ニュース
» 2010年01月06日 08時08分 UPDATE

Microsoft、「Office 2010」の価格を発表

家庭向けのパッケージは149ドルから。上位エディションにアップグレードできるプロダクトキーカードも販売される。

[ITmedia]

 米Microsoftは1月5日、次期版オフィススイート「Office 2010」の価格を発表した。

 Office 2010のエディションは、小規模企業および家庭向け「Office Home and Business」、企業向け「Office Professional」、家庭および学生向け「Office Home and Student」、認定リセラーを通じて教育機関に提供される「Office Professional Academic」の4種を小売り販売する。パッケージ版に加え、PCにプリインストールされたOfficeを上位エディションにアップグレードできるプロダクトキーカードも提供する。Office 2010にはこのほか、プリインストールのみの「Starter」エディション、ボリュームライセンス向け「Professional Plus」エディションもある。

 各エディションの価格は下表の通り。

エディション パッケージ版 プロダクトキーカード
Office Home and Student 149ドル 119ドル
Office Home and Business 279ドル 199ドル
Office Professional 499ドル 349ドル
Office Professional Academic 99ドル -

 Office Home and Studentはファミリーパックとして提供され、1つの家庭で3台までのPCにインストールできる。そのほかの3エディションのパッケージ版は2台までのPCで使えるが、プロダクトキーカードは1台のみとなる。

 各エディションに含まれるソフトは以下の通り。

エディション Word Excel PowerPoint OneNote Outlook Publisher Access
Office Home and Student - - -
Office Home and Business - -
Office Professional
Office Professional Academic

 Microsoftは11月にOffice 2010のβ版を公開した。正式リリースは2010年前半の予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -