ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「浜崎あゆみ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「浜崎あゆみ」に関する情報が集まったページです。

LUNA SEAライブに託児所 ファン「とても助かった」 利用増えるライブの臨時託児サービス、実態は
“ライブ会場の出張託児所”をどのような経緯でやることになったのか。ベビーシッター請負事業所・あいねを取材しました。(2019/6/14)

「どん兵衛さえも映えさせる」「親近感わく」 浜崎あゆみ、オシャレすぎるロケーションで“どん兵衛”食べる姿に反響
あゆ「海外で絶対にどん兵衛食べたくなるの私だけですかね」。(2019/6/4)

AWAが「アーティスト1組のみ聞き放題」の格安プランを開始 チケット先行予約など特典付きで月額270円
3組までなら通常プランよりお得。(2019/4/16)

平成のカラオケランキング、JOYSOUNDが発表 ボカロ別は3位magnet、2位メルト、1位はあの曲
総合の1位は、「ハナミズキ」「小さな恋のうた」を抑えてあのアニメの主題歌でした。(2019/3/1)

選択肢豊富な「ストリーミング音楽」 どんなサービスがある?
携帯電話の通信速度が向上するにつれて、ストリーミング音楽配信サービスが充実してきた。この記事では、筆者独自のレビューポイントを交えつつ、主なサービスを紹介していく。【訂正】(2018/12/12)

「リスペクトの欠片もない」 キンタロー。ある意味“タブー”な「欅坂46」平手友梨奈のものまね披露で再燃
やり続ける姿勢は認めよう。(2018/12/1)

平成で一番歌われたアニソンは? DAMの「平成カラオケランキング」発表
全体1位は一青窈さんのあの曲でした。(2018/11/21)

18年の1位は米津玄師「Lemon」:
平成のカラオケで最も歌われた楽曲は? 歌手1位は「浜崎あゆみ」
平成で最も歌われた楽曲は? 通信カラオケ「DAM」などを展開する第一興商がまとめた結果、1位は……(2018/11/21)

「パッと見、本人かと」 ものまねタレントみかん、「Missデビル」菜々緒メイクで悪魔的美女に変身する
しっかり特徴とらえてる。(2018/6/17)

浜崎あゆみ、なかなか完成しないヘアメイクに「出来あがらんのかーいっ笑!」
だんだん自信がなくなっていくのかわいい。(2018/3/7)

「百恵ちゃん」「モンローみたい」「マドンナor浜崎あゆみ」 きゃりーの“バブリー姿”が色んな芸能人に見えてくる
引き出しの多さスゴい。(2017/12/17)

あれから10年、「ケータイ小説」が急速に廃れた理由とは? 現役女子高生に『恋空』を読んでもらった
何がケータイ小説を“終わらせた”のか。(2017/7/18)

YouTubeで日本のMVの多くが海外から視聴できず 背景にはGoogleとの規約問題、国内レーベルの葛藤
エイベックスなど大手音楽レーベル、ネットの著作権問題に詳しい福井健策弁護士に取材した。(2017/3/12)

ケータイ向け「着うた」「着うたフル」が12月15日いっぱいで終了 「嗚呼、青春の日々の終わり」と公式
15年分のランキングのアーティスト1位はEXILE、楽曲1位はGReeeeNの「キセキ」。(2016/12/13)

倖田來未、芦田愛菜、浜崎あゆみがアッポーペン! やしろ優のものまねメドレー「PPAP」がクセになるウザさ
アイハヴァペ〜〜〜ン。(2016/11/12)

秋のヘッドフォン祭2016:
DJ向けヘッドフォンと電子楽器屋さんの“ビートが効いた提携の話”をローランドブースで聞いてみた
今年8月にv-modaとの資本提携を発表したローランド。なぜDJヘッドフォンを手がけるv-modaなのか。その背景には、想像以上にドラマチックな話があった。(2016/10/25)

浜崎あゆみっていくつだっけ? 公開された自撮りが20代のそれ
“逆年齢詐称”なのでは!?(2016/10/23)

常見陽平の「若き老害」論:
新卒一括採用が「若き老害」を生み出している
常見陽平が職場にはびこる「若き老害」という現象を全6回で読み解くシリーズ。第3回は新卒一括採用によって「○年入社組の同期」というものを作り出すシステムが、「若き老害」の誕生を助長している……という話。(2016/10/7)

大阪駅のBad UX、マイルドヤンキー、反復プロセス、脱コミュ症、組織UX――UXデザインの今が分かる「UX JAM11」レポート
UI/UXの情報を配信するメディア「UX MILK」が2016年8月31日にUXをテーマにしたイベントを開催。7つのライトニングトークの模様をレポートする。(2016/9/15)

白ビキニの浜崎あゆみに4万いいね! 添えられた格言にも「良い言葉」「励まされます」と共感の声
さすがの影響力。(2016/8/21)

au SHINJUKUで「おもいでケータイ」展示中 プロの充電で“思い出がよみがえる”サービスも
au以外のケータイも持ち込みOK。ということで、他社端末を含めて10台ほど持参してみました。(2016/7/15)

ものまねタレント・みかん、ざわちんの“ものまねメイク”をパクリ「有吉反省会」で謝罪 その後まさかのコラボ
ぺことりゅうちぇるになりきりました。(2016/6/20)

トレンディエンジェル斉藤司、浜崎あゆみの“つーちゃん”呼びに「ありが頭皮」 まぶしい3ショット写真も
5月31日放送のLINE LIVE「さしめし」で共演しました。(2016/5/31)

浜崎あゆみ、ライブ中の写真撮影を解禁
浜崎あゆみさんのライブツアーで、観客による写真撮影が初めて解禁され、Twitterに多数の写真が投稿された。(2016/5/16)

浜崎あゆみ、ライブツアー中の写真撮影を解禁! Twitterに白熱のライブ画像あふれる
Twitterに投稿するとツアー特設サイトに写真がアップされるサービスも。(2016/5/15)

浜崎あゆみがInstagramを1カ月ぶりに再開 高級ブランドとコラボしたセクシー写真を公開
もともとはアルバムのプロモーションのために利用していました。(2016/2/24)

浜崎あゆみさんがTwitterのツイートをすべて削除 アカウントもスタッフ管理へ移行でファンからは困惑の声
現在はスタッフからのツイートが1つあるのみの状態。(2015/10/26)

エイベックスがJASRAC離脱か――日経報道
エイベックスがJASRACに委託していた約10万曲の著作権管理をイーライセンスに移行すると日経新聞が報じた。(2015/10/16)

今年も生配信実施!:
dTV、「a-nation stadium fes.」4公演を独占生配信! AAA、浜崎あゆみ、三代目JSB、BIGBANGなど
dTVは、8月22日から開催の音楽フェス「a-nation stadium fes.」全4公演(大阪、東京)を独占生配信する。各日とも17時から配信する予定。(2015/7/24)

「ゲームをクリアしたから返品したい」 お客さんの予想外なクレームを投稿するハッシュタグが理不尽過ぎ!
異世界からやってきた人なのではないかと疑ってしまうクレームばかり。(2015/4/20)

タップ or クリック!!:
moraの最新ハイレゾ・ランキングはこれだ!!
音楽配信サイト「mora」の最新ハイレゾ・ランキングを調べてみた。トップは紅白にも出場した女性シンガーによる2年ぶりのアルバムだ。(2015/4/17)

ふなっしーがモデルデビュー! 専用ドレス製作、押切もえさんらとの共演など、AneCanが本気すぎる
ふなっしーが「AneCan」表紙を飾る! 付録はふなっしーのクリアファイル。(2015/4/6)

タップ or クリック!!:
moraの最新ハイレゾ・ランキングはこれだ!!
音楽配信サイト「mora」の最新ハイレゾ・ランキングを調べてみた。トップを飾ったのは根強い人気のクラシックアルバムだ。(2014/12/26)

宇多田ヒカルの楽曲をテーマにクリエイター11組が作品を制作 野村哲也、くまモンデザイナーなど
ほかにもヱヴァ新劇場版チームなど、とにかく豪華な顔ぶれ!(2014/11/11)

“氷水”ついに出版界にも――幻冬舎社長もチャレンジ
筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を支援するためのチャリティー企画として始まったアイスバケツチャレンジ。見城氏からは、次のチャレンジャーとして、小山薫堂氏や歌手の郷ひろみの名前が挙がった。(2014/8/21)

「頭から氷水」動画、日本にも広がり 孫社長や山中教授も 難病患者支援のソーシャル運動
頭から氷水をかぶる動画を公開するALSチャリティー運動「Ice Bucket Challenge」の波が日本でも急速に拡大。孫正義ソフトバンク社長や京大の山中伸弥教授などが挑戦している。(2014/8/20)

30代からの「次の働き方」:
2030年、あなたはビジネスパーソンとして生き残れますか?
将来に漠然とした不安を抱き、「このままでは仕事人として生き残れない」と考えるビジネスマンが約7割。これから16年後の2030年、私たちの働き方はどうなっているのでしょうか?(2014/7/8)

レコチョク、103組のアーティストが参加するバーチャルフェス「dHits Fes」開催
レコチョクは、ドコモのスマホ向け定額制音楽配信サービス「dヒッツ」会員を対象にバーチャルフェス「dHits Fes」を開催する。103組のアーティストが参加する。(2014/3/11)

「iTunes in the Cloud」が映画にも対応、HD映画の特別価格キャンペーンも実施
Appleが「iTunes in the Cloud」の機能を拡充し、新たに「映画」もほかのデバイスで再ダウンロードできるようになった。あわせて、映画100タイトルのHD版を1500円の特別価格で販売するキャンペーンも実施する。(2013/8/7)

内田裕也、浜崎あゆみ…著名人のTwitterでの「投票先公表」に反響
投票先を公表した著名人のツイートに、支持する声や、「誰に投票したか言わない方がいい」との意見が寄せられた。(2013/7/22)

YouTubeがゴールデンウィークに「YouTube MUSIC WEEK」 AKB48、やくしまるえつこさんなど16組参加
「YouTube MUSIC WEEK」では、アーティスト16組のライブの生配信、ライブ映像の期間限定公開、オリジナル音楽番組などの音楽コンテンツを提供する。(2013/4/18)

LINE公式アカウント ランキング:
LINE公式アカウントで最も友だち数が多いのはローソン
2013年1月に、ユーザー数が1億人を突破したLINE。そんなLINEの公式アカウントの中で、何が最も人気があるのかを確認できるのが「LINE公式アカウント ランキング」だ。(2013/3/15)

KDDI、「LISMO Store」でビデオクリップを配信開始
KDDIが、スマートフォン向け楽曲配信サービス「LISMO Store」にて、映像付きの楽曲が楽しめるビデオクリップを配信開始する。利用にはアプリのVer.4.5へのバージョンアップが必要だ。(2013/2/27)

映画や音楽ビデオを月額490円で見放題 エイベックスとソフトバンクの「UULA」始動
iPhoneなどに映像コンテンツを月額490円で配信する「UULA」が始動。まずは映画やミュージックビデオなど6万点を用意し、個別課金なく定額で全コンテンツを楽しめる。(2013/2/13)

浜崎あゆみさんがLINEバブルで対戦 アルバム「LOVE again」発売イベントをライブ配信
浜崎あゆみさんがニューアルバム「LOVE again」のリリースを記念したイベントに登場。購入者と「LINEバブル」で対戦する。その模様をライブ配信する。配信は2月9日16時0分〜。(2013/2/7)

NHK紅白歌合戦の曲目発表 メドレー多め?
AKB48もNYCもきゃりーぱみゅぱみゅもSMAPも浜崎あゆみもももいろクローバーZもメドレーです。(2012/12/18)

アマゾン、音楽ストリーミングサービス「Amazon Cloud Player」を日本で開始! AndroidやiOSにも対応
Amazonは、昨年より海外で提供している音楽ストリーミングサービス「Amazon Cloud Player」を日本国内で提供開始した。(2012/11/16)

「スマホ時代はネットワークが鍵」と孫社長 ソフトバンク冬春スマホは「SoftBank 4G」対応・テザリングOK
「スマホ競争時代、よりサクサク、快適、高速につながることが鍵になる」とソフトバンクの孫社長。冬春モデルのスマートフォンは、全機種で下り最大110Mbpsの「Softbank 4G」に対応する。(2012/10/9)

おあずかりサービスにも対応:
レコチョク、初のiPhone向け音楽配信サービスを開始
レコチョクが7月2日、AndroidとiPhone向けにWebサイトの音楽配信サービスを開始。iPhone向けとしては同社初の配信サービスとなる。過去にダウンロードした楽曲の引き継ぎもアプリ経由で行える。(2012/7/2)

ふぉーんなハナシ:
パケ死、着メロ、ジュワッキーにドニーチョ、光るアンテナ――続・2Gケータイの思い出
ITmedia +D Mobileで募集した“2Gケータイの思い出”。今回は、パケ死や着メロ、シティフォンにドニーチョ、ジュワッキー、光るアンテナに交換……などのケータイ版“死語の世界”をご紹介します。(2012/4/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。