ニュース
» 2010年03月04日 18時50分 UPDATE

Twitterつぶやきを花粉症センサーに 日本全国「みんなの花粉症なう!」

Twitter上の花粉症に関するつぶやきを活用し、花粉症の広がりをマッピングした日本地図「みんなの花粉症なう!」をニフティが公開した。

[ITmedia]
photo みんなの花粉症なう!

 ニフティは3月4日、Twitterに投稿されたつぶやきを元に日本地図に花粉症の広がりをマッピングする「みんなの花粉症なう!β」を公開した。

 Twitterから花粉症の症状に関するつぶやきを抽出し、独自の言語解析システムで測定。少ない場合には青、少し多い場合には黄色、多い場合には赤といった具合に都道府県別に色分けし、花粉症地図を作成する。各都道府県をクリックすればそれぞれの場所で投稿されたつぶやきが見られる。

 つぶやいた地域の特定には位置情報のほか、Twitterのプロフィールに登録された現在地を利用。「Twitterを花粉症のセンサー代わりに利用し、どの地域の人が花粉症で困っているかをリアルタイムに確認できる」という。

 同社が2007年に設立したニフティ研究所と東京大学・知の構造化センターの共同研究。知の構造化センターが持つ言語解析技術を利用し、花粉症の症状を訴えるつぶやきかどうかといった内容を判別しているという。

関連キーワード

花粉症 | ニフティ | Twitter | 地図 | β版


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -