ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「たばこ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「たばこ」に関する情報が集まったページです。

大和田美帆、母親・岡江久美子さんのヘビースモーカー説を否定 「喫煙者ではなかった」「悔しいなぁ」と真実明かす
大和田さん「火のないところに煙ってたつんですね」(2020/8/5)

10月1日から:
たばこ増税で JT、224銘柄値上げ
JTは10月1日からのたばこ増税などに伴い、たばこ価格を値上げすると発表した。(2020/8/1)

JTがたばこの値上げ申請を発表 1箱あたり約50円の値上げ
増税のほか、販売数量の減少も原因に。(2020/7/31)

ベンダーのロードマップは3年先まで把握済み:
JTが構築してきたベンダーとの”いい関係”、パラダイムシフトを乗り越えるIT活用とは
ニューノーマル時代の到来と共に、世界中で産業構造が変わろうとしている。そのような中、「たばこ離れ」という文化レベルのパラダイムシフトを乗り越えてきたJTは、ITをどのように生かしているのか。同社でデジタル変革を主導する、CIO グローバルオフィス担当部長の引地久之氏に話しを聞いた。(2020/7/8)

古本にこびりついたタバコ臭を一発で取る裏技が簡単すぎる! 「こんなに効果あるとは…」と話題の方法を編集部でも試してみた
めっちゃ取れる。(2020/7/3)

目と口のある「タバコのぬいぐるみ」がキュート! 愉快な表情が「ゆるくてかわいい」「タバコ吸わないけど欲しい」と人気
めっちゃ良い表情。(2020/6/22)

喫煙者なのに「非喫煙者のためにスイーツ休憩設けます!」 バイト先の“不平等”を店長自ら解決する漫画が痛快
店長、話が分かる。(2020/6/19)

医療技術ニュース:
禁煙治療用スマホアプリの長期的な禁煙継続効果を確認
慶應義塾大学とCureAppは、ニコチン依存症に対する治療用アプリの大規模多施設ランダム化比較対照試験を実施し、長期的な禁煙継続効果があることを明らかにした。(2020/6/11)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国「感染リスク判定アプリ」、“病歴・飲酒・喫煙データ収集構想”に波紋
日本では開発の遅れが取り沙汰される新型コロナウイルスの「接触確認アプリ」だが、中国では2月初旬から運用が開始されている。ここでは中国アプリのこれまでと現状、第2波に備えた拡充構想とそれに対する市民の反応をレポートする。(2020/6/5)

JT、月額230円から加熱式たばこを利用できる「Ploom 定額プラン」スタート
特典付き。(2020/6/3)

データ管理:
PR:1万種類もの化合物を合成する新薬開発、データ管理が開発効率化の決め手に
医薬品事業に進出して30年以上が経過した日本たばこ産業(JT)。オリジナルの抗HIV薬などの開発で世界的にも高い医薬品開発力を示した同社だが、そうした“創薬力”を担うのが同社の医薬総合研究所である。中でも薬物動態研究所では、より効率的で低コストな医薬品開発を実現すべく、膨大な実験データの活用を促進するシステムを構築している。(2020/5/11)

加盟店からの要望に対応:
ローソンが「トイレの使用休止」方針を一部変更 社会を支えるドライバーはOK
ローソンは4月28日にトイレ、ごみ箱、灰皿の使用を一時休止すると発表した。しかし、29日にトイレの利用方針を変更すると発表した。社会を支えるドライバーなどには開放する。(2020/5/1)

ローソン、トイレ・ゴミ箱・灰皿の提供を一時休止 新型コロナウイルス感染拡大予防のため
あわせて、接触機会を少しでも減らすべく、セルフレジの活用も加速させるとのこと。(2020/4/28)

お客や従業員を守るため:
ローソンが「トイレ・ごみ箱・灰皿」の使用を一時休止 使用済みマスクが捨てられている実態に不安の声
ローソンが「トイレ・ごみ箱・灰皿」の使用を一時休止する。お客と従業員の安全のため。セルフレジの活用も一方で進める。(2020/4/28)

スピン経済の歩き方:
「喫煙者は新型コロナにかかりにくい」 まさかの新説は本当か
アメリカやフランスの研究チームが、ちょっと信じられない研究結果を発表した。「喫煙者は新型コロナにかかりにくい」というのだ。まさかの新説の裏に何があるのか。(2020/4/28)

専門家「今こそ禁煙すべき時」「たばこ会社は生産・販売停止を」 新型コロナ重症化のリスク指摘
禁煙には「絶対的に最善の時」とのこと。(2020/4/7)

スマホ依存症なので煙草みたいなスマホケースを作りました → 「例の注意書き」に何の効果もなかったことが判明……
作者「この注意書きに何の効果もないことが分かりました」……そりゃあね。(2020/4/4)

新型コロナと室内喫煙規制に対応 VAPEが「乗り換え半額セール」実施
法改正をビジネス上の好機と捉え、 国産VAPEリキッドメーカーのMK Lab(東京・千代田)が4月1日〜12日の約2週間、 紙巻たばこからの“乗り換え割り”として半額セールを実施。税抜き5000円以上の商品を購入した場合も、送料を無料にするキャンペーンを実施している。(2020/4/3)

スピン経済の歩き方:
飲食店でタバコを吸えなくなっても、“開き直りおじさん”が増える理由
4月、改正健康増進法が全面施行される。これによって、飲食店などでも原則禁煙になるわけだが、筆者の窪田氏はちょっと気になることがあるという。愛煙家を追い込むことによって、「開き直り喫煙おじさん」が増えるというのだ。どういう意味かというと……。(2020/3/31)

法改正に追われるタバコ業界でフィリップ モリスが加熱式への切り替えを後押し 「ヒーツ」から2銘柄を発売
法改正に追われるタバコ業界――。アイコス専用たばこスティックの「ヒーツ(HEETS)」から「ヒーツ・シトラス・グリーン」「ヒーツ・フレッシュ・パープル」の2銘柄が発売された(2020/3/30)

従業員の受動喫煙NO! 飲食店はどうなる?
東京都受動喫煙防止条例が4月1日に全面施行される。都条例では改正健康増進法にさらなる制約が加わり、都内飲食店の84%が原則屋内禁煙となる。(2020/3/30)

PR:酒場訪問記「渋谷のんべい横丁」 酒クズ喫煙者がタバコを我慢しながら楽しんでみた
吸う人吸わない人も楽しい酒場を訪問!(2020/6/18)

「全面禁煙」の事業所が増加:
4月からの「屋内原則禁煙」、業績への影響は? 帝国データバンク調べ
4月に施行される、改正健康増進法。これにより、屋内では「原則禁煙」となる。施行を前に、全面禁煙や完全分煙をうたう飲食店も増えてきたが、4月以降の企業への影響はどうなるだろうか?(2020/3/24)

「マールボロ・ヒートスティック・ブライト・メンソール」が発売 4月の改正健康増進法施行を控え
2020年4月1日より健康増進法の一部を改正する法律が全面施行される。これにより、飲食店やオフィスなど多くの場所が原則屋内禁煙になり、喫煙環境が大きく変わることが見込まれる。飲食店やたばこ業界が対応に追われるなか、喫煙環境の変化を好機と捉える動きも出てきた。フィリップモリスジャパンは、加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」専用のたばこスティック「マールボロ・ヒートスティック・ブライト・メンソール」を3月16日に発売した。(2020/3/24)

4月1日の改正健康増進法、タバコを吸う人はどのように感じている?
4月1日に施行される改正健康増進法など、喫煙環境の変化に対し、喫煙者はどのように感じているのだろうか。ジョンソン・エンド・ジョンソン調べ。(2020/3/23)

喫煙可能なお店やスポットを探せる機能も JTがオンラインサービスをスタート
6万カ所以上の喫煙スポットを登録(2月26日時点)(2020/3/7)

【なんて読む?】今日の難読漢字「芥箱」
芥川竜之介でおなじみの漢字。でも、「あくたばこ」ではない。(2020/2/28)

30代男女に好影響?:
4月以降“原則屋内禁煙”になっても喫煙者の4割は「外食時に喫煙したい」 会社の飲み会にも影響が
4月から喫煙できる飲食店が減少する。それでも「外食時に吸いたい」と思う人の割合はどれくらいなのだろうか? 30代男女には好影響があるようだ。(2020/2/21)

吸わない人でも10%超は肯定:
たばこ休憩、どう思う? 非喫煙者の「厳密にいえば給料泥棒」という意見に対して喫煙者の言い分は……
「たばこマナー」に関する調査結果が発表。喫煙者のうち、仕事中にたばこ休憩を取る人は7割超だった。たばこ休憩に対して、非喫煙者からは「厳密にいえば給料泥棒」といった意見が出た。一方、喫煙者の言い分は……。(2020/2/19)

4月からの“原則屋内禁煙”、「知らない」喫煙者が約2割 「少しは吸う人のことも考えて」という意見も
(2020/2/14)

東京都受動喫煙防止条例〜日本が世界のたばこ規制から遅れる理由
JTの株式の3分の1は政府が保有している。(2020/2/14)

改正健康増進法の規制対象外:
JT、「吸わないたばこ」で梅味と抹茶ラテ味を発売 思い切ったフレーバーを選んだ理由とは?
JTが「かぎたばこ」で新商品を発売する。「ゼロスタイル・スヌース・抹茶ラテ」と「ゼロスタイル・スヌース・梅」の2種類。たばこらしからぬフレーバーだが、なぜ選んだのか?(2020/2/12)

「喫煙者の魂よ どうか安らかに。」 大学内に手作りの「元喫煙所の供養祭壇」が設置され「くすっと笑えた」と話題に
喫煙場所の撤去が進む学校でのシュールな光景。(2020/2/2)

お店最前線 来店してもらう仕掛けとは?:
「たばこは無言で買う時代」 セブンが実験店で掲げた“秀逸”すぎるコピーの意味とは?
セブンが実証実験を継続的に行う拠点がある。実際に行ってみると「たばこは無言で買う時代」というコピーがあった。どんな意味があるのか? 実際にたばこを買ってみた。(2020/1/30)

JT、19年の紙巻たばこ販売実績を発表 市場の縮小止まらず、収益減
(2020/1/23)

JT、「キャメル」ブランドのリトルシガーに新商品 スリムサイズのメンソール2種
日本たばこ産業(JT)が「キャメル」ブランドのリトルシガー商品の拡充を発表。3月6日から新たに2種類を販売する。(2020/1/22)

政府の目標喫煙率は12%:
実際のところ、どれだけの人がたばこを吸っている? 厚労省の調査結果は……
(2020/1/16)

シケモクで満杯の灰皿も 「カリオストロの城」に登場したルパン三世の愛車を再現した「フィアット500」が話題に
スーパーチャージャーを付ける計画も進行中だそうです。(2020/1/15)

セブンスターの“子ども”ブランド:
JTがメビウスのリニューアルを発表 味や香りはそのままで、何が変わる?
JTがメビウスのリニューアルを発表した。20年3月から順次変更していくという。味や香りはそのままで、パッケージを一新する。メビウスは、前身がマイルドセブン。紙巻きたばこの国内シェアトップを誇るJTの看板ブランドだ。(2020/1/8)

モスバーガーが3月末で全店禁煙 禁煙化で増加を見込むファミリー層向けのセット商品を限定販売
禁煙化に向けて順次改装中。(2020/1/8)

期間限定:
モスバーガーが店内完全禁煙に対応した商品を発売 狙う客層とは
モスバーガーは2020年3月末までに完全禁煙化する予定。禁煙に対応した商品を発売する。どんな客層を狙うのか。(2020/1/8)

【仕事のグチ、聞かせてください】ゲームセンターを辞めた理由 「禁煙化」をめぐる四つ巴のトラブル
元ゲーセンスタッフのグチを聞きます。(2020/3/6)

結局、安全なのか危険なのか:
「IQOS危険論」に異議あり? PMJが研究データを基に「紙巻たばこ」「電子たばこ」とIQOSの違いを強調
電子たばこの喫煙が原因とみられる肺疾患が米国で話題となっている。日本で高いシェアを誇るIQOSの安全性はどうなのだろうか。PMJがデータを基に、紙巻たばこや電子たばことIQOSの違いを説明した。(2019/12/26)

キュートでファニーな中国コスメ「タバコリップ」 持ち運びにも便利なミニサイズとトレンドを押さえたデザインがSNSで話題に
中国コスメって本当にデザインがかわいい。(2019/12/25)

「紙巻派」には厳しい結果に?:
20年4月以降の「原則禁煙」で飲食店の売り上げは上がるのか、下がるのか データから読み解く
2020年4月に施行される改正健康増進法。多くの飲食店は「原則禁煙」となり、紙巻たばこを喫煙しながら飲食できる店舗は激減しそうだ。原則禁煙は店舗の売り上げにどう左右するのか、PMJが発表したデータから読み解く。(2019/12/25)

アイドルグループ「ZOC」兎凪さやかが未成年飲酒と喫煙で脱退 ファンからは悲鳴と賛否
「脱退は厳しい」とする声や「仕方ない」という声も。(2019/12/23)

味も香りも変わらないのになぜ? JTの加熱式たばこ「Ploom」パッケージリニューアルの理由
JTの「Ploom(プルーム)」シリーズの名称とパッケージデザインがリニューアルする。健康に関する注意文言も新たに登場する。注意文言の表示面積も拡大される。(2019/12/6)

JT、ピアニッシモブランドの「Ploom TECH」向けリフィル2銘柄を廃止
JTが、加熱式たばこ「Ploom TECH」向けに販売しているピアニッシモブランドのリフィル2銘柄の販売を終了すると発表した。(2019/12/6)

たばこの買い方、選び方、マーケティング、加熱式たばこの台頭……:
“嫌煙”の時代にJTが考えていること たばこの選び方、マーケティング戦略、加熱式たばこ……商品企画部長に直接あれこれ聞いてみた
健康志向の高まりを受けて“嫌煙”も進む。国内たばこ産業のリーディングカンパニーであるJTはどう考えているのか。喫煙者はどのように自分の吸うたばこを決めているのか。やっぱり安いたばこが人気なのか。加熱式たばこへの考え方は? 商品部長に直接あれこれ聞いてみた(2019/12/6)

大ヒットドリンクや注目家電など:
2019年、検索数が急上昇した「商品」は? 3年連続受賞の食品も Yahoo!検索大賞
1年間で前年と比べて最も検索数が急上昇した人物や製品などを表彰する「Yahoo!検索大賞2019」が発表された。ブームとなったタピオカドリンクや、加熱式たばこなどの商品が選ばれている。(2019/12/4)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。