ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「中学校」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「中学校」に関する情報が集まったページです。

「実は、私たち小学校も中学校も一緒」 相川七瀬、人気お笑い芸人の“後輩”と再開し「意外な繋がり」と反響集まる
そうだったのか。(2024/3/1)

市村正親、豪華手作り弁当で料理の腕前を披露 息子・市村優汰の中学時代には3年間弁当を作っていたことも
おいしそうなお弁当!(2024/2/23)

乃木坂46・柴田柚菜、“中学生ぶり”長さのボブヘア披露→イメチェン姿に「ぶっ刺さり」「バッサリ切ったね」の声
似合ってる〜!(2024/2/22)

人の朝食を記録し続ける“異常な友だち”がもはやあっぱれ! 中学時代の謎エピソードに「愛なの?」「どんな大人になってるんだろう」
なにこれすごい……!(2024/2/19)

夫「妻の人間性を完璧に捉えている」 担任のコメントが急転直下な“妻の中学生時代の通知票”が話題に
夫婦の仲も伝わってくるエピソードです。(2024/2/17)

瓜田純士、遺体発見の“アウトロー系元生主”唯我さんを追悼も……“くすぶった奴等”の批判一蹴「何も知らない癖に」「パイセンも笑ってるはず」
同じ中学の先輩後輩だった2人。(2024/2/16)

元子役の稲垣来泉、「弟」の世話焼くきょうだい姿がもう“すっかりお姉さん” 13歳迎えてあか抜けた近影に「大人っぽくなってる」「成長感じます」
もうすぐ中学2年生なのか……。(2024/2/13)

子どもに人気の職業 中学生の1位は「エンジニア・プログラマー」
学研ホールディングスが小中学生の保護者を対象に、子ども人気が高い職業の調査結果を発表した。(2024/2/10)

住谷杏奈&レイザーラモンHG、12歳娘が1日10時間の猛勉強で志望中学に合格「娘、号泣。私も号泣」 受験勉強開始は2カ月前
4教科受験は失敗も、2教科で合格を勝ち取りました。(2024/2/3)

小学生高学年のスマホ所有率が4割に、小学6年生は半数を超す ドコモ調べ
NTTドコモのモバイル社会研究所は、小中学生のスマホ/キッズケータイ所有状況(2023年11月)を発表。スマホの所有率は全学年上昇し、小学生の高学年では所有率が4割、小学6年生では半数を超えている。(2024/1/29)

その先にまだ知らないことがたくさんある:
「セキュリティ・ジュニアキャンプ」から見えた、人材育成における“コミュニティー”の存在意義とは
20年にわたって継続してきたセキュリティ・キャンプには、どんな意義があるだろうか。中学生など低年齢層を対象に、若い世代に伸び伸びと学んでもらう場として開催されている「セキュリティ・ジュニアキャンプ」を中心に“コミュニティー”の存在意義を探る。(2024/1/25)

楽天ペイメント、楽天 Edy、ソニー、キャッシュレス教室を共催 中学生向けに
楽天ペイメント、楽天Edy、非接触ICカード技術のFeliCa(フェリカ)を提供するソニーは1月24日、高田中学校(神奈川・横浜)でキャッシュ授業を実施。利用が広がるキャッシュレス決済の仕組みや意義について、理解を深めてもらう狙いだ。今後もキャッシュレス決済の推進に向けた取り組みを行うという。(2024/1/24)

中学生・高校生が将来なりたい職業 1位は?
LINEヤフーが運営する調査プラットフォーム「LINEリサーチ」は全国の中学生、高校生の男女を対象に、なりたい職業についての調査を実施。男子中学生・男子高校生・女子高校生の1位は「国家公務員・地方公務員」、女子中学生の1位は「教師・教員・大学教授」だった。(2024/1/15)

2023年のお年玉総額 小学生は「2万1064円」、中学生は?
小中学生が2023年にもらったお年玉の平均金額や、使い道は何か。学研ホールディングスが調査結果を発表した。(2023/12/29)

「モバイルSuica」通学定期券で保護者による代理チャージが可能に 2024年3月16日から
2023年3月から中学生/高校生向けの通学定期券を購入できるようになった「モバイルSuica」だが、2024年3月からは保護者の持つクレジットカードによる通学定期券へのプリペイド残高チャージが行えるようになる。(2023/12/18)

「ブギウギ」、新キャラ・水上恒司の登場にネット盛り上がる「中学聖日記の主役の人だったんだ!」「改名してたの!?」
スズ子のファンだという学生さん。(2023/12/11)

