ニュース
» 2010年02月16日 16時11分 UPDATE

「コみケッとスペシャル 5 in 水戸」、萌え商品で地元企業活性化も

開催まで約1カ月に迫った「コみケッとスペシャル 5 in 水戸」では、イベントと地元企業がコラボレーションした“萌え”商品を15種類用意。地元企業の活性化につなげる。

[小笠原由依,ITmedia]
photo コみケッとスペシャル 5 in 水戸

 「コミケでまちおこし」をテーマにした同人誌即売会「コみケッとスペシャル 5 in 水戸」が3月21〜22日に水戸市で開催される。同人誌の即売会に加え、地元の企業と組んだコラボレーション商品も販売する。

 コミケットスペシャルは、夏と冬の年2回開かれる通常のコミケとは別に、テーマを決めて5年に1回、春に開かれる“特別版”だ。コミケでまちおこしをテーマにした今回は、開催地を公募。自治体や観光協会などに誘致を呼び掛けた結果、北海道から九州まで20団体の応募があり、海外からも問い合わせがあったという。


 JR水戸駅から徒歩約15分の「伊勢甚泉町北ビル」(旧京成百貨店)で同人誌即売会を開くほか、水戸芸術館広場など中心市街地にある施設でコスプレイベンイベントを実施。「コンテンツビジネスと地域振興」をテーマにしたシンポジウムや、小説家・漫画家が参加するトークライブも開催する。

 目玉の1つが、地元企業とコラボレーションして開発した“萌え”商品だ。萌えメイドをパッケージにあしらった「納豆カレー」や、若いころのイケメンな水戸黄門をラベルにデザインした芋焼酎「若き日の黄門さま」、イラストレーターのなかじまゆかさんのイラストとサインが入った水戸の伝統工芸品「水府提灯」など15製品を用意。同市の南町自由広場などで販売する。

photo 納豆メーカーダルマ食品の納豆カレー。イラストレーターの介錯さんがパッケージをデザインした
photo 清酒や焼酎の製造・販売を行う明利酒類が発売する梅酒・うめ物語(左)と、芋焼酎・若き日の黄門さま。若き日の黄門さまのラベルには若いころのイケメンな水戸黄門が描かれている

photo アミューズメント施設の企画運営などを行うプレビは、水戸の伝統工芸・水府提灯を限定販売。Webサイトでの先行販売分は、約1分で完売したという。5個の提灯を現地で提供する
photo JTB関東は、早朝から並ぶであろう参加者のニーズに合わせて時間を設定した臨時電車・バスツアーを実施

 「ただ本を買うだけでなく、1日遊んでもらえれば」(コミックマーケット準備会の安田かほるさん)と、ご当地ヒーロー「時空戦士イバライガー」が登場する中夜祭や、食品を販売する屋台村も開く。開催に先駆け、2月20日からは西又葵さんなどがスタンプのデザインを担当したスタンプラリーも実施する。

 主催するのは水戸市役所の若手職員などで構成する「コミケでまちおこし・みと実行委員会」とコミックマーケット準備会。準備会が同市を選んだのは、「通常のコミックマーケットは市街地と切り離された展示場で開催するが、旧京成百貨店を使い、中心市街地で実施するという提案が通常のコミケとは真逆で面白かった」(安田さん)からだという。

 同実行委事務局の須藤文彦さんは、「イベントでの集客を一過性のものにしないために、コラボレーション商品の開発に力を入れた」と話す。全国に求心力がある製品を作り、広く通信販売などを行うことで地元企業の活性化につなげる狙いだ。「今回のイベントには70社弱の企業が参加した。従来交流のなかった異業種の企業同士が結びつき、企業間の交流にもつながる」と期待している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -