ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「社会人のマナー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「社会人のマナー」に関する情報が集まったページです。

内定ブルーを解消せよ:
人事は近づきがたい存在? 内定承諾率が1年で25%アップした企業に聞く、コミュニケーションの極意
21年卒の内定受諾率を例年より約25%も上げた企業がある。ファッション系EC「SHOPLIST」を運営するCROOZ SHOPLISTだ。コロナ禍の社会不安により、複数の内定先を保持する学生が増えている中で、「選ばれる企業」になるための秘訣とは?(2021/5/10)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
よりハードルが高くなった“電話連絡”
テレワーク主体となり、新入社員とのコミュニケーションも「Slack」で社内共有。(2021/4/12)

IT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
DXを狙う企業の62.6%は「SIerが不可欠」
ITに関する幅広い知見やノウハウを有するSIerは、企業のDXにおいて、どのような立ち位置にあるのでしょうか? 企業とSIerの関係を示す実態調査を基に探ってみます。(2021/4/12)

仕事を一緒にするときの注意点は?:
「今の新入社員が自分の新卒時より優秀」と思う理由 3位は「コミュニケーション能力」、2位は「理解力」、1位は?
今どきの新入社員を、職場の先輩はどう評価しているのか。新卒時の自分より優秀だと思う人に、理由を尋ねた。その結果は?(2021/4/8)

研修も実施:
パソナ、仕事が減った他社の若手社員を支援 働く場所は淡路島、給与を支払うのは所属企業
コロナ禍の影響で、自宅待機や休業を余儀なくされている若手社員がいる。パソナは、そうした社員に淡路島で働く機会を提供する。給与は所属企業が支払う。(2021/4/1)

新社会人へ:
上司を「まねる」ことが仕事なのか そんな時代は
昨年は、ちらほらとしかリクルート姿の学生くんたちを見ることがなく、今年入社する人たちは、ほぼオンラインでの面接をやり遂げた人たちなのだろう。大企業やIT関連の企業を中心に、すっかりテレワークが浸透している。自分のデスクがない新人ということもあるうる世代となりそうだ。(2021/3/31)

感染症対策も実施:
パソナ、入社式を淡路島で実施 就労支援プログラムの対象者も参加
パソナは4月1日、淡路島で入社式を行う。新入社員だけでなく、コロナ禍における雇用創出と人材育成を目的とした「ギャップイヤープログラム」社員約20人も参加する。(2021/3/29)

外国人だから、はもう古い:
PR:「優秀な人材を世界中から集める」というグローバル人材活用の新たな考え方
日本国内の優秀なエンジニアを取り合いする時代は終わった。ビジネスをグローバル化するなら、採用もグローバルを対象にしませんか。(2021/3/9)

即戦力化:
オンライン新人研修で業績1.5倍に 商談のコツを伝授しあう「中古車のガリバー」
「中古車のガリバー」を展開しているIDOMは、従来はリアルで研修していた部分を、動画サービスを活用したオンライン研修に切り替えた。どんな効果があったのか。(2021/3/5)

Cygames木村唯人専務インタビュー【中編】:
シナリオライターも新卒採用 クリエイター集団を自社統率するCygamesの組織論
「プリンセスコネクト!Re:Dive」「グランブルーファンタジー」「Shadowverse(シャドウバース)」などヒット作を連発し、トップセールスを維持し続けているCygames。木村唯人専務に同社の採用制度や人材育成システムについて聞いた。(2021/2/16)

用件だけ伝えられれば楽なのに:
「不要だと思うビジネスマナー」ランキング 3位は「言葉づかいや呼称」、2位は「上座・下座の席次」、1位は?
「不要だなあ」と思うビジネスマナーを働く男女500人に聞いた。その結果は?(2021/2/3)

会えなくても密なコミュニケーションを:
内定辞退が減少、時間や金銭面も効率化! ユナイテッドアローズが挑むオンライン研修の舞台裏
コロナ禍で迎える2度目の入社シーズンに向けて、企業は研修体制の抜本的な見直しが迫られている。ユナイテッドアローズでは、オンライン研修を取り入れたことで新人と“密”なコミュニケーションを取れただけでなく、内定辞退率の減少や、実店舗での素早い戦力化につながっているという。また、管理者向けの研修では、大幅な時間削減と、コストカットを実現した。具体的な研修方法やオンライン研修による成果について聞いた。(2021/2/5)

就活には黒スーツ:
「ノックは2回」 謎マナーは本当に必要なのか
年も明け本格化する新卒就活。就活には黒スーツ、ノックは3回といった「作法」を知らなければマトモな社会人には成れない! とばかりにマナー講座、「社会人の常識」講座などで言われるのですが、ホントなのでしょうか。(2021/1/5)

コロナ禍でオンライン化も進むが……:
なぜ、企業研修・セミナーは「つまらない」のか 大学のオンライン授業で得た気付き
「つまらない」と感じる人が意外と多いのが、企業研修やセミナーだ。コロナ禍を受けてオンラインで受ける機会が増えたが、面白いと思えるものは多くない。なぜ、つまらないのか。法政大学で講師を務め、オンライン授業も実施している筆者が解説する。(2020/12/24)

最長で2年間勤務:
淡路島で週30時間働いて給与は月額16万6000円 パソナ、緊急雇用「1000人」計画を発表
パソナグループはコロナの影響で働く場所を見つけられなかった若者の支援策を打ち出した。最長で2年間、契約社員として淡路島で働く。どういった内容なのか。(2020/12/16)

パスワード付ZIPメール:
「Pマーク取得に必要だから」は都市伝説? “PPAP”をめぐる謎を、名付け親に聞いた
霞が関で廃止の方針が固まった「PPAP」。多くの企業で「プライバシーマークの取得やISMS認証に必要だから」といった理由から横行してきた、といわれていますが、なぜPPAPは筋がよくないのか。名付け親に聞きました。(2020/12/17)

遊戯王OCG公式動画「大人の基礎デュエル」が怪しいセミナーみたいでトレンド入り 「決闘は社会人に必要なスキル第1位」ってマジ?
何のセミナーだよ!(2020/12/4)

テレワークのためのコーディネート本『きちんと楽ちん「テレウェア」』 新しい生活様式の「何着たらいい?」の疑問に答えます
地味に難しい疑問に、紳士服のプロが答えます。(2020/10/26)

コロナ禍で職失った外国人を配達スタッフに 「出前館」が就労支援
出前館が在留外国人の就労を支援。YOLO JAPANと提携し、在留資格と就労ビザを持つ外国人をデリバリー人材として育成。出前館で配達に従事してもらう。(2020/9/29)

リモート時代の落とし穴:
Zoomにも上席? 遠隔時代のハラスメント防止
新型コロナ感染拡大を受けて、オンライン会議を導入した企業も多いはず。爆発的に普及した「Zoom」に新機能が搭載され、リモート会議でも「上席設定」ができる。新しい生活様式に伴い、新たなビジネスマナーも生まれるのだろうか?(2020/9/10)

コミュニケーションが消えない工夫:
「代表者が常に会社にいる必要はあるのか」 CEOが屋久島からリモート勤務、クラッソーネの挑戦
クラッソーネは2011年設立、解体工事や外構・エクステリア工事などのマッチングサービスを行う企業だ。本社のある名古屋に加えて、東京、屋久島の計3カ所に拠点を構え、理念「豊かな暮らしで人々を笑顔に」を軸にユニークな施策を導入している。(2020/9/10)

スピン経済の歩き方:
日本電産永守会長が炎上! 「即戦力になる新卒」を求めることは、罪深いのか
カリスマ経営者が「炎上」してしまった。日本電産の永守重信会長・CEOである。「カンブリア宮殿」(テレビ東京)に出演したときの言動が問題視されているわけだが、どのようなコメントをしたのか。(2020/8/4)

理想の上司像:
社会人1年目に身につけてほしいスキルは? 管理職と新入社員の意識にズレ
社会人1年目に身につけたい、身につけてほしいスキルとは? 管理職と新入社員に聞いたところ、最もギャップが大きかったのは……? ラーニングエージェンシー調べ。(2020/6/22)

2月時点で複数シナリオを想定していた:
デバイスも自宅へ発送する徹底ぶり 「フルリモート」で入社式と新人研修を実施したサイボウズ、その裏側
新型コロナウイルスの影響を受け、入社式を延期したり、入社自体を後ろ倒しにした企業も少なくない。そんな中、サイボウズはフルリモートで入社式・新人研修を行った。デバイスの受け渡しだけは出社して行う企業がほとんどだが、サイボウズは新入社員の自宅へ送るほどの徹底ぶりを見せた。これまでにない取り組みで、どんな発見があったのか。(2020/6/15)

社員研修のプロが語る:
ウィズコロナ時代、新人研修はどう変化していくか オンラインの強みと弱み
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、オンラインで新入社員研修を行う企業も少なくない。社員研修や人材教育を手掛ける企業「新規開拓」の朝倉千恵子社長が、オンライン研修の強みと弱みを解説する。(2020/6/12)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
Zoom面接のプロが教える「採用のオンライン化」で得られるもの、失われるもの
学生に対する企業の採用選考が6月1日、解禁された。この3カ月の間に、学生の企業選びの基準が大きく変化している。加えてオンライン面接を導入する企業も増え、選考の方法そのものも様変わりした。3冊の就活本を執筆し、この10年間、学生への就活指導をしてきた筆者が、オンライン面接で判断しやすくなるもの・判断しにくくなるものについて伝えていく。(2020/6/5)

「出社の仕方が分かりません」新卒記者が語る“コロナ世代”のホンネ
就職から2か月。コロナ禍のせいで入社式以降1度も出社していない筆者は、出社の仕方がわからない。そんな筆者が、研修担当や上司の厚意を無視して“コロナ世代”のホンネを主張する。(2020/6/5)

サイバーセキュリティマネジメント海外放浪記:
アフターコロナは、あなたが今どう過ごすかで変えられる
これまでの考え方や価値観でいたら思い付かないことができるし、社会がそれを許容するようになってきている。(2020/5/26)

MONOist×AUTOMOTIVE JOBS:
毎年1割の新入社員が辞めていく。早期離職は防げないのか?
オートモーティブ・ジョブズの自動車業界採用アナリスト 関寺庸平が、キャリアに関するお悩みにお答えします。(2020/4/8)

若手が先に退出するのは失礼? ウソか真か「Zoomマナー」がネットに出回る
新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、企業で広がりつつある「Zoom」。真偽のほどは不明だが、「Zoomミーティングは立場が上の人から順に退出する」などのマナーが生まれていると、Twitterなどで紹介されている。コミュニケーションツールが広がると、その使い方が議論の的になるのは日本社会の“あるある”のようだ。(2020/4/2)

【まとめ】各社の新型コロナ関連支援サービスまとめ 漫画読み放題、学習支援、給食代替など
新しい情報は随時追記していく予定です。【3月14日13時00分更新】(2020/3/18)

“いま”が分かるビジネス塾:
Slackで昭和の“化石マナー”押し付け……日本企業はなぜIT新サービスを改悪するのか
Slackで謎の「昭和風マナー」が押し付けられていると話題に。これまでも日本企業はこうしたIT導入に失敗してきた過去が。新システムを「日本型」に変えガラパゴス化することに。(2020/2/7)

採用側の意見は:
内定辞退セットに賛否両論 心のこもった「就活謎マナー」が企業にとっても大迷惑な理由
話題になった「内定辞退セット」。就活に関するマナーについての議論を巻き起こした。面接などの就職活動に、最低限のマナーは当然必要。しかし、その一方で、明らかに「ムダ」ともいえるマナーも中にはあるようで……(2020/2/3)

チャットツールの「ただしいつかいかた」:
Slackに“謎マナー”が発生「重要なことはメールで送る」「絵文字は2個まで」――Slack Japanの公式見解は
Slackに謎マナーが発生しているとSNSで話題に。「冒頭は喫緊でお世話になったことを述べ、お礼から」「メールと違って絵文字も駆使して親しみを出す、ただし1文に2つまで」といったものから、「重要なことはメールでお送りする」まで、ムダを生むようなものばかり。Slackの公式見解を聞いたところ……(2020/1/21)

就職支援サービスも登場:
芸能人にも「セカンドキャリア」を “事務所圧力”に公取委が見解 「転職支援サービス」も
SMAPや「のん」さんの件で話題となった事務所の圧力。公取委も問題視し、新たな策をまとめ始めた。また、活動を続ける場合だけでなく、引退後の「セカンドキャリア構築」も課題になっている。そんな中、新たに登場した“エージェント”サービスも。(2019/11/29)

発達障害者を企業の中心で活躍する“AI・データサイエンスのプロ”に パーソルが就労支援施設を秋葉原にオープン
パーソルチャレンジが、IT分野に特化した就労支援施設「Neuro Dive」開設した。発達障害者に先端IT領域の教育や就職あっせんの機会を提供し、先端IT人材不足の解消を目指す。(2019/11/1)

特集・日本を変えるテレワーク:
テレワークで「阿吽のコミュニケーション」を実現する秘訣は「絵文字」
テレワークでのコミュニケーション手段として必須のチャット。しかしチャット中心のテレワークでは相当の注意を払わないと真意が伝わらなかったり、誤解を与える可能性がある。そこで重要になってくるのが、実は絵文字の存在だ。また、テレワークを成功させる4つのルールも紹介する。(2019/9/10)

“昭和の常識”が会社を滅ぼす:
働き方改革の旗手、白河桃子と沢渡あまねが対談! ――会社を滅ぼす「仕事ごっこ」をやめる方法
働き方改革が国策になって久しい中、なぜ、日本の働き方はいつまでたっても変わらないのか――。本質的な改革とは程遠い「仕事ごっこ」がはびこる日本企業の現状と、令和の時代にふさわしくアップデートする方法について“働き方改革の旗手”の二人に大いに語ってもらった。(2019/9/5)

個人でなく構造的な問題:
アパレル、ウエディング……「キラキラ系業界の接客女子」が転職に行き詰るワナとは
アパレルやウエディングなど華やかな接客業は女性に人気。しかし、離職率が高い上に異業種へ転職しにくい傾向も。構造的なキャリアの断絶問題を解き明かす。(2019/8/26)

部下から信頼されるエグゼクティブとは:
令和の部下マネジメントを支える2つのポイント
もはや新入社員は、できなくて当たり前。「俺の時代は……」と前時代的な考えを押し付けても意味がない。(2019/8/5)

部下から信頼されるエグゼクティブとは:
【新連載】あなたは部下の目に「信頼できるエグゼクティブ」として映っているか?
「上3年にして下を知り、下3日にして上を知る」という言葉がある。上司は部下のことを3年たってやっと理解するが、部下は3日もあれば上司の人間的な本質を見抜くという。(2019/6/10)

知られざる「ディズニーオタク」の世界! 「ランド&シーを100%満喫する10か条」も聞いてみた
持っていくと便利なアイテムや、混むのが嫌な人向け情報も。(2019/6/9)

データサイエンスな日常:
「満員電車で快適に過ごすための動き方」を物理シミュレーションで解き明かす
満員電車での“理想的な振る舞い”を、仮想空間における物理シミュレーションを駆使して解き明かす(2019/5/22)

キャリアニュース:
新入社員の4割以上が「仕事での失敗」「職場の人間関係」に不安
日本能率協会が「2019年度 新入社員意識調査」の結果を発表した。新入社員と上司側との意識の差や、過去調査と比較することで分かった、仕事や働き方に対する新入社員の考え方の変遷などがまとめられている。(2019/4/25)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第58回 プログラムを書きたいのに書かせてもらえない!――3年間溜め込んだフラストレーションを一気に爆発させて理想の仕事にまい進する「弁護士ドットコム」のホープ
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2019/4/25)

靴擦れなんてない方がいい:
「就活の靴はスニーカーもOK」 ばんそうこう売上減のリスクを負っても、ジョンソン・エンド・ジョンソンが“スニ活”を推進する理由
ジョンソン・エンド・ジョンソンが、就職活動でスニーカーの着用を推奨するキャンペーン「#スニ活」を実施している。履き慣れた靴での就活が広まれば「バンドエイド」や「キズパワーパッド」といったばんそうこうの売り上げが減る可能性もあるが、なぜ靴擦れをなくすような取り組みを始めたのか。(2019/4/23)

「靴ずれしてでもヒールを履くべき」って、おかしくない? 合わない靴を強制するオフィスマナーに疑問を投げかける「KuToo」はなぜ重要なのか
「就活のパンプス本当に無くして欲しい」という就活生の悲鳴に共感集まる。(2019/4/2)

「本日は貴重なお話をありがとうございました!」 会社説明会のあの独特な雰囲気って何なんだろう
「○○大学の××と申します!」(2019/3/22)

会社の上司とランチ……「自分の好きなもの」は頼んじゃダメ?
「タンメン……これはむずかしい」(2019/3/11)

ニュースの話を会社の人とするのって意外とむずかしくない?
どこで地雷を踏むかわからない。(2019/3/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。