ニュース
» 2010年02月10日 09時27分 UPDATE

Googleも“なう”、GmailにTwitter風機能「Google Buzz」

Gmailの「Google Buzz」機能では、短いメッセージを投稿したり、フォローしている友人のメッセージをリアルタイムで閲覧してコメントを付けることができる。

[ITmedia]

 米Googleは2月9日、Twitterのようにリアルタイムにメッセージを投稿できるソーシャル機能「Google Buzz」をGmailに導入した。Gmailをハブとしたソーシャル機能だ。

ah_buzz1.jpg

 Google BuzzはGmailの機能として組み込まれており、設定をしなくてもすぐに使い始められる。Twitterのように、ユーザーはGmail内から短いメッセージを投稿したり、フォローしている友人のメッセージをリアルタイムで閲覧してコメントを付けることができる。Buzzは、頻繁にメールのやりとりやチャットをしている相手を自動的にフォローするようになっている。メッセージは公開することも、フォロワーだけに見せるよう設定することもできる。フォロワーからコメントが付くと、Gmailの受信ボックスに通知が送られてくるため、コメントを見落とすことはないという。

ah_buzz2.jpgah_buzz3.jpgah_buzz4.jpg

 メッセージにリンクをはると、リンク先の画像を取り込むことができる。写真のサムネイルを表示したり、動画をBuzzインタフェース上でプレビューすることも可能だ。Twitter、Picasa、Flickr、Google Readerのコンテンツを取り込むこともできる。

 Buzzはフォローしているユーザーの投稿を表示するほか、直接フォローはしていないが人気のあるユーザーを「お勧め」する。また更新されていない投稿や非常に短いメッセージなどは折りたたみ表示し、「面白くない投稿を排除」するという。Googleは今後、ソーシャルデータを分析して、ユーザーにとって重要な投稿を見つけるための改良を加えるとしている。

 GoogleはBuzzを数日中にすべてのGmailアカウントに追加するとしている。Google Appsを使っている企業や学校にも、組織内で情報を共有するための追加機能付きで提供予定という。

 またGoogleはBuzzのモバイル版も提供。モバイル版はbuzz.google.comから利用でき、投稿に位置情報のタグが付けられるようになっている。BuzzのAPIも公開する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -