ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「たばこ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「たばこ」に関する情報が集まったページです。

新しいチャレンジも続々:
禁煙効果で串カツ田中の決算が好調 1000店舗体制に一歩近づく
串カツ田中が第2四半期の決算を発表した。禁煙化の効果もあり好業績だった。1000店舗体制へとまた一歩近づいた。(2019/7/12)

7Pay事件 中国サイバー組織関与か たばこ転売ルート重点捜査へ
「7pay(セブンペイ)」の不正使用事件で、不正決済が疑われる被害が東京都内の複数店舗で確認され、いずれも電子たばこカートリッジのみが購入されていたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。詐欺未遂容疑で中国人の男2人が逮捕されてから1週間。警視庁は大量購入者や犯行グループの転売ルートについて重点捜査を進めている。(2019/7/12)

「ZOZOマリンスタジアム 煙のないスタジアムへ」 球場内の全ての喫煙所が加熱式たばこ専用喫煙所に
もくもくしない。(2019/7/6)

7pay不正利用、「微信」で指示か 詐欺未遂で中国籍の男2人逮捕
「7pay」を不正使用し、電子たばこを購入しようとしたとして詐欺未遂容疑で、中国人の男2人が逮捕された事件で、2人はいずれも中国で普及している通信アプリ「微信」(WeChat)を通じて犯行の指示を受けていたことが5日、警視庁新宿署への取材で分かった。同署は、国際的な犯罪組織が関与した可能性もあるとみて、実態解明を進める。(2019/7/5)

7pay不正使用、詐欺未遂容疑で中国籍の男2人逮捕 電子たばこ20万円分購入しようとした疑い
 コンビニ大手のセブン−イレブンで使用できるスマートフォン決済「7pay(セブンペイ)」を不正使用し、電子たばこを購入しようとしたとして、警視庁新宿署が詐欺未遂の疑いで、20代の中国籍の男2人を逮捕したことが4日、捜査関係者への取材で分かった。(2019/7/5)

メイドインジャパンの現場力(26):
JTがプルーム・テック工場を初公開、「3年間で生産能力40倍」の原動力は
JTは2019年6月13日、報道陣向けに同社東海工場(静岡県磐田市)を初めて公開し、同社の加熱式たばこへの取り組みや生産体制について紹介した。(2019/6/19)

配慮:
サイゼリヤは「全席完了」、外食が禁煙を加速させている
外食産業が店舗の禁煙対策を加速させている。嫌煙意識の高まりを受け、受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が全面施行される来年4月を前に、対応を先行実施しようとの判断だ。喫茶店や居酒屋など他業態でも喫煙者に配慮しながらの対応が進んでいる。(2019/6/4)

2020年4月から:
ルノアールで来春から「紙巻きたばこ」禁止 直営店を全面禁煙か完全分煙に
「喫茶室ルノアール」などを運営する銀座ルノアールが、2020年4月から「紙巻きたばこ」の喫煙を禁止すると発表した。その理由は?(2019/5/31)

銀座ルノアール、2020年4月から「紙巻きたばこ」の喫煙禁止 喫煙室でも可は「加熱式たばこ」のみ
受動喫煙防止法に基づく対応。(2019/5/30)

佐賀市の「たばこを買うなら佐賀市で」のポスターに賛否 佐賀市「喫煙を推進する意図はありません」
ポスターがあった喫煙所は7月以降廃止するそうです。(2019/5/30)

「サイゼリヤ」が6月1日から全席禁煙 当初の予定から3カ月前倒し
全席禁煙の要望が多かったため。(2019/5/29)

先輩の火の貸し方が惚れる…… 漫画『俺がタバコをやめない理由』に「タバコは嫌いだけどこの漫画は好き」の声
シガーキスってなんかえろい。(2019/5/5)

医療技術ニュース:
喫煙習慣に関連する遺伝因子と病気の発症リスクとの関係を解明
理化学研究所は、バイオバンク・ジャパンに参加した日本人約16万人の遺伝情報を使った大規模なゲノムワイド関連解析により、喫煙習慣に関連する日本人特有の7カ所の感受性領域を新たに発見した。(2019/4/18)

ネットでは賛否両論:
新卒採用でも「喫煙者お断り」 ひまわり生命の狙いは
(2019/4/16)

すかいらーくグループが全店禁煙に、店舗外の灰皿も撤去 9月1日から
これもまた時代の流れでしょうか。(2019/3/20)

売れないモノを売る極意:
「デジタルデトックス」に“商機”あり? 「禁煙プログラム」から学ぶ脱スマホ
今、スマートフォンから距離を置く「デジタルデトックス」がちょっとしたブームです。「スマホ依存症」が心身へ及ぼす弊害が明らかになり「少し距離を置こう」と思う人が増えたのです。(2019/3/18)

カプセルつぶすと風味が変わる:
JT、紙巻きたばこ「メビウス・プレミアムメンソール・オプション」に2銘柄追加 芳醇なマスカット味
JTが5月16日に「メビウス・プレミアムメンソール・オプション」シリーズの新銘柄2種を発売する。いずれも通常時はメンソール味だが、カプセルをつぶすとマスカット味に変わる点が特徴。20本入りで、価格はいずれも480円。(2019/3/15)

ベルガモット&ペパーミント:
JT、かぎたばこ「ゼロスタイル・スヌース」に2銘柄追加 “無煙”強化で市場対応
JTがかぎたばこ「ゼロスタイル・スヌース」シリーズの新銘柄を発表。「ゼロスタイル・スヌース・スパイス」「ゼロスタイル・スヌース・ブラック・メンソール」の2種。煙の少ない商品を充実させて市場の変化に対応する狙い。(2019/3/5)

3月18日から先行販売も:
JTの加熱式たばこ「プルーム・テック・プラス」、4月1日から東京・大阪などのコンビニで販売へ
JTが、加熱式たばこの新商品「Ploom TECH +」を4月1日から東京都・大阪府などの6都府県の実店舗で販売する。計約2万店舗のコンビニエンスストアと計約800店舗のたばこ販売店で取り扱う予定。一部店舗では3月18日から先行販売も実施する。(2019/3/4)

タバコ型駄菓子がアイコス風に ネットで一躍話題の「myCOS(マイコス)」誕生秘話をメーカーに聞いた
舞妓さんのお菓子です。(2019/2/27)

千代田区、移動できる喫煙室「喫煙トレーラー」を運用開始 路上喫煙防止に向けて
内部に空気清浄機や灰皿を備えています。(2019/2/27)

「YouTubeに飲酒喫煙シーンを含む動画が投稿できなくなる」 規約を誤解したデマ拡散
規約を誤読したツイートが拡散されています。(2019/2/14)

バーミヤンが従業員の“不適切動画”で謝罪 キッチンのコンロの炎でタバコに引火し喫煙
不適切動画発掘の流れが止まりません。(2019/2/11)

有害物質は不使用 タバコのような「吸うエナジードリンク」、日本上陸
タールやニコチンは入っていませんが、カフェインの過剰摂取も身体によくないので、これはこれで吸い過ぎに注意。(2019/2/8)

「たばこらしさ」は?:
加熱式たばこ新製品を喫煙歴25年の記者が吸ってみた
加熱式たばこ市場が文字通り熱い。日本たばこ産業(JT)とフィリップ・モリス・ジャパン(PMジャパン、東京)が1月下旬に加熱式たばこの喫煙器具(デバイス)と専用たばこの新製品を相次いで全国発売するなど、新たな顧客獲得に向けて余念がない。ただ、一度は加熱式たばこに移行しても、「たばこらしさ」といった味わいの問題などで、紙巻きたばこへと戻ってしまう人も多いという。果たして、新型デバイスでの味わいはどうかを試してみた。(2019/2/7)

イノベーションのレシピ:
加熱たばこ首位の「アイコス」、強みは加熱機構と作り方
フィリップ モリス ジャパンは2019年1月28日、加熱式たばこ「IQOS(アイコス) 3」および「IQOS 3 MULTI」、そしてIQOS専用たばこスティック「HEETS」の全国展開を発表した。(2019/1/29)

JTの土俵に“殴り込み”?:
におわない「アイコス」誕生も近い? PMJ社長、「低温型」参入の可能性を否定せず
競争が過熱する加熱式たばこ市場。フィリップモリスジャパンは、アイコス専用たばこ「HEETS」シリーズ4銘柄を全国展開し、首位固めを目指す。ただ競合のJTは、新型「プルーム・テック」を近く2機種発売する予定だ。この動きにどう対抗するのか。市場ではJTのみが手掛けてきた「低温型」を開発する計画はあるのか。シェリー・ゴー社長に意見を聞いた。(2019/1/28)

「アイコス3」「マルチ」コンビニ展開も:
アイコス専用たばこ「HEETS」全国展開スタート 安さと“海外仕様”の風味で攻める
フィリップモリスジャパンが、IQOS専用ヒートスティック「HEETS」を全国展開すると発表した。価格が税込470円と安いほか、既存の「Marlboro」ブランドとタバコ葉のブレンドが異なる点が特徴。(2019/1/28)

成功例は少数派:
「非喫煙客と喫煙客のケンカなくしたい」「減収が心配」――飲食店「禁煙化」の賛否を関係者に聞いた結果は?
「受動喫煙防止法」の賛否を飲食店関係者に聞いた。「賛成」は49.3%、「反対」は25.4%だった。「非喫煙客と喫煙客のトラブルをなくしたい」など、さまざまな意見が出た。(2019/1/25)

医療技術ニュース:
がんが高齢者に好発するメカニズムの一端を解明、飲酒喫煙が強く促進
京都大学は、一見正常な食道に生じている遺伝子変異を遺伝子解析技術を用いて解析することで、がんが高齢者で好発するメカニズムの一端を解明した。また、高度の飲酒・喫煙歴のある人では、その過程が強く促進されることを明らかにした。(2019/1/25)

「プルーム・テック」に高温加熱型が登場 JTが加熱式たばこ用デバイス新製品を発表
加熱式たばこを「低温加熱型」「高温加熱型」で選べるラインアップ展開に。(2019/1/18)

“吸ってる感のなさ”克服:
ついに「高温」投入 “3本の矢”手にしたプルーム・テックはアイコスに勝てるか
JTが加熱式たばこ「Ploom TECH」の新型を2機種発表。吸い応えを強めた低温加熱式・高温加熱式を1機種ずつ投入し、課題とされていた“吸ってる感のなさ”を克服した。会見にはJTの岩井睦雄副社長が登壇し、新型に込めた狙いと今後の戦略について語った。(2019/1/18)

イノベーションのレシピ:
+10℃で吸いごたえ高めた新型「プルーム・テック」、焼き芋臭のない高温加熱型も
JT(日本たばこ産業)は2019年1月17日、加熱式たばこの新製品「プルーム・テック・プラス」と「プルーム・エス」を同年1月29日より発売すると発表した。従来のプルーム・テックから吸いごたえを強化するためバッテリー容量を大幅に増加させた他、細かな使い勝手も進化している。(2019/1/18)

せんべろ業態:
居酒屋「てけてけ」運営元、串カツ田中より先に禁煙化も失敗 挽回の一手は?
“せんべろ”をコンセプトにした「やきとり魁(さきがけ)」がオープンした。喫煙者と非喫煙者が共存できる工夫をしている。喫煙歴18年の記者が店舗を訪問してみた。(2019/1/18)

女性客などに“おしゃれさ”訴求:
新型プルーム・テックに早くも「限定デザイン」登場 渋いメタリック・鮮やかマットでファン獲得へ
JTが新型プルーム・テック向けの限定デザインを発表。「Ploom TECH +」にはメタリック系塗装の「URBAN CHIC COLORS」と「RELAX MODE COLORS」、「Ploom S」には上下で配色が異なる「NUANCE OF LIFE」と呼ぶ配色パターンを設ける予定。おしゃれなたばこを持ちたい女性など、多様なユーザーの取り込みを図る。(2019/1/17)

「Ploom TECH +」と「Ploom S」:
JT、新型「プルーム・テック」2機種発表 吸い応え向上の低温加熱式、“メビウスらしい味”の高温加熱式
JTが加熱式たばこ「Ploom TECH」の新型を発表。「Ploom TECH +(プルーム・テック・プラス)」と「Ploom S(プルーム・エス)」の2機種。前者は低温加熱式だが、吸い応えを従来モデルよりも強めた点が特徴。後者は高温加熱式を採用し、紙巻きたばこに近い吸い応えを実現した。(2019/1/17)

「カラオケまねきねこ」全室禁煙化が決定 喫煙スペースを設置
これも時代の流れでしょうか。(2019/1/16)

通期では増収増益予想:
サイゼリヤ、1Q決算は約20%減益 「全面禁煙化」に向けた費用かさむ
サイゼリヤの1Q決算は増収減益だった。全面禁煙化に関する費用や、樹脂製食器の導入費用がかさんだことが減益につながった。光熱費の上昇や、人件費の高騰なども響いた。(2019/1/9)

「たばこください」「あ、これ全部トランプです」 たばこ屋のふりしてトランプを売るカフェ「うそのたばこ店」、浅草橋にオープン
遊び心満点な人気イベント「うそのたばこ店」が、浅草橋にお店を構えてリニューアルオープン。(2019/1/5)

「約束を破っている」:
米FDA局長、電子たばこメーカーと会合へ 若者の利用を問題視
米食品医薬品局(FDA)のゴットリーブ局長は27日、電子たばこメーカーの首脳と会合を開く計画を明らかにした。一部メーカーが若者の利用問題について約束した対策を講じてないとの認識をにじませた。(2018/12/28)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ日本のプロ野球選手に、愛煙家が多いのか
世の中は「禁煙」の動きが広がっているのに、なぜかプロ野球界はどこ吹く風といった感じ。ベンチ裏では主力選手だけでなく、スタッフもプカプカと吸っている。一方、大リーグでは禁煙化の動きが進んでいて……。(2018/12/14)

「りんご揚げ」など大人向けも:
禁煙化で「ファミリー狙い」進める串カツ田中、うどんなど“お子さまメニュー”拡充へ
串カツ田中HDが、こども向けメニューを拡充すると発表。お酒のような見た目を楽しめる「こどもサワー」、具なしの「お子様うどん」の2商品。健康に良いメニューの食べ合わせを解説するファミリー向けのビラも全席に配置する。(2018/12/4)

「ピアニッシモ」2銘柄も発売:
白い「プルーム・テック」販売開始 カラフルな周辺機器も充実、女性客取り込みへ
JTが白い「プルーム・テック」を発売。「ピアニッシモ」からフルーティーな風味の2銘柄も発売した。女性ユーザーなどの取り込みを図る狙いで、20年末までに加熱式たばこ市場のシェア40%獲得を目指す。(2018/12/4)

セブン-イレブン、店頭灰皿の撤去を都内加盟店に要請 決定した店では12月3日から告知開始
受動喫煙対策の一環とのこと。(2018/12/3)

流通を阻止できるか:
加熱式たばこ「互換品」は許されるのか フィリップモリス、JTの見解は?
フィリップモリスのアイコス、JTのプルーム・テックなどが人気を集めている加熱式たばこ市場。だが好調の裏で、直接関係のない企業が、アイコス用たばこや、プルーム・テック用たばこカプセルに対応した互換品を相次いで発売している。現状をどう捉えており、どう対処していくのか。2社に見解を聞いた。(2018/12/2)

今後も増加見込み:
「プルーム・テック」、3人に1人が複数持ち 「限定デザインなどが好評」
加熱式たばこ「Ploom TECH(プルーム・テック)」は複数持ちが便利? 同製品を販売する日本たばこ産業(JT)によると、プルーム・テック利用者のうち同製品を2台以上複数持ちしている人の割合が、他社の加熱式たばこを複数持ちしている人の割合より高いことが分かった。(2018/11/22)

収益維持に向け加熱式に注力:
JTの紙巻きたばこ、増税で10月の売り上げ激減 9月の“買いだめ”から大きな落差
JTが2018年10月の紙巻きたばこの月次販売実績を発表。たばこ税の増税が施行された影響で販売数量・売上高ともに大きく落ち込んだ。増税前の9月は“買いだめ”のために一時的に急増していた。(2018/11/16)

普通のたばこと何が違う?:
ニコチン含まぬ「VAPE」がコンビニ展開 たばこを超えられるか喫煙記者が検証
インペリアル・タバコ・ジャパンがニコチンとタールを含まぬ「myblu(マイブルー)」を、東京都と大阪府にある一部のローソンとファミマで取り扱い始めた。“たばこキラー”になりうるか、喫煙歴18年の記者が検証した。(2018/11/16)

串カツ田中、喫煙を我慢してくれた客のドリンクを倍量にする「ノンスモーキングチャレンジ」開始
禁煙するなら楽しく、という発想。(2018/11/16)

6月から全面禁煙化:
串カツ田中、喫煙者のドリンク1杯を無料で2倍サイズに 「我慢に感謝」
串カツ田中が、喫煙者のドリンク1杯を無料で2倍サイズにするサービスを始める。サービス名は「ノンスモーキングチャレンジ」で、11月21日に開始予定。6月から全国の店舗を全面禁煙化しており、足が遠のいた喫煙者が一定数いるため、新サービスによって再獲得を図る。(2018/11/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。