夏目漱石「坊っちゃん」の舞台、再開発へ 2028年度竣工を目指す
NTT都市開発、NTT アーバンソリューションズ、西日本電信電話四国支店はこのほど、「NTT松山一番町プロジェクト」として複合開発事業を実施すると発表した。同プロジェクトの対象となる敷地は、夏目漱石ゆかりの地である旧制松山中学校の跡地だ。(2023/12/5)

ジャンボたかお、女子中学生から“贈り物”…… 絶妙な1枚に「爆笑」「似合いすぎ」ネット反響
勝利を約束(?)されたジャンボさん。(2023/12/5)

中学生YouTuber「ちょんまげ小僧」がCM初出演! おなじみの“ひき肉ポーズ”で「スマホデビュー1年生」をアピール
ソフトバンクモバイルによる、小学館の学年誌パロディー。(2023/12/1)

小中学生の間で流行ったもの、ネットの影響が顕著 ドラマは「見てない」最多──ニフティ調査
ニフティは29日、「2023年小中学生の流行ランキング」を発表した。今年一番よく使った言葉は「それな」で、2位は「なぁぜなぁぜ」だった。(2023/11/29)

中学生YouTuberが総なめ「Z世代トレンドアワード2023」発表 「ひき肉ポーズ」が年間トレンド大賞に
ヒト部門大賞に「やす子」、モノ部門大賞に「みそきん」が輝いた。(2023/11/29)

永野芽郁×高橋文哉「からかい上手の高木さん」実写映画化 中学生から10年後の高木さんと西方が描かれる
監督は2024年3月から放送されるドラマ版「からかい上手の高木さん」の監督を務める今泉力哉さん。(2023/11/28)

ダイアモンド☆ユカイ、双子息子の制服姿が胸アツ! 大きめな学ランまとった2人に「もう中学生かぁ…」
すこし大きめの学ランが初々しい。(2023/11/27)

昭和を疾走した「小さな」名車 ダイハツが送り出したヒーローたち
物心ついたころ、洋品店を営んでいた筆者の実家には「ミゼット」があった。だから、中学、高校時代を大阪府池田市ですごした筆者は「人生の最後には、地元ダイハツの軽自動車に乗りたい」とずっと思っている。(2023/11/14)

寺田心、40センチ身長伸びすっかり大人の姿に 「別人すぎてビックリ」「めっちゃデカくなってる」と驚きの声
もう中学生か〜。(2023/11/7)

中学生のSNS利用率は88%、利用時間は? ドコモモバイル社会研究所が調査
NTTドコモのモバイル社会研究所は、親と子に関する調査の中からSNSの利用に関する結果を公開。SNSの利用時間は小学生低学年が10分、高学年が24分、中学生が72分で、中学生の利用には個人差が大きいことが分かった。(2023/11/6)

フランス発のエンジニア養成機関で“楽しく”修行:
あやと、18歳 高校を中退してでも貫きたかった「強いハッカー」への羨望
『ワイルド・スピード アイスブレイク』を観た少年の心をくぎ付けにした1人の女性ハッカー。自宅のWi-Fiをハックし、中学校のPCをハックし、より強いハッカーへとまい進する少年を突き動かすのは「やりたいことをやりきる」の精神だった。(2023/11/1)

「新婚さん」元プロスポーツ選手夫婦は中学の同級生 モテ男だった夫が妻に一目ぼれ、部活は恋愛禁止も……放課後にファーストキス
甘酸っぺえ……。(2023/10/28)

生成AIでWebサイト制作を8週間→3週間に短縮 ベネッセ、業務効率化でコスト4割減に成功
ベネッセホールディングスは、生成AIとノーコードツールの導入により、Web制作業務の効率化に成功したと発表した。「進研ゼミ 中学講座」のWebサイト制作する際、従来かかったコストが4割減、制作期間は8週間から3週間へ短縮できたという。(2023/10/27)

2025年度の学力テスト、中3理科でPC使い実施 動画の出題可能に、文科省が素案
文部科学省が、小学6年と中学3年の全員を対象に毎年実施している「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)について、2025年度の中3理科をPCを使った新方式で行うとする素案を発表した。(2023/10/27)

片岡凜、中学生による舌打ち&スマホ撮影受けるも…… 華麗なアンサー投稿で切り返す「動画消さないで」
「その動画下書きに保存しときな、貴重になるかもよ」(2023/10/20)

「ももクロ」曲提供の音楽プロデューサー、女子中学生への盗撮未遂容疑で逮捕報道→“楽曲封印”に不安の声
複数メディアが報じました。(2023/10/17)

小中学生の4割が「学校でずっとマスクを着用」、理由は?
学校でマスクをつけている子どもは、どのくらいいるのか。小中学生に聞いた。(2023/10/13)

神田愛花アナ、拡散された女子中学生時代ショットにスタジオ騒然「ヤバい」→“アネゴ感”でSNSもざわつく
おお。(2023/10/4)

KFC「とり肉です!」→吉野家「牛肉です!」 中学生YouTuber「ちょんまげ小僧」の自己紹介に乗っかる企業が続出
みんなノリノリ。(2023/9/25)

日テレ・岩田絵里奈アナ、“中学からの大親友” 谷まりあとバースデー2ショット 
美しい2ショット!(2023/9/23)

野沢直子、小沢仁志と中学の同級生だった 5年ぶり再会で中学時代のエピ暴露「最強コラボ」「本当に奇跡でしかない!」
しかもクラスメイト。(2023/9/21)

教員2000人が選ぶ:
大人になって役立った教科 3位「国語」、2位「社会」、1位は?
ジブラルタ生命保険(東京都千代田区)は、20〜69歳の教員(小学校・中学校・高等学校・特別支援学校)2000人を対象に調査を実施した。(2023/8/25)

「私の授業は無駄です」 記憶に残る先生の強烈な発言 中学の思い出描く漫画に「説得力ハンパねぇ」と反響集まる
こんな出来事、忘れられない。(2023/8/19)

「将来なりたい職業」ランキング 中高生の1位は? 目標年収は?
全国の中学生・高校生に将来なりたい職業を聞くと、男子中学生の1位は……。(2023/7/31)

息子が中学受験の受験校を選んだ意外な「決め手」は…… 子どもならではの理由に「うちの子も」と9万いいね
いろいろな視点が大切。(2023/7/28)

くせ毛に悩む中学一年生の女の子が、ヘアカットだけで大変身! ショートボブへのビフォーアフターに称賛の声
くせ毛を生かしたカットがおしゃれ。(2023/7/25)

AIを学ぶなら10代から:
「中高生向けAI人材育成カリキュラム」とは何か パロアルトインサイトが芝国際中学校・高等学校に提供
パロアルトインサイトは、AI人材育成カリキュラム「AIと私」を開発し、芝国際中学校・高等学校の生徒に向けてカリキュラムの提供を開始した。専用Webサイトも公開されている。(2023/7/21)

AIに相談だ!:
ChatGPTで中学1年生向けの数学プリントを自動生成してみた AIは正しい問題を作れるか
AIチャットサービス「ChatGPT」に、人間には答えにくい質問や、答えのない問い、ひっかけ問題を尋ねてみたらどんな反応を見せるのか。その反応からAIの可能性、テクノロジーの奥深さ、AIが人間に与える“示唆”を感じ取ってほしい。(2023/7/13)

国語の教科書検索サービス「教科書クロニクル」 「大造じいさんとガン」「ごんぎつね」など“エモい”名作続々
教科書を発行する光村図書出版は、昔の国語の教科書を検索できるサイト「教科書クロニクル」を公開した。生年月日を入力すると、小学生や中学生のときに使っていた国語の教科書を表示する。(2023/7/12)

産業動向:
中学生がパスタとマシュマロで建築設計の楽しさに触れる、日建設計のワークショップ
日建設計は、若年層が建築設計に関心を持つ機会として、中学生向けのワークショップを不定期で開催している。今回のワークショップでは、パスタとマシュマロを使って、美麗かつ強度を併せ持つタワーを創作した。(2023/7/11)

JAXA、月着陸実証機「SLIM」のゲーム公開 GIGA端末でも動く
JAXA宇宙教育センターは16日、小型月着陸実証機「SLIM」をテーマにしたゲームを公開した。小学校高学年から中学生向けのSTEAM教材として提供する。(2023/6/19)

横浜流星、映画の役作りでボクシングプロテストに合格 中学時代には極真空手で世界一「本当に格闘技が好きなんだと再確認」
拳で語れる俳優に。(2023/6/13)

ランキング:
AI時代を生き残るために、子どもに身につけさせたいこと 1位は?
これからのAI時代を生き残るために子どもに身につけさせたいことは? 中学生以下の子どもがいる親に聞いたところ……。(2023/6/12)

親に聞いた:
「脱マスク」で子どもに経験させたいこと 1位は?
教育メディアなどを運営するARINAは、「脱コロナ・脱マスクで子どもに経験させたいこと」についてアンケートを実施した。中学生以下の子どもを持つ親に聞いたところ……。(2023/5/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。