ニュース
» 2009年10月09日 07時06分 UPDATE

Twitter、またダウン――サーバでのバグが原因

Twitterが数時間にわたってダウンした。原因はサーバでのバグで、現在は修復されている。

[ITmedia]

 米Twitterで10月8日、数時間にわたって多数のユーザーのタイムラインがダウンした。Twitterのステータスサイトによると、同日午後12時27分には修復された。

 このサービス障害は、Twitterのサービスを提供している主要なサーバの1つでの“非常にまれな”状況で発生するバグによって引き起こされたという。Twitterはこのバグを修正し、再発しないよう最適化したとしている。

 この問題により、TwitterのSMSサービス経由のつぶやきが部分的に失われた可能性がある。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

Twitter | バグ | サーバ | サービス障害 | 不具合 | SMS


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -