ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「中学校」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「中学校」に関する情報が集まったページです。

小中学生のおこづかい事情をバンダイが調査 月の平均額は約2000円、使い道の1位はお菓子やジュース
平均額の内訳をみると、小学校低学年は約1200円、高学年は約2000円、中学生は約2400円。(2019/5/21)

今の小中学生は堅実派? お小遣いの使い道、「お菓子」「貯金」派が「ゲーム」派上回る
バンダイが、小中学生のお小遣いに関する調査結果を発表。親が与える1カ月分の平均額は2036円だった。使い道は「お菓子やジュース」がトップで、「ゲームソフト」などを上回った。(2019/5/20)

中高生の9割以上が勉強にスマホを活用 約7割が「勉強はかどる」
MMD研究所は、5月15日に「2019年5月 中高生の勉強時におけるスマートフォン利用実態調査」の結果を発表。中学生の91.4%、高校生の94.5%が勉強にスマホを活用し、中高生の約7割が「スマホで勉強がはかどるようになった」と回答。(2019/5/15)

麹町中学・工藤勇一校長の提言【後編】:
学級担任を廃止して「学年担任制」に――公立中学校長の改革
なぜ麹町中学は学級担任を廃止したのだろうか――。真相に迫る。(2019/5/10)

「乳首ドリルすなー!」 山田孝之、GLAYとの記念ショットで見せた中学生級のはしゃぎっぷりにファンからツッコミ
1人だけテンション別盛り。(2019/5/9)

悠仁さまの机に置かれた刃物、エヴァの「ロンギヌスの槍」模した!? 形状が話題
秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが通われるお茶の水女子大付属中学校の机に刃物が置かれた事件で、2本のナイフを槍(やり)状にした手製の刃物が、新約聖書や人気アニメに登場する「ロンギヌスの槍」に似ていると注目されている。警視庁に建造物侵入容疑で逮捕された容疑者は、天皇制を批判する供述をしているが、刃物の形状にも意味があるのか。(2019/5/9)

麹町中学・工藤勇一校長の提言【中編】:
公立中学校長が定期考査を「全廃」した理由――成績を“ある時点”で確定させることに意味はない
なぜ麹町中学は定期考査を全廃したのだろうか――。真相に迫る。(2019/5/9)

麹町中学・工藤勇一校長の提言【前編】:
なぜ宿題は「無駄」なのか?――“当たり前”を見直した公立中学校長の挑戦
宿題もなく、クラス担任もなく、中間・期末試験もない――。学校の「当たり前」を見直し、メディアや教育関係者、保護者などから注目されている公立中学校が東京都にある。(2019/5/8)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2019年3月版:
「JavaScript」と「警察」は相性が悪いのか?
2019年3月のセキュリティクラスタでは、「JavaScriptを使った無限アラートサイトへのリンクで中学生が補導された事件」に対する意見が殺到しました。「コインハイブ事件の判決」でもJavaScriptと警察の対応が話題の中心になりました。この他、「破産者マップ」についても多数のツイートが飛び交いました。(2019/4/15)

NHK基礎英語が異世界転生ラノベに!? 「女子中学生がドラゴンから王子を救う」物語の狙いをNHK出版に聞いた
この英語なら、吾輩の脳を浸食する隙があるというものよ。(2019/4/6)

「学校へのスマホの持込み」に保護者の半分以上が反対 明光義塾が小中学生のスマホ事情を調査
「緊急の時の連絡手段に必要」という賛成の声と、「トラブルの原因になる可能性がある」などの反対の声とで意見が分かれています。(2019/3/28)

渡辺直美が中学同級生と『装苑』でコラボ 赤エナメル&超厚底ヒールの前衛ビジュアルに「世界観爆発してる」
なんてアバンギャルドな。(2019/3/24)

「顔つきがすっかり大人」 つるの剛士が制服をビシッとキメた長男公開、成長に驚くファン
中学校の卒業式で。(2019/3/20)

“「ブラクラ」中学生補導”に同様のプログラム公開で抗議 「みんなで逮捕されようプロジェクト」の真意は
補導の原因となったものと同様のプログラムをあえてGitHubで公開した、プログラマーの加藤公一さんに話を聞きました。(2019/3/11)

小中学校へ携帯電話持ち込み、10年で「原則禁止→解禁」の大転換 ネット上は解禁反対派が6割
どうして真逆の対応に?(2019/3/15)

「ブラクラ」補導、不当か妥当か ネットリテラシーと大衆化のジレンマ
アラートが繰り返し表示されるサイトのURLを貼る行為がいわゆる「コンピュータ・ウイルスに関する罪」に当たるのか、中学生への補導が適切だったのか、議論が続いている。ネット上の議論と記者の見解をまとめた。(2019/3/7)

「IT業界の萎縮を招きかねない」 “ブラクラURL書き込みで中学生補導”、弁護士に問題点を聞いた
ネットでは「この程度で補導されるのか」と批判的な声が。(2019/3/5)

小中学生のスマホ・ケータイ所有率 中学生は65%、ほぼスマホを所持
NTTドコモの企業内研究所であるモバイル社会研究所が、小中学生のスマホ・ケータイ所有率に関するレポートを発表した。全体の所有率は小1〜小2は21%、小3〜小4は40%、中1〜中3は65%まで上昇。そのうち、中学生はほとんどがスマホを所持していることが分かった。(2019/3/5)

「何回閉じても無駄ですよ〜」ブラクラURLを掲示板に貼っただけで補導、「やり過ぎ」と物議
「何回閉じても無駄ですよ〜」と書かれたポップアップが繰り返し表示されるサイトのURLを掲示板に書き込んだとして、13歳の女子中学生が補導。「ブラクラのURLを貼っただけで補導や家宅捜索とは、行き過ぎだ」とネットで物議をかもしている。(2019/3/5)

日本の教育に欠けているもの:
ドワンゴ新社長・夏野剛が明かす“N高のミライ” 小中学生向けプログラミング塾「Nepps」の狙いとは
ドワンゴ社長の夏野剛氏が、4月に開校する小中学生向けプログラミング塾の狙いとN高の未来を語った。(2019/3/2)

特集:小学生の「プログラミング教育」その前に(10):
小学校2校と中学校1校しかない青森県鰺ヶ沢町でプログラミング教育を浸透させる――みんなのコードと経産省は地方の教育のICT化をどうサポートするのか
みんなのコードは日本国内でのテクノロジー教育への関心を高める啓蒙活動を実施し、その一環として「パートナー企業 CSR取り組み報告会」を開催した。本稿では青森県 鰺ヶ沢町教育委員会 ICT教育推進アドバイザー 相馬祐輔氏の取り組み、経産省による教育分野への取り組みを中心にお伝えする。(2019/2/28)

「安心」「悪影響」小中学校へのスマホ持ち込みに賛否両論
これまで文部科学省の通知によって原則禁止とされてきた小中学校への携帯電話やスマートフォンの持ち込み。しかし、そのルールが変わろうとしている。文科省が持ち込みを認める検討を始めた。背景にあるのは緊急時の連絡手段確保を求める親の声だ。(2019/2/20)

「忍耐・協力・礼節」だけでは何も変わらない:
「組織の中で我慢」を強いる教育とは決別せよ
「固定担任制」廃止、宿題も廃止――。公立とは思えない改革を続けている麹町中学校の工藤勇一校長と、働き方改革の先頭を走るサイボウズの青野慶久社長に、これからのあるべき教育の姿や組織論を語ってもらった。(2019/2/18)

「この受験は宝になる」 ジャガー横田&木下医師の長男、難関中学の受験結果を生発表
大維志くんのふてぶてしさ好き。(2019/2/11)

「衝撃的なかわいさ」「タイプすぎます!」 大政絢、中学生ぶりの“ショートヘア”でイメチェンに大成功する
これはいいぞ。(2019/2/1)

「陰キャ」と「陽キャ」生徒への対応がまったく違う中学校教師の理不尽 思い出を描いた漫画に共感の声
水玉がダメ……だと?(2019/1/24)

TOTOがLGBT向けに調査:
トランスジェンダーの3割「トイレに入る際の視線でストレス」
TOTOの調査でトランスジェンダーの3割がトイレに入る際の周囲の視線でストレスを感じていると明らかに。多くが中学生までにトイレに違和感を持っていた。(2019/1/16)

PR:伝統校で先進教育を支える「MousePro」 グローバルな人材を育成するICT活用事例
70年以上の歴史を持つ富士見丘中学高等学校では、2in1デバイスを活用したICT教育を推進している。2018年度はマウスコンピューターが展開する法人向けブランド「MousePro」の「P116A」を採用。教育現場に求められるPCの条件を同校に聞いた。(2019/1/8)

マジック界に現れた超新星! 中学生マジシャン「MH」が創り出す“不可能を可能にする”仕掛け
おそろしいまでの才能。(2018/12/30)

ふっくんデレデレだな! 布川敏和、めいっ子が“日本一かわいい女子中学生”準グランプリ受賞で大喜び
おめでとうございます!(2018/12/27)

「躍動感がすごい」「映画の1シーンかと」 土屋太鳳、“全力を注いでいた”中学バスケ部時代の写真が本気度MAX
映画「春待つ僕ら」ではバスケ男子との友情と恋を演じています。(2018/12/23)

「中学聖日記」町田啓太&岡田健史が“熱烈ハグ” 有村架純を取り合った男たちの友情にキュンとくる
男同士の友情もいいもんだ。【ネタバレあり】(2018/12/20)

町田市「中学校給食」問題、2万3000超の署名を集めるも不採択に 議員からは「給食は手抜き」「お弁当を作りたい人の気持ちを尊重」
「町田市の中学生に、小学校と同様のクオリティーの全員給食を」との請願。2万3000筆以上の署名を集めましたが……。(2018/12/15)

バンダイが「小中学生のお年玉に関する意識調査」 を発表 お年玉の平均額は小学生で2万1382円
「お年玉」の平均額や使い道などを調査。(2018/12/12)

太陽光:
太陽光発電を導入する公立小中校、全国で30%を突破
文部科学省が公立学校施設における再エネ設備の導入状況を公表。小中学校における太陽光発電設備の設置率は2018年度に30%を突破した。(2018/12/12)

ベッキー、デビュー20周年で“おはガール”時代の写真公開 「これからも一歩ずつ前進します」
中学生だったっけ。(2018/12/3)

サラリーマン、プリキュアを語る:
14歳の娘と、8年ぶりにプリキュア映画を見に行ったお話
2018年のプリキュア映画は、女子中学生をも劇場に呼び戻す力がありました。(2018/11/22)

エンプラこぼれ話:
MS平野社長、中学生のSkype授業に参加 自作PCについての“ガチ質問”にびっくり
日本マイクロソフトの平野社長と札幌市の中学校2年生との間で、Skypeを使った“課外授業”が行われた。同社では、Skypeを使った授業を広めることで、教育分野のユーザー層を拡大しようとしている。(2018/11/15)

「中学の時の卒業文集出てきた」 → ある意味すごい文才だと称賛集まる 「これはこれで才能」「天才か」
清水義範の「深夜の弁明」みたいな。(2018/11/12)

「英語には敬語がない」って言われるけど、実際どうなの?
中学校で教わった人もいるはず。(2018/10/28)

今日のリサーチ:
小中学生に持たせる最初のスマホ、過半数の親が「Android」を選択――J:COM調べ
小中学生のスマホ利用に関する親の意識調査です。(2018/10/25)

PR:社会で活躍する人材を育てる 麹町中学校・工藤校長が推し進める大改革
変化の激しいこれからの時代に、柔軟に対応できる社会人をいかに育成すればよいのか――。これを実現するために、ユニークな取り組みをしている公立中学校がある。千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長に話を聞いた。(2018/10/22)

本城慎之介、軽井沢風越学園創設への道【前編】:
30歳で楽天を辞めた元副社長が私財を投じて学校を作る理由
かつて三木谷浩史とともに楽天を創業し、副社長を務めた本城慎之介。彼は2002年11月に30歳で楽天副社長を退社して以降、教育畑に転身した。現在は長野・軽井沢の地で幼稚園・小・中学校の混在校である「軽井沢風越学園」の開校を目指している。彼が成し遂げようとしていることの本質を探った。(2018/10/12)

発想の勝利! 中学校の文化祭展示「VRコースター」完成度に驚きの声、作者に話を聞いた
高い技術力、そして何よりパッションを感じる。【追記】(2018/10/1)

子どもを守るITリテラシー学:
子どもの「プログラミング教育」はゲームから始めるべき?
スマホやPCを子どもが当たり前に使う時代になりました。この連載では、主に小中学生の保護者に向けて、身近になったITをどう安全に活用し、子どもを守るのかを考えていきます。前回までセキュリティのテーマが続きましたが、今回はゲームで楽しみながら「プログラミング的思考」を伸ばすための方法について紹介します。(2018/9/16)

カドカワが「N中等部」開校へ プログラミング学習など充実、「生徒が社会に出ていくための武器を育てる」
角川ドワンゴ学園が通学制スクール「N中等部」を来年4月に都内に開校する。普段、中学校への登校が難しい生徒などが対象。プログラミング学習やライブ動画での授業などを用意する。(2018/9/13)

小学生でも解ける(らしい) 開成中学入試問題「おもりを2つだけ水中に沈めたてんびん、釣り合う条件は?」
頭の回転が早ければ、意外とあっさり解けるかも。(2018/9/11)

小学生時代は足が速い子、中学生はヤンキーがモテる? “モテる男子”の移り変わりの図「男子のモテ属性遷移」に反響
足が速い、不良、ウェイ、リーダー、イケメン、金持ちのうち、最強モテ男子はだれだ?(2018/9/9)

「日本一賢い小学生」はこんな問題を解いている! 名門・灘中学の入試、解けますか?
あなたは日本一賢い小学生に勝てますか?(2018/8/16)

小中学校の授業向けIT製品徹底ガイド【第2回】
IT活用授業の基本中の基本 「大型提示装置」「実物投影機」とは?
小中学校が授業でのIT活用を進める上で、最も基本となる2製品がある。電子黒板をはじめとする「大型提示装置」と、「実物投影機」がそれだ。それぞれの特徴と選定ポイントを解説する。(2018/8/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。