ニュース
» 2009年11月26日 11時47分 UPDATE

せかにゅ:Apple、喫煙者のMac修理を拒否 「受動喫煙リスク」理由に

何人かの喫煙者がAppleにMacの修理を依頼したところ、Macが「汚染」されており、「受動喫煙リスク」があるため修理はできないと言われたという。

[ITmedia]

喫煙でMacの保証が無効に?

 「たばこを理由に保証期間内のMacの修理を拒否された」という報告が、消費者問題を扱うブログConsumeristに数件寄せられている。いずれのケースも、保証期間内のMacの修理をApple StoreやAppleサービスセンターに依頼したところ、マシンが「たばこの煙で汚染されている」ため保証は無効だと告げられ、「受動喫煙リスク」を理由に修理を拒否された。Appleは、ニコチンはOSHA(米労働安全衛生法)の危険物質リストに載っている「バイオハザード」であるとし、「健康に有害と見なされるものについては、社員に修理を命じない」としている。しかし、保証プログラムの条項には、喫煙環境での使用で保証が無効になるという記述はないという。

Smoking Near Apple Computers Creates Biohazard, Voids Warranty(Consumerist)

Microsoft、SilverlightコンテンツのiPhone対応で「Appleと協力」

 Microsoftのユーザーエクスペリエンスマネジャー、ブライアン・ゴールドファブ氏が、SilverlightコンテンツをiPhoneで視聴できるよう、Appleと協力していると明らかにした。Appleと協力し、SilverlightコンテンツをiPhoneで再生できるように変換するサーバサイドのソリューションを開発している。これにはHTML5のvideoタグを使用するという。ただし「Appleと協力」とは言っても、作業はすべてMicrosoft側で行うと同氏は語っている。

 一方、SilverlightのライバルであるFlashについては、AdobeがiPhone上でFlashアプリを動かす変換ツールを開発している。

Microsoft 'worked with Apple' for Silverlight on iPhone, says Goldfarb(BetaNews)

ソニエリが透明携帯を発売

 Sony Ericssonが、ロンドンの高級デパートSelfridgesで透明携帯「Xperia Pureness」の販売を開始した。Xperia Purenessは上半分が透明になった独特のデザイン。透過液晶ディスプレイを採用している。下半分は、電源を切ったときにはキーボードが見えないという。アプリもカメラもなく、基本的な通話・メール機能と音楽機能のみを備えるが、世界のどこでも24時間コンシェルジェがフライト予約などをしてくれるサービスが付いてくる。現時点ではSelfridgesでのみの限定販売で、2010年1月に一般販売を開始する。SIMフリーで600ポンド。

ah_pure.jpg

Sony Ericsson launches its Pureness phone(Inquirer)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -