ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「中学校」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「中学校」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

イメージ真逆! 寺田心が新CMでリーゼント&ヤンキー座り、突然の“ツッパリ”姿でもやっぱり心くん
もうすぐ中学生の心くん。(2021/1/20)

太陽光:
太陽光の電力を直流給電で避難所に、NTT・東電らが千葉市で実証へ
NTTアノードエナジー、TNクロス、日本電信電話、東京電力ホールディングスは2021年1月18日、千葉市立白井中学校において、直流による電力供給実証を開始したと発表した。直流給電で太陽光発電などの電力をロスなく活用し、平時のエネルギー利用効率の向上やレジリエンス強化に役立てる狙い。(2021/1/19)

AIが子供に合った中学校を判定するWebアプリ コロナ禍で学校見学できない問題受け開発
デジタルストラテジーは、子供の性格に合った校風の中学校をAIが判定するWebアプリ「学校選びナビ」の提供を始めた。5個の質問に答えると、相性のいい学校をランキング形式で提示する。(2021/1/15)

面接中止、オンライン導入……首都圏の中学受験スタート
コロナ禍での中学受験がスタートした。面接の取りやめや筆記試験のオンライン化、出題範囲の変更など入試の様相は一変。感染リスクへの危惧から恒例の受験風景は様変わりを余儀なくされそうだ。(2021/1/14)

「時には環境や悪魔からの“逃げ”も大切」 乃木坂46・堀未央奈、ファンの相談で中学時代のいじめを告白
これは励まされる。(2021/1/7)

エイサーが学習端末としてのChromebook導入事例を公開 野田学園中学高等学校の取り組みを紹介
日本エイサーは、文教市場へのChromebook導入事例を一般公開した。(2020/12/7)

なだぎ武×ジョイマン高木×もう中学生に聞く“芸人が俳優として舞台に立つということ” 舞台「ハイスクール!奇面組」座談会
ボケとツッコミが展開される座談会動画も掲載。(2020/11/21)

ジャスト、クラウド型通信教育「スマイルゼミ 中学生コース」を大幅リニューアル 来春より
ジャストは、同社提供のクラウド型通信教育「スマイルゼミ 中学生コース」のリニューアルを発表した。(2020/11/20)

“黒歴史”をあえて振り返る:小中学生のころに描いていた交換漫画を読み返してみたら大ダメージをくらった
開けたくなかったタイムカプセル。(2020/11/14)

声優・近藤佳奈子、結婚と第1子妊娠を発表 中学時代からの盟友・福圓美里「赤ちゃんに会える日を楽しみに」
声優仲間も続々と祝福メッセージを投稿。(2020/11/6)

【あなたの親のウソ教えてください】中学に入るまで信じていた「助手席前の収納スペースでは棒人間が労働している」説
車内モニターの音声を出すお仕事。(2020/11/2)

気になるのは:
タブレットで教育どう変わる 端末1人1台、配布へ 
学校教育のデジタル化を進める国の「GIGAスクール構想」の取り組みが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて一気に加速した。全国の大半の公立小中学校で、今年度中に全児童生徒へパソコンあるいはタブレット端末が1人1台配布される見通しだ。気になるのは……。(2020/10/12)

中学生の手話ロボット開発エピソード、教科書に載る
人が話す言葉を手話に翻訳するロボットを開発した追手門学院大手前中学校の生徒たちのエピソードが、教科書の題材に採用された。ロボットという身近なテーマで、同世代の生徒が国際的な活躍を見せたことなどが採用の理由だという。(2020/10/8)

「中学生に見えない」 ダレノガレ明美、大人っぽすぎる“美少女モデル”との2ショットを披露
14歳と30歳。(2020/10/7)

コロナ禍で受験に大異変 オンライン入試導入も不正懸念、志望者激減の学校も
新型コロナウイルスの影響で、中学や大学の受験に異変が生じている。感染防止のためオンライン入試の導入を検討する学校もあるが、不正の懸念が払拭できない。自宅から通える地元の学校や有名校に志願者が偏る恐れもある。(2020/10/6)

中学3年の秋、クラスで無視された―――― ボッチで過ごした6カ月間を描いた実話漫画がグサグサくる
読んでいるだけで胃がキリキリする……。(2020/10/3)

文科省の“子供1人にPC1台”施策、タイムリミットまで半年 現在の納品状況は2%
文部科学省が進めている「GIGAスクール構想」が、整備完了目標まで半年を切った。教育用端末が納品済みの自治体は全体の2%にとどまるが、年度内にほとんどの小中学生にPCを配布できるとしている。(2020/10/1)

のん、新CMで“一粒の米”になる 中学時代は大の米好き「朝に6合を食べてた時がありました」
シュールだ。(2020/9/30)

日本語プログラミング言語「なでしこ」、中学の教材に
日本語プログラミング言語「なでしこ」が2021年度の中学校の教科書で採用された。(2020/9/18)

中学校でのオンライン授業の実態は? TesTeeとMMDLaboが全国調査を実施
TesTeeとMMDLaboは、「オンライン授業に関する中学生とその親の実態調査」についての結果を発表した。(2020/8/28)

小中学生の8割以上は学校への携帯持ち込み制限あり ドコモ「モバイル社会研究所」の調査
NTTドコモの企業内研究所であるモバイル社会研究所は、2019年9月に実施した小中学生の学校への携帯電話の持ち込みに関する調査結果を発表。6割程度が「持ち込みは一律禁止」。「原則持ち込みは禁止、家庭から申請をすれば可」を合わせると、8割以上が持ち込み制限ありという回答になった。(2020/8/26)

「命をかけて全力を尽くしました」 横浜流星、キックボクサー役のため1カ月で10キロ増量 鍛え上げた肉体美を披露
中学時代のライバルとの再会が実現した横浜さん。(2020/8/24)

NHK「批判は認識している」 戦時下を実況する「ひろしまタイムライン」が原典にない“朝鮮人”投稿で物議
「75年前、戦時中の中学生がTwitterをしていたら?」という企画。(2020/8/21)

短期集中連載「プログラミング教育とGIGAスクール構想」 第3回:
忙しい先生を救え! 先進の事例に見る「教員のICT活用」最前線
2020年、改正学習指導要領が小学校で全面施行され、2021年には中学校でも完全施行される。従来よりもICT教育に注力していることが特徴……なのだが、肝心の教員もICTを使いこなすことで、現状において抱えている課題を大きく改善できる。その事例を紹介しよう。(2020/8/7)

中学生の学校スマホ持参、条件付きで容認へ 登下校時の連絡手段として
文部科学省が、中学生が学校に携帯電話を持ち込むことを、条件付きで許可する方針を決めた。登下校時の連絡手段として使いたいと保護者からの要望があることを踏まえて決定した。(2020/7/14)

アンガ田中、中学時代の藤田ニコルとの2ショット公開 「この頃のニコルはまだ田中をキモいと思っていません!」と主張
中学時代の藤田さんと共演していたとは!(2020/7/9)

Withコロナ時代でも学校の仕事はつらいよ 現役中学教員に聞く“生徒のために働けない歯がゆさ”
再開した学校での働き方についてインタビューしました。(2020/7/16)

学校の新型コロナ対策は「アリバイ作り」「感染者が出てもしょうがない」 現役中学教員に聞く“Withコロナの学校運営のリアル”
「学校内ではハッキリと『これは“見せる”ための対策』『パフォーマンス』だと言われてる」。(2020/7/15)

中学生もコーナーで差をつけろ! 「瞬足」を卒業した10歳〜15歳向けスポーツシューズ「HYPER JUMPER」登場
ちょっと背伸びな厚底仕様。(2020/6/26)

中学校時代の冤罪を胸に抱えて生き続ける「かぐや様は告らせたい?」11話 石上、一人ぼっちの戦い
良い人は傷ついてほしくないから。(2020/6/21)

VRで英会話学習、目の前に外国人がいるような感覚再現 中学校で実証実験
NTTコミュニケーションズは、VRを活用した英会話の学習システムの実証実験を中学校で行った。空港のシーンで、目の前に入国審査官がいるかのような感覚を再現するなど、リアルな教材で学習してもらった。(2020/6/16)

中学時代のいじめを懺悔する相談者を加藤諦三がぶった切る「偽りの自責感です」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「だから誰にも相談できないの。いい人を演じているから」。(2020/6/8)

本田紗来、中学の入学式を制服姿で報告 「これから3年間たくさんの思い出を作っていきたいです」
早いもので。(2020/6/2)

短期集中連載「プログラミング教育とGIGAスクール構想」 第2回:
Windowsが圧倒的? 課題はネットワーク? ICT教育の現状と課題、先端事例
2020年度は小学校、2021年度は中学校で新しい「学習指導要領」が完全実施される。教育へのICT(情報通信技術)の活用がより進むことになるが、実際の教育現場はどうなっているのだろうか。その先進的事例を紹介しつつ、学習用端末、通信ネットワーク、デジタル教材やサービスにまつわる現状と課題を見ていく。(2020/5/29)

1年で18キロ減! はんにゃ川島、中学生ぶりの体重を取り戻し「わーお」と感動
「だしパックダイエット」すげぇ!(2020/5/23)

東京都港区、区立小中学校の「1人1台端末」にiPadを導入 GIGAスクール構想を前倒し1万1000台
GIGAスクール構想早期対応で、渋谷区のSurface Go 2導入に対し、港区ではiPadの導入が決まった。(2020/5/20)

「生徒が不登校になってしまうんじゃないか、という心配も」 現役中学教員が考える「学校ができる“最大限の新型コロナ対策”とその課題」
“学習指導要領の新型コロナ対応”も課題の1つ。(2020/5/26)

短期集中連載「プログラミング教育とGIGAスクール構想」 第1回:
「プログラミング教育」が必修化されたのはなぜ? それを支える「GIGAスクール構想」とは?
2020年度は小学校、2021年度は中学校で新しい「学習指導要領」が完全実施される。特に小学校の課程では「プログラミング教育」が導入されるなど、非常に大きな変化がもたらされる。必須化の背景はどこにあるのか、そしてそれを支える「GIGAスクール構想」とは何なのか。(2020/4/16)

音楽サービスAWA、「学生プラン」を半額以下の月額480円(税込み)に
AWAが運営するサブスクリプション音楽ストリーミングサービス「AWA」は、中学生以上のすべての学生を対象とした「学生プラン」を提供開始。通常料金の半額以下となる480円(税込み)で全機能を利用できる。(2020/4/14)

なぜ学校現場でオンライン授業の導入が進まないのか 現役中学教員に聞く「緊急事態宣言を受けた学校の動き」
「休校期間中、学校現場ではどんな仕事をしているのか」「なぜオンライン授業の導入が進まないのか」などを聞きました。(2020/4/15)

KDDIとメイツが提携 家庭学習支援サービスを提供へ
KDDIとメイツは、4月13日に家庭学習支援サービス提供に向けたパートナーシップ構築を発表。学習塾や中学・高校などの教育機関を対象に2020年夏の提供を予定していたが、一部前倒しで開始する。(2020/4/13)

水の飲み方が独特なニャンコ 部活終わりに水を飲む男子中学生のような姿が面白かわいい
ずっと見ていたい……。(2020/4/9)

PR:自画撮り被害から守る「TONEカメラ」搭載 子どものスマホデビューはトーンモバイルが安心
中学生と高校生を中心に、スマホの「自画撮り被害」に遭うケースが増えていることをご存じだろうか。SNSで知り合った相手にだまされたり脅されたりして、子どもがポルノ画像を送付してしまうというもの。この自画撮り被害を防ぐスマホを提供しているのが、トーンモバイルだ。(2020/4/8)

熊田曜子、中学以来のショートヘア 人生2度目の「ヘアドネーション」で40センチばっさり
ヘアドネーションは今回で2度目。(2020/3/31)

【新型コロナ】一斉休校で消えた授業時間はどうカバー? 教室で「3密」は避けられる? 現役中学教員に聞く“4月以降の影響”
そもそも「4月から授業や部活が再開できるかどうか」もよく分からない状況ですが……。(2020/3/30)

マインクラフトでバーチャル卒業式 オンラインで集まった小中学生の企画が思いやりでいっぱい
マイクラにまた新たな可能性。(2020/3/17)

本田望結が中学校を卒業 制服姿でクラスメイトと集合写真「かけがえのない一生の宝物」
この間まで小学生だった気がしてる。(2020/3/15)

土屋太鳳、中学時代にギターかき鳴らす“無邪気ショット” 新鮮な姿にファン「弾き語り聴いてみたい」
歌って弾けて、踊れる女優な土屋さん。(2020/3/11)

iPad中学校全生徒配布で学力が飛躍的に向上 名古屋経済大学市邨中学校のiPad活用を聞いてきた
名古屋経済大学市邨中学校、全生徒にiPadの配布を実施した結果、学力が飛躍的に向上したという。(2020/3/3)

AI・機械学習の数学入門:
AI・機械学習のための数学超入門 ― 前提知識は四則演算だけ!
機械学習の数学は難しい!? そう思っている人はここから学んでみよう。本連載では、小学校で習う「四則演算(足し算/引き算/掛け算/割り算)」を使って、機械学習の数学をできるだけ分かりやすく簡単に説明していく。だからサブタイトルは「― 中学/高校数学のキホンから学べる」。今回は距離を求める中学数学をおさらいする。(2020/3/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。