりつつあるのか。この騒動はどこへ向かうのか。(2019/3/7)

TSUTAYAに1億1753万円の課徴金 「動画見放題」実際に見放題だったのは1〜2割
すべての作品が見放題となるかのような表示をしていたとして、消費者庁が課徴金納付命令を行いました。(2019/2/22)

TSUTAYAに課徴金1億円 「動画見放題」、実際は一部のみ
「TSUTAYA TV」の「動画見放題」プランで、あたかも全ての動画が見放題になるかのように表示。消費者庁が景表法違反に当たるとして、TSUTAYAに課徴金1億1753万円の支払いを命じた。(2019/2/22)

パーソナライズ広告の個人データ利用が争点に
なぜGoogleはGDPR違反で62億円の制裁金を科されたのか
Googleは大手企業として初めてGDPRの制裁を受け、罰金5700万ドルが科せられた。今回の制裁の理由とGoogleの今後について詳しく説明する。(2019/2/20)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:「Android分裂」か?
巻頭特集は、欧州連合がGoogleに科した巨額の罰金について。ECの狙いはAndroidの分裂なのか? 他にクラウドストレージサービス解説(AWS編)やOracleの没落、「AIが認識しているもの」が持つ意味の解説などの記事をお届けする。(2019/2/12)

Google、フランス当局からGDPR違反で5000万ユーロの罰金
仏データ保護規制当局CNILが、GoogleがGDPR(一般データ保護規則)に違反したとして5000万ユーロ(約62億円)の罰金支払いを命じた。昨年5月に施行されたGDPRがフランスで適用されるのは初だ。(2019/1/22)

「知らなかった」では済まされない:
違反すると懲役刑や罰金刑も! 「残業時間の上限規制」の影響を弁護士に聞いた
2019年4月から働き方改革関連法が施行される。「残業時間の上限規制」など関連法の内容と、企業団体の人事・総務に求められる具体的な対応を、TMI総合法律事務所パートナーの近藤圭介弁護士に聞いた。(2018/12/20)

「朝礼と掃除は仕事じゃないからタイムカードは今から切ります」 実話に基づいた「ブラック企業体験イベント」が完全にホラーだった
「残業は1日10時間まで」「ノルマ未達成だから罰金10万円」……パワーワードが多すぎる。(2018/11/26)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。