ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「花粉症」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「花粉症」に関する情報が集まったページです。

花粉症を「完全」に治す薬を作ったはずが…… 優秀すぎた製薬会社社員の末路を描いた創作漫画に鼻水が止まらない
そんなばかな。(2021/3/4)

スギ花粉飛散中 外出時や帰宅後の花粉対策は?
九州から関東ではスギ花粉が本格的に飛散しています。外出時や帰宅後の対策をまとめました。(2021/2/20)

ファン内蔵テック系マスクの真価は? Philips「ブリーズマスク」を2週間使ってみた
西田宗千佳さんが買ったフィリップス製マスクの使い心地は?(2021/2/12)

ウレタンマスクの防御効果は「クッションになる程度」 肌トラブルには“二重マスク”も
「ウレタンマスクは空気の通りが良くて使用感がいい。逆に言えば素通し」。帝京大学大学院で花粉や真菌を研究している槇村浩一教授はこう指摘した。(2021/2/9)

自動車業界の1週間を振り返る:
単なる下請けと組んでも「アップルらしいクルマ」は作れないのでは
おはようございます。土曜日です。1週間、お疲れ様でした。今週は月曜から花粉が飛び始めたような気がします。憂鬱な季節のスタートです。(2021/2/6)

モチベーションが下がる:
花粉症の影響「仕事で困る」が6割 具体的に困っていることは?
スイスの製薬大手ノバルティスの日本法人であるノバルティスファーマ(東京都港区)は、全国のフルタイムワーカー8万9937人を対象に、花粉症が仕事に及ぼす影響についてアンケートを実施。その結果を発表した。(2021/2/7)

花粉シーズンの換気で室内の花粉を減らす方法 雨の後は要注意
感染予防のために換気が必要とされる中、花粉対策とどう両立させるか。帝京大学大学院の槇村浩一教授が室内の花粉量を抑えながら換気する方法を紹介した。(2021/2/5)

花粉シーズンの換気は“壁際”にご用心 ダイキン調査
ダイキン工業が花粉シーズンの窓開け換気をシミュレーション。換気後は壁際に花粉が集まりやすいことが分かった。再び飛散させないために床掃除などの対策が有効。(2021/1/22)

「iPhone 12 mini」と「iPhone SE」を徹底比較 小型iPhoneはどちらを選べばいい?
コンパクトiPhone利用者にとって待望の「iPhone 12 mini」が登場。ただ、新型コロナの影響下ではマスク装着時も便利な指紋認証センサー搭載で低価格な「iPhone SE」も魅力的。どちらを買うべきか検証してみた。(2021/1/6)

嗅覚と味覚のプロフェッショナル「官能検査員」ってどんなお仕事? 実際の試験にもチャレンジしてみました
「天然水の水道水割り」も嗅ぎ分けられる!?(2020/12/22)

コロナ禍で「衛生商品」のほかに売れたものは? 「2020年、今年売れたものランキング」発表
「鬼滅効果」がここにも。(2020/12/14)

2021年春のスギ花粉シーズンは早いところで2月上旬から 飛散量は「昨年比で多く」「例年比で少ない」地域が多い見込み
1月のうちから準備を。(2020/12/10)

ドラッグストアで売ってるあれやこれやがミニチュアに 「わたしの街のぷち薬局」12月発売
薬局で販売されているバラエティ豊かなアイテムがちっちゃなサイズに。12月14日発売。(2020/11/15)

人生の悩み事ランキング、上位は「貯金がない」「老後が不安」「給料が低い」 お金と将来の切実な悩みがあふれる
みんなお金で悩んでいる……!(2020/11/2)

スピン経済の歩き方:
マジか!? コロナ禍で「薄毛ビジネス」が盛り上がっている理由
「薄毛の人は、新型コロナで重症化する確率が高い」――。少し前、このようなニュースが流れた。「薄毛」に関係するビジネスは好調のようで、新型コロナとの関係性は……。(2020/9/15)

ダメ出しをされてもめげない:
「アイリスのマスクを世界一にする」 ヒット商品ナノエアーマスクを開発した中途入社のリケジョ部長
ヒット商品「ナノエアーマスク」を開発したアイリスオーヤマの岸美加子ヘルスケア事業部長は「アイリスのマスクを世界一にする」(生産数)と意気込む。着け心地の良いマスクの開発に知恵を絞っている。「ナノエアーマスク」開発の舞台裏を聞いた。(2020/8/6)

材料技術:
ホンダの抗ウイルス・アレル物質シートがオフィス家具に、内田洋行が採用
内田洋行は2020年7月30日、ホンダの軽自動車「N-BOX」「N-WGN」に使用している抗ウイルス・抗アレル物質のシート表皮「アレルクリーンプラス」を採用したオフィスチェアを発売したと発表した。ホンダが特許技術であるアレルクリーンプラスを提案し、内田洋行の製品での採用に至った。(2020/7/31)

なぜ政府は「布マスク2枚」を配るのか
政府は4月1日、国内の全世帯(約5000万世帯)に布マスク2枚を配布する方針を示した。なぜ布マスクなのか。(2020/4/2)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
外出自粛の閉塞感を救う、味わい深い旅番組
受信料を払っててよかった。(2020/4/1)

Mobile Weekly Top10:
新型コロナウイルスの影響はどこまで広がる?/各社の5Gサービスがスタート
新型コロナウイルスの影響が徐々に広がりを見せています。中でも、感染症を拡散することを抑制する上で役に立つ「マスク」の品不足は深刻で、ネット通販のマスク情報をまとめるWebサービスまで登場しました。(2020/3/30)

「俺は帰りのママチャリで泣いた」 中尾明慶、息子が卒園間近で“大役”終える
おつかれさまでした!(2020/3/30)

キャンメイクの大人気「メルティルミナスルージュ」の新色が出るよ〜! 4月1日発売の新色・新作を一足早くレビューします!
パーソナルカラーアナリストがレビューします。(2020/3/25)

世界を「数字」で回してみよう(62) 番外編:
ある医師がエンジニアに寄せた“コロナにまつわる現場の本音”
マスクは、「他人へのウイルス拡散防止」にはなっても、「他人から自分へのウイルス拡散防止」にはならない。こんな非対称的な論理が、なぜ成立するのだろうか――。今回のコラムは、私のこの疑問に対して、現役医師で、私の過去のコラムでも何度もお世話になっている「轢断のシバタ」さんが下さった、1万字以上にも及ぶメールを紹介するものです。(2020/3/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
新型コロナで見直された“最重要食品”とは? 巣ごもり消費と防衛消費の意外すぎる実態
新型コロナの流行は小売業にどのような影響を与えたのか。百貨店が苦戦する一方で、コンビニは堅調。スーパーやドラッグストア以外に売り上げを伸ばした業界とは?(2020/3/24)

新型コロナと花粉症で深刻化:
品薄のマスク、ここで買えます 「在庫あり」のお店だけ、1枚の値段が安い順に表示するWebサイトが登場
新型コロナウイルス感染拡大の影響で品薄状態が続くマスク。花粉症のシーズンにもなり、深刻さが深まる。そんな中、在庫と価格、1枚当たりの価格を検索できるサイトが登場した。その名も……(2020/3/23)

花粉症の人限定の「花粉割」、北海道のホテルでスタート スギ花粉が少ない地域へ「避暑」ならぬ「避花粉」
宿泊料金が4000円引きに、1人の予約もOKです。(2020/3/23)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
コロナ問題で気になる「鉄道の換気」の秘密 今こそ観光列車に乗りたいワケ
鉄道事業者の新型コロナウイルス対策は「通勤電車での感染予防」と「減便」の2つ。通勤電車の換気のための「窓開け」にも歴史がある。一方、通勤電車とは違って、特急列車を運休するのは乗客の減少に対応するためで、集団感染の危険が高いからではない。(2020/3/20)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ど近眼でも満足できるメガネが安く手軽に手に入るなんて
個人的には革命的な出来事でした。(2020/3/19)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(63):
「コロナ疲れ」「コロナ鬱(うつ)」に陥らないために
新型コロナウイルス感染症で、日本中が大変なことになっています。非常時はネガティブ情報が多く、気持ちも沈んでしまいがちです。こんなときこそ触れる情報を意識的に選択していくことで、平常心を保ちつつ、今取るべき行動が見えてきます。(2020/3/18)

「成仏して」「し、死んじゃう死んじゃう!」 本物そっくりな「デスノート作ってみた」人、早速自分の名前記入で総ツッコミ
ジェバンニもビックリのレベル。(2020/3/6)

折るだけ! ハンカチとヘアゴムで作る簡単マスク
咳エチケットには使えそうです。(2020/3/4)

「イベントの中止」は14%:
時差通勤、テレワーク推奨はまだ5% 企業に問われる新型コロナ対策
LINEリサーチの調査によると、職場で時差通勤や在宅勤務を推奨されている人はわずか5%。職場での対応は「手指のアルコール消毒用品の常備」「マスクの着用の義務/推奨」が多かった。(2020/2/27)

「困ってる人の足元みてる感じ……」 秋野暢子、マスクを60枚8000円で高額購入 中には送料2万円の商品も
芸能人のマスク事情いろいろ。(2020/2/25)

スギ花粉 そろそろ飛散ピーク突入か
つらい時期に突入。(2020/2/23)

PR:花粉症のストレスは「失恋」以上!? ロート製薬の調査結果が2つの意味で泣ける!
花粉症じゃない人でも目に染みる話だ……。(2020/2/21)

花粉飛散のサイン 関東各地で「花粉光環」みられる
18日の朝、関東地方などで「花粉光環(かふんこうかん)」が見られたとの情報が相次いだ。(2020/2/18)

雑誌の付録にマスク 小学館の「DIME」が2020年4月号で
(2020/2/14)

ALS公表の“ニャンちゅう声優”津久井教生、腫瘍摘出後の状況を報告 「やはり筋肉の能力低下が進んでしまいました」
自主トレを続け、今の状態を維持していきたいとつづっています。(2020/2/14)

政府は月産6億枚を目指す:
本格的な花粉シーズンが到来 新型コロナウイルスの影響で品薄状態のマスクの行方は
全国的に花粉飛散が本格化する。新型コロナウイルスの影響でマスクは品薄状態。政府はどのような対応をしているのか。(2020/2/14)

厚労省「毎週1億枚以上のマスクを届けられるようになった」 感染症の疑いがある人を優先するよう呼びかけも
(2020/2/12)

花粉がああああ! 都内でいつもより早い「スギ花粉」飛散開始
東京都の発表によると、東京都青梅市と八王子市でスギ花粉の飛散が始まったとのこと。いよいよ花粉シーズン到来!(2020/2/6)

マスクの品薄を受けて手作り布マスクの型紙が無料公開 のどの保湿や花粉症対策に
売ってないものは作ろうの精神。(2020/2/3)

【Amazonタイムセール祭り】セール期間中の売れ筋商品はこちら 3位iPad、2位Nintendo Switch、1位は……
花粉症の足音が聞こえてきたよ。(2020/2/3)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
自動車業界の2020年のイベント、大規模実証も新型車も楽しみ
いいことで忙しい1年になりますように。(2020/1/8)

台湾で注目されている日本製品ランキング 「日清 から揚げ粉」が上昇中
訪日外国人向けのショッピングサポートアプリ「Payke」の商品接触ランキングデータと検索数を比較。台湾で人気の日本製品は?(2019/12/26)

よくわかる人工知能の基礎知識:
私たちの命と健康はどう守られる? 医療界のAI活用例
医療業界における国内外のAI活用事例を紹介。予防、診断、アフターケアの3つに活用例を整理した。(2019/12/23)

Googleさん:
いつの間にか聞き取り上手になったPixel 4とのお仕事
Pixel 4を使って1カ月。マスクの季節で顔認証はちょっと面倒だけど、仕事でいろいろ助けてくれています。(2019/11/19)

「花粉症の薬を保険適用外に」 健保連が気になる提言 市販薬への移行で最大600億円の医療費削減
健保連は湿布などについても保険適用の見直しを提言しています。(2019/8/23)

医療技術ニュース:
空気中の異物を体内に取り込む細胞を発見
慶應義塾大学は、呼吸によって吸い込んだ空気中の異物を取り込む呼吸器M細胞が呼吸器疾患の病変部に存在することを確認した。また、機能を維持した呼吸器M細胞の培養に成功した。(2019/7/9)

広範囲で花粉飛散ピークに 5月上旬までには花粉シーズン終了、北海道ではGW中に本格化の可能性
今年は例年よりピーク到来早く、期間も長かったようです。(2019/4/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。