ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「社会人のマナー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「社会人のマナー」に関する情報が集まったページです。

部下から信頼されるエグゼクティブとは:
【新連載】あなたは部下の目に「信頼できるエグゼクティブ」として映っているか?
「上3年にして下を知り、下3日にして上を知る」という言葉がある。上司は部下のことを3年たってやっと理解するが、部下は3日もあれば上司の人間的な本質を見抜くという。(2019/6/10)

知られざる「ディズニーオタク」の世界! 「ランド&シーを100%満喫する10か条」も聞いてみた
持っていくと便利なアイテムや、混むのが嫌な人向け情報も。(2019/6/9)

データサイエンスな日常:
「満員電車で快適に過ごすための動き方」を物理シミュレーションで解き明かす
満員電車での“理想的な振る舞い”を、仮想空間における物理シミュレーションを駆使して解き明かす(2019/5/22)

キャリアニュース:
新入社員の4割以上が「仕事での失敗」「職場の人間関係」に不安
日本能率協会が「2019年度 新入社員意識調査」の結果を発表した。新入社員と上司側との意識の差や、過去調査と比較することで分かった、仕事や働き方に対する新入社員の考え方の変遷などがまとめられている。(2019/4/25)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第58回 プログラムを書きたいのに書かせてもらえない!――3年間溜め込んだフラストレーションを一気に爆発させて理想の仕事にまい進する「弁護士ドットコム」のホープ
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2019/4/25)

靴擦れなんてない方がいい:
「就活の靴はスニーカーもOK」 ばんそうこう売上減のリスクを負っても、ジョンソン・エンド・ジョンソンが“スニ活”を推進する理由
ジョンソン・エンド・ジョンソンが、就職活動でスニーカーの着用を推奨するキャンペーン「#スニ活」を実施している。履き慣れた靴での就活が広まれば「バンドエイド」や「キズパワーパッド」といったばんそうこうの売り上げが減る可能性もあるが、なぜ靴擦れをなくすような取り組みを始めたのか。(2019/4/23)

「靴ずれしてでもヒールを履くべき」って、おかしくない? 合わない靴を強制するオフィスマナーに疑問を投げかける「KuToo」はなぜ重要なのか
「就活のパンプス本当に無くして欲しい」という就活生の悲鳴に共感集まる。(2019/4/2)

「本日は貴重なお話をありがとうございました!」 会社説明会のあの独特な雰囲気って何なんだろう
「○○大学の××と申します!」(2019/3/22)

会社の上司とランチ……「自分の好きなもの」は頼んじゃダメ?
「タンメン……これはむずかしい」(2019/3/11)

ニュースの話を会社の人とするのって意外とむずかしくない?
どこで地雷を踏むかわからない。(2019/3/4)

「社会人なら5分前行動だな!」 張り切り過ぎた新入社員が取ったとんでもない行動
5分+5分+5分+5分+……。(2019/1/27)

就活マナーを気にする学生に「そんなマナー、私も知らない」 カッコいい課長の部下になりたい漫画
「今どきの若いモンは」に込められた愛。(2019/1/22)

根強い大企業志向:
日韓関係は緊迫化 それでも日本での就職を希望する韓国人学生が後を絶たないワケとは
いわゆる徴用工問題をめぐる韓国最高裁の判決や、韓国海軍駆逐艦による火器管制レーダー照射で、日韓関係はこれまでになく悪化している。にもかかわらず、韓国国内では日本での就職を希望する若者が後を絶たない。背景には韓国国内の就職難、そして人手不足に悩む日本企業の事情がある。(2019/1/16)

未来のホリエモンか、単なる“意識高い系”か:
「東大生起業ブーム」の虚実
東大生の間で起業がブーム。専門サークルも人気だがなぜか大企業への就職が大半。起業自体が目的化している側面もある。(2018/12/25)

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
日本のために「手書きの領収書」をなくすべきこれだけの理由
多くの人が日常的に使用している「手書きの領収書」。社会のIT化が進むにつれて、従来の慣習が合理性を失うケースが増えており、こうした手書きの領収書や紙ベースの請求書などは、そろそろ見直す時期に来ている。(2018/12/19)

マナーも重要、面接で聞かれるリスクも:
「試用期間中」に退職を考えた人が知っておくべき4つのこと
試用期間中に会社を辞めたくなった場合はどうすればいいのか? 労働者が知っておくべき知識を解説する。監修は、弁護士法人グラディアトル法律事務所 原田大弁護士。(2018/12/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
心をつなぐ接客。“やりがい”で人は輝く
丸亀製麺のユニークな人事や接客とは?(2018/12/6)

とっくりでのお酌は注ぎ口を使ってはいけない? 驚きの飲み会マナーにネット騒然、プロのマナー講師に話を聞いた
「とっくりの製造元の意思を尊重することが大事」とのこと。ですよねー。(2018/11/29)

「合皮製の靴」はOK:
「スーツにリュック」は本当に非常識? プロのマナー講師に聞いてみた
「スーツにリュックサックを合わせるのはマナー違反」との声をよく耳にする。だが、リュックには機能性などのメリットがある点も事実だ。なぜ、ビジネスリュックは批判を集めるのか。本当に非常識なのか。日本サービスマナー協会の講師に見解を聞いた。(2018/11/17)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
ファーストキャリアの選び方 選んだ会社で「本当にやりたいこと」を実現する3つのステージ
仕事や会社を選ぶ際のポイントは、会社に入ったあとに「本当にやりたい仕事」をどうやって見つけ、シフトしていくか。そして、入社後にそれを実現するためには、何をすべきで、どんなふうに仕事と向き合っていくべきなのでしょうか?(2018/9/19)

スピン経済の歩き方:
過熱する「加熱式たばこ」競争が、“個人情報争奪戦”になってしまう理由
加熱式たばこ「glo」「IQOS」「Ploom TECH」のCMを見たことがある人も多いかと思うが、ちょっと気になることがある。公式Webサイトに飛んで、情報を得ようとすると「個人情報」を求められるのだ。どういうことかというと……。(2018/9/18)

対話・PCスキルが上位に:
アルバイトで身に付く「ビジネススキル」は何がある? 経験者に聞く
アルバイト通じて、どんなビジネススキルが身に付くのか――エン・ジャパン調べ。(2018/8/28)

日本のおもてなし術の“伝道師”:
「ローソン外国人店員研修」で500人育てた「カリスマママ教官」の愛のムチ
ローソンの外国人向け店員研修に記者が参加。指導役の女性が参加者の国の文化に配慮しつつ、厳しく丁寧に複雑なコンビニ業務をレクチャーした。(2018/8/27)

「新入社員が飲み会に参加するのは失礼」 痛快な“偽ビジネスマナー本”が「常識にすべき」「広めたい」と話題に
こんなビジネスマナーなら積極的に守りたい。(2018/8/19)

新連載:パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
ガス会社勤務だった女性が「世界最大級のデジタルコンテンツ会社」を率いるまで
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2018/8/7)

これからの人間の役割とは?:
時代の変化から逃げてはいけない “元受付嬢”が受付の自動化に取り組む理由
11年間にわたり「受付嬢」として活躍した後、起業して、オフィスの受付業務を効率化するシステムを開発したディライテッドの橋本真里子さん。彼女は自分の仕事を機械に奪われるどころか、むしろ能動的に仕事の一部を機械に置き換え、自動化したのである――。(2018/7/5)

「お父さん、仕事のメッセンジャーで絵文字使うのってどうなの?」 〜女子高生とネットマナー〜
「個人的には、年上の人にスタンプや絵文字は使うべきじゃないって思う」(2018/6/9)

中高卒支援の「ハッシャダイ」:
DMMが“ヤンキー支援”の人材ベンチャー買収 亀山会長が「グレートティーチャー」就任
DMMが、非大卒向け人材育成事業を手掛けるベンチャーのハッシャダイを買収。亀山敬司会長がハッシャダイの「GTK(Great Teacher Kameyama)」に就任するが、業務内容は未定。広報担当者に買収の経緯を聞いた。(2018/4/13)

常見陽平のサラリーマン研究所:
人の心を操る“社員”にご用心 彼らの手口を紹介する
巧みなワザを使って、人を振り回す“ホスト的社員”がいる。商談を有利に導くために、彼ら・彼女らはどのようなワザを繰り広げているのか。筆者の常見陽平氏が紹介する。(2018/4/6)

「ギリ勝たない程度の接待ゴルフ」「飲みの誘いをかわして帰宅」 “社会人あるある”に挑むブラウザゲーム「社会にinゼリー」
ときには理不尽な社会人の生活を乗り切ろう。(2018/3/27)

技術者が知っておきたい失敗しない転職活動のコツ(8):
内定通知をもらってからでは手遅れ!? 内定前にするべきこととは
念願の「内定」がもらえたら、次に何をすべきか? 内定の承諾をする際に注意しなければならないポイントや事前に済ませておかないといけない事項、そして諸般の事情で内定を辞退する際に配慮すべき点などについて詳しく紹介する。(2018/3/14)

PR:非常識! 歓迎会で「こいつナメてるな?」と思われる新社会人の特徴8パターン #ぐるなび歓迎会・送別会
社会の厳しい部分をお教えします。(2018/3/8)

技術者が知っておきたい失敗しない転職活動のコツ(7):
失敗談から学ぶ、最終面接に臨む際の「心構え」と「準備」
「最終面接に進んだのだから、もう受かったも同然だ!」――。厳しい選考を通過し、役員との最終面接の切符を手に入れた瞬間、油断が生まれる。だが、最終面接に臨めるからといって確実な内定の保証があるわけではない。今回は、最終面接をテーマに、面接に臨む際の「心構え」と「準備」について、リアルな失敗談を交えながら詳しく解説する。(2018/2/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
好かれる人が無意識にしている言葉の選び方
一流のリーダーは、一流の詩人。詩人とは、適切な言葉を選べる人。言葉の使い方で、好かれる人と、そうでない人とに分かれる。(2018/1/18)

就活の「お祈りメール」っていつから存在してるの? 学生から人事担当者まで徹底調査してきた
「祈られすぎて神になりそう」(2017/12/17)

Amazonプライムビデオ「77部署合体ロボダイキギョー」がおかしい 巨大ロボの運用を通して人付き合いの秘訣を伝授
ベストセラービジネス書『伝え方が9割』が、「石田三成CM」作者の手で特撮ロボットものに翻案されました。どういうことだよ。(2017/11/29)

「マナーが悪いのは一部」 大井川鐵道が撮り鉄の不法場所取りに苦言、警察にはすでに相談
ルールを破って撮影した写真に価値はありません。(2017/10/17)

サラリーマン、プリキュアを語る:
ニチアサ改編でプリキュア人口が増える? 「さあ、プリキュアを始めよう」
「プリキュアの数字ブログ」の管理人・kasumiが、毎週プリキュアの魅力をお届けします。(2017/10/1)

スピン経済の歩き方:
体臭ビジネスが盛り上がると日本人がおかしくなるのは本当か
臭いで周囲を不快にさせてしまう「スメルハラスメント」への関心が高まり、「体臭ビジネス」が盛り上がっている。しかし、「不快な臭い」が全て排除される環境には危険性もあるのではないか。なぜかというと……。(2017/9/26)

人気男装レイヤーのくりゅに聞いた! 女性が男装コスプレをする理由は?
くりゅさん、中身までイケメンだわ。(2017/8/25)

週刊「調査のチカラ」:
情報格差の時代をサバイブするのは誰か?
子育てを終えた女性が思うこと、シニア世代の買い物事情、新入社員の不安な胸の内に改正個人情報保護法まで、気になる調査データをお届けします。(2017/6/24)

アニサマの注意事項に「コール禁止」追記、ネットで物議 広報「あくまで迷惑行為を禁止する常識範囲での適用」
世界最大のアニソンイベントに「迷惑行為、危険行為の禁止」が追記。ファンの間で「どう楽しめば?」「自業自得」と議論に。(2017/6/12)

“異端児エンジニア”が仕掛けた社内改革、執念の180日(13):
意思決定の仕方を変えて、周りを巻き込む!
須藤たちが進めるプロジェクトへの風当たりは、いまだに強い。だが、スーパーで働く元先輩の姿を目にした須藤は、何があってもこのまま引き下がることはできないと、社内改革を進める決意を新たにした。プロジェクトを円滑に進めるには、1人でも多くの味方を得ることだ。それには、どうすればよいのだろうか――。(2017/5/29)

マーケットで勝てる人材を量産する:
サイバーエージェント流インターネット広告人材育成プログラム誕生の背景
サイバーエージェントは2017年4月、インターネット広告事業部門において「次世代ンターネットマーケティングプログラム(通称:JIP)を導入した。その概要について担当執行役員に聞いた。(2017/5/10)

週刊「調査のチカラ」:
なぜ連休は終わるのか――「社会人」にまつわる調査まとめ
ゴールデンウイークも残すところあとわずか。週明けから再開される日常を想像して気持ちがふさぐのは、あなただけじゃない。負けるな社会人。頑張ろう社会人。(2017/5/6)

ITソリューション塾:
一生の財産、「朝のゴールデンタイム」を手に入れる
会社員にとって、“何をどう勉強するか”よりも大切なのは、「朝のゴールデンタイム」を手に入れること――。明日から“意外と使える朝時間”を見直してみませんか?(2017/5/24)

ITソリューション塾:
なぜ新入社員に「最新ITトレンド」を教えなくてはならないのか?
未来を担う新社会人たちに手ほどきすべき「IT教育」とはどうあるべきか? 「最新ITトレンド」を教える意義と、新入社員向け「最新ITトレンド」講義の具体的な進め方を紹介します。(2017/3/27)

身だしなみは最低限のマナー:
「中身で判断してほしい」という就活中の若者へ
相手には外見の良さを求めるのに、自分のことは「中身を見てほしい」では矛盾しています。自分の外見に優位性がないなら、それを補正するお金や権力など、何らかのメリットで説得する必要があります。(2017/3/22)

エン・ジャパン 獲得スキル調査:
20〜40代が取得したいスキル・資格の一番人気は?
アルバイト求人サイト「エンバイト」は、2017年に身に付けたい「スキル」に関するアンケート調査結果を発表した。(2017/3/13)

スピン経済の歩き方:
なぜ日本のおじさんは怒ると「責任者を呼べ!」と騒ぐのか
街中を歩いていて、おじさんが「責任者を出せ!」と騒いでいるのを聞いたことはないだろうか。例えば、駅員に大声を出したり、コンビニの店員を叱ったり、とにかく日本のおじさんはよく怒っている。なぜおじさんは「責任者を呼べ!」と叫ぶのか、その背景を調べてみると……。(2017/3/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。