ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2010年01月21日 07時00分 UPDATE

ソニー、「BRAVIA」普及機にもLED

ソニーが「BRAVIA」普及モデルにLEDバックライトを搭載。人感センサーやネットワーク機能など付加価値も提供して差別化する。

[ITmedia]

 ソニーは、エッジライト式LEDバックライトを搭載した「BRAVIA EX700シリーズ」を4モデルを2月25日に発売する。普及モデルとして初めてLEDバックライトを搭載。人感センサーやネットワーク機能など付加価値も提供して差別化する。

画像

 オープン価格で、実売予想価格は32V型が12万円前後、40V型が17万円前後、46V型が23万円前後、52V型が30万円前後。

 高画質回路「ブラビアエンジン 3」を搭載するなど画質にこだわったほか、見ていない時は電源をオフにする人感センサーなど省エネ機能も搭載。YouTubeなど動画サイトを直接見られる新機能「「<ブラビア>ネットチャンネル」にも対応した。

 ソニーは2004年、世界初のLEDバックライトテレビ「QUALIAテレビ」を発売。ハイエンドモデルにLEDバックライトを展開してきたが、普及モデルには搭載してこなかった。ライバルの韓国Samsung Electronicsは2009年から普及モデルにLEDバックライトを採用。「LEDテレビ」として強く打ち出し、世界シェア拡大に成功している(Samsungに「商品力で負けた」 ソニー大根田CFO)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.