ニュース
» 2010年01月28日 08時01分 UPDATE

「iPad」発表に便乗したSEO攻撃、関連用語の検索結果を汚染

インターネットでApple新製品の関連用語を検索すると、悪質なリンクが上位に表示されたという。

[ITmedia]

 ファン待望のApple新製品への注目の高さに便乗し、インターネットの検索結果を不正に操作して悪質サイトにユーザーを誘導しようとするSEOポイズニング攻撃が発生しているという。セキュリティ企業の米Websenseが1月27日に伝えた。

 Appleは同日、タブレットマシン「iPad」を発表したが、ネットでは発表前からさまざまなうわさが飛び交い、関連用語の検索も急浮上。Websenseによると、これに目を付けた攻撃も急浮上し、検索結果の上位に不正サイトが表示されるようになった。

 Websenseは、米Googleで「apple tablet announcement」を検索した際のスクリーンショットを紹介。関連情報を伝えるニュースサイトなどに混じって上位に表示されていた「Apple Tablet Announcement 2010」というリンクはSEOポイズニングによるものだと指摘した。

ipadpoisoning.jpg 悪質サイトへのリンクが表示された検索結果(Websenseより)

 このリンクをクリックすると、偽ウイルス対策ソフトの配布サイトにつながり、「このアプリケーションは感染しています」というでっち上げの感染警告を表示。PCを守るためと称して悪質な有料プログラムの購入を迫るという典型的な手口が展開される。

 この攻撃に使われている不正ファイルにはまだ未対応のウイルス対策ソフトも多いとして、Websenseは警戒を呼び掛けている。

関連ホワイトペーパー

Apple | SEO


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -