ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2009年11月04日 07時00分 UPDATE

NEC、PCの省エネ促進サービス ユーザーの行動パターンから自動節電

NECは、オフィスで使うPCの省エネ化を促進するサービス「エネパルPC」を発売した。ユーザーの行動パターンを学習し、自動で節電モードを設定する。

[ITmedia]
photo 各PCユーザー向けにPCの消費電力やCO2排出量を表示

 NECとNECフィールディングは11月2日、オフィスで使うPCの省エネ化を促進するSaaS型サービス「エネパルPC」を発売した。PC管理者が、部や課の単位でPCの消費電力やCO2排出量を把握できるほか、各ユーザーの行動パターンを学習した自動節電設定も可能だ。

 管理者は、専用ソフトを使ってCO2削減目標を設定。進捗を集計し、結果をグラフや表に表示する。

 消費電力やCO2排出量、電気料金は、各ユーザーのPCにも表示。削減目標に対する進ちょくを表示したり、消費電力を自動でコントロールする。目標が達成できそうにない場合は、注意を促すメッセージを発信する。


photo 管理者向けには、管理下のPC全体の状態を表示する

 ユーザーの行動パターンを学習した自動省エネ機能も。CPUやメモリの使用率、キーボードやマウスの入力状況などをデータベース化。将来の利用状況を予測し、ユーザーの特性に合わせた節電モードを自動的に設定する。

 同サービスは2007年と昨年に実証実験を行い、導入前よりCO2排出量を15〜22%削減できたという。

 価格は、1000台利用時で96万円(税別)で、出荷は12月1日から。3年間で200万台への提供が目標。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.