ニュース
» 2010年02月25日 20時57分 UPDATE

音楽を楽しむために使うサービス1位はYouTube テレビ上回る

日本レコード協会の調査によると、音楽を楽しむために利用したサービスのトップはYouTubeで、テレビを上回った。

[ITmedia]
photo 音楽関連サービス・商品の利用状況

 日本レコード協会が2月25日に発表した「2009年度 音楽メディアユーザー実態調査」によると、過去半年間に音楽を楽しむために利用したサービスの1位はYouTubeで、テレビを上回った。

 昨年9月2〜7日に、全国の12〜69歳の男女5024人に対してWebで調査した。

 YouTubeを利用したと回答したのは全体の49.6%とほぼ半数。2位のテレビを5.5ポイント、3位のカラオケボックスを7.5ポイント上回った。ニコニコ動画は23.9%だった。

 今後利用を増やしたいという回答が最も多かったのは、コンサート・ライブなど生演奏で30.6%。次いでYouTube(28.8%)、テレビ(18.1%)だった。


photo CD購入、レンタル利用、インターネット有料音楽配信購入の割合

 過去半年間にCDを購入した人は36.8%。レンタルは25.1%、有料音楽配信サイトは12.1%が利用。CD購入、レンタル、有料配信のすべてを利用していたのは4.5%、有料配信のみは2.0%だった。

 有料音楽配信サイト利用者は、年代別では30〜40代が最も多く、シェアは全年代の34.5%。中学生から20代の社会人が29.2%、50〜60代が16.3%だった。着うたフルも30〜40代が最多で44.7%。中学生から20代の社会人が43.2%、50〜60代が12.1%だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